音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

With The Beatlesの奔放なコード選択〜ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「With The Beatles」1(2017) 

1、イット・ウォント・ビー・ロング - It Won't Be Long

 

AD

   

  

アルバムのトップを飾るにふさわしい、スピード感溢れるコーラスが印象的なナンバー。
Aメロ、
E |C |E |% |
に面食らいますね。
ギターコードで言えば、EとCなんて最初に覚えるコードに属すると思います。


それをつなげるだけなのですが、なかなかなセンス。スリーコードから教える教育でこれを生み出せるか、、ですね。もうビートルズ、という事例があるんですから、こうした不定調性的な思考を取り入れましょうよ。これで売れなかった、っていうなら拒否するのも分かるのですが。

売れたのはビートルズがたまたまなのでは無くて、彼らが類まれなる思考形態の持ち主だったからです。一度は真似したらいいじゃん!目覚める子いるかもしれないじゃん!

 

AD

 

 

また展開部の
E |Ebaug |D6 | C#(7) |
A |B7 | F#7 |B7 |
も独特ですね。 

C#7からF#m7-B7と流れないところも素敵です。ジャズを学ぶとIIーV命!となりがちですが、IVに行くクオリア、印象の良さを時に感じてみましょう。

 

この半音で下がるパターンがエンディングでも出てきます。

エンディング
A B7 |..G Gb |F EM7 |
半音階でコードを用いた、とも見て取れますが、それにしては、微妙に変化和音や付加音があります。augのサウンドの使い方、下降による半音和声連鎖などが作る雰囲気にイメージが沸かなければ、こうした曲中までそれを使うことはできないでしょう。

 

たとえば、
C-Baug-Bb6-A7
だとすると、ここではg音が残っています。このあと続けようと思えば、
C-Baug-Bb6-A7-AbM7-Gm7-F#7sus4(b9)-F7(9)-E7(#9)-Eb7-D7sus4-C#M7(#11)-CM7
みたいになるのだと思います。

こういう流れに「音楽的表現の印象=抽象的なストーリー展開」を見つけ、当て込むことができれば、何かしらのメロディが出てくるのではないでしょうか。

 

AD 

   

 

2、オール・マイ・ラヴィング - All My Loving
不朽の名曲、ですね。

何でこんなに楽しい曲なのに、泣けるんでしょうか。心に訴えるギターリフがなんとも言えません。
「郷愁」と「青春」の色褪せない勢いのようなものを、あの三連リフに感じます。


若者だけが持つ苦悩と情熱のような音楽的クオリアをこのリフから感じるのです。
感じませんか?笑

 

F#m | B7 |E | C#m |
A |F#m |D |B7 |

ただのEメジャーキーのダイアトニックですが、メロディの上昇感によってとても肉厚に感じます。


F#m→D→B7 (topがf#で統一されたリフ)
に中学生の頃、かっけーなぁ!!!と感じていました。
DはVIIb、ビートルズ得意の同主調からのコード利用です。

 

サビの
C#m-C#mM7-E

も地味に凄くないですか?
ex.C#m-C#mM7-C#m7
じゃなくて、
ex.C#m-B7-E
でもなくて。

選択の美学。

 

AD