音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ビートルズ風変則ロックンロール; I Saw Her Standing There〜ビートルズ楽曲topics

2018.1.8→2019.1.3更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」1(2017)

 

 I Saw Her Standing There  

Aメロ
E7 |% |A7 |E7 |% |% |B7 |% |

E7は「ブルースのトニック」だ、とジャズ理論では表現されます。

ジャズ理論では"ブルージートニック"なんて機能名っぽく呼んだりする人もいます。

 

この最初のE7サウンドを聞いて

ロックブルース感がある...

と、もしあなたが感じたのでならば、その印象はビートルズが感じたこの和音に対する印象に近いと言えると思います。

 

もしこの和音がセブンスコードだから、ドミナントコードだ、と聞こえるのであれば、あなたの耳は伝統和声論に属しています。

ブルースの分析も機能和声的に行うことでしょう。

 

和音の聞こえ方一つで、分析の手法も変わってきます。 

他でも述べますが、ただ分析することが好きな人以外、楽曲の分析ができること自体は音楽活動にさほど重要ではありません。

その分析結果を使って演奏できるか、作品ができるかどうかがとても大切です。

 

7thコードの連鎖は不定調性進行です。

しかし。だからといって、ここでセブンスコードを彼らが用いた理由は、「楽曲をブルース的にしたかった」からではないと思うのです。

彼らはそんなレベルで音楽はやっていません。

彼らほどの能力なら、たとえ酔っ払いながらでも、コードをじゃかじゃか弾きながら、あれ?この響きかっこ良くね?、これチャック・ベリーじゃんよ!と彼らなら思えたはずです。その感覚を頼りに曲を作ったら1曲できちまった、というのが天才作曲家の真実だったりします。

知識ではなく持って生まれた"才能で音を感じながら"作っていくだけですごい曲ができてしまう。それが歴史に名前が残る天才の所業です。

 

もし、彼らが用いた手法を特定して、それを我々が用いて真似できるのであれば、誰でもビートルズのようなアーティストになれなければなりません。

しかし、誰もビートルズには届いていません。さまざまな分析が行われていますが、誰もビートルズにはまだなれていないのです。また逆に大した分析方法などなくとも、後進の天才たちは、ビートルズを耳コピしていくだけで、十分世界を圧倒する能力を発揮しました。カート・コヴェインのように。

 

しかし

音楽理論的手法だけで、ビートルズは成り立ちません。

現実問題、ビートルズになるにはもっと別な要素も必要です。

先人の音楽を死ぬほどコピーし、まず売れっ子のツアーミュージシャンになり、敏腕プロデューサーに営業をかけ、自分たちが知らないオーケストレーションができるアレンジャーを見つけ、会社をあげてワールドワイドで活躍できるサウンドに仕立ててもらう必要があります。

 

音楽分析で大切なのも、その手法が自分にとって

・どういう表現をしたい時に使える手法なのか

が明確に明示されていることです。

では、そのやり方によって、ビートルズはどのように分析できるでしょうか。

 

この「自分にしか通じないやり方で分析をし、それを自分の音楽制作に活かす」というスタンスが「不定調性論的思考による作曲法」と呼んでいるやり方に該当します。

 

このブログ記事でビートルズを分析している私のやり方は、最初私がその解釈を自分の音楽表現に用いるために書かれたものでした。

 

そのスタイルやその表現の仕方をご覧いただき、そこは自分ならこう考える、そのやり方は自分にとってはこうだ、と自在に置き換えてお読みいただければ幸いです。

 

 

このとき、E7からA7に流れると、「ブルースのあの感じ」(I7→IV7)を思い浮かべることでしょう。

ここでブルースが思い浮かばない人はひょっとするとモーリス・ラベルのような音楽とかドビュッシーの音楽のように分析を始めるかもしれません。

 

それでもいいと思います。結局それによってその人がもし新しい音楽が作れるのであれば、その分析法はその人にとって有効であった、となります。

 

 

この「ああ、ロックっぽい」とか「ちょっとブルースっぽい」とか「ドビュッシーみたいだなぁ」と感じることを不定調性論では「音楽的なクオリア」と言います。個人がそれぞれの心象を持っていいんです。

それが音楽を作る動機となり、音楽に翻訳するきっかけになれば。

 

この曲のサビでそれを考えてみましょう。
E |E7 |A7 |C |
E7 | B7 | E7 |E7 |
私はE→E7がとても効果的だ、と感じました。ここはEだけでもいいですしE7だけでもよかったはずです。

ベースラインが、ここで下がっていくことで、ドライブ感が出ますし、結果的にA7に流れる進行感を高める役割も果たしています。

単純なメジャーコードを使った後に、それをセブンスコードにして鳴らしていくとある種の進行感が生まれる、それがワクワクするような雰囲気を醸し出すことがある、そういったことをこの曲から、私たちが経験として、汲み取ることができれば、それはあなたの曲で、このやり方が使えると言っても過言ではありません。

彼らがどうやったかよりも、それがあなたにとってどういうものであるのかを汲み取れれば、先人の手法は自分の中に新しい言語として入ってきます。

 

A7からCに行くこの流れもスリリングです。この流れがこの曲にあるから、私はこの曲は成立していると考えるほど重要なコード進行だと思っています。

(自分にとって)楽曲にはそれがあることによって、核となるようなエネルギーを持つ場所があります。作曲においては、それを置くことができれば、その曲はそれでよしなどと思ってしまうぐらいの勢いのある部分というものが時々生み出されます。またいつもそれを生み出したくて作曲を続けているような側面もあります。

私はそういう作り方で曲を作るので、このCコードの進行感に強烈な高揚感を覚えます。

高揚感が欲しければ短3度あげればいいんだと毎回思うほどです。

こうした「核を感じる」感覚が似ている人と音楽をやると意気投合しますし、全く違う人とやると異次元の音楽ができます。

 

彼らは難しいコードは使っていません。彼らが知っているコードを並べただけです。

とりあえず適当に知っているコードを並べながら、何か新しくてかっこよくて、自分が聞いたことがない流れができないんだろうか、 そんなふうな思いで曲を作っている彼らの当時の野心が見えるような進行です。

だから、この進行を我々が使っても結局ビートルズの二番煎じと言われるだけなのです。こういう「シンプルなコードで難しい進行」を作ってもだいたいビートルズがやっているので、ビートルズがすごいんです笑。

 

ブルースというありきたりな形式の中でどうやって誰も聞いたことがない展開を作って新しいブルースを作るか、そういうモチベーションを感じ取れるとと思います。

 

    

 

この曲のサビは、

Eメジャーキー
E-F#m-G#m-A-B-C#m-D#dim

Eマイナーキー
Em-F#dim-G-Am-Bm-C-D
の中からメジャートライアドをピックアップして
E,G,A,B,C,D
これらを自由につなげてコード進行を作る、という発想なら、伝統技法に即して、彼らのコード進行のテイストをうまく作ることもできるでしょう。
例;
E |C |D |A |C |D |B |B :|


はいかがでしょうか。ビートルズ的ですね。

 

まず、自分の感覚、自分の感じたことを、自分に真っ先に認めてあげてみてください。

自分の感じるままを方法論に昇華して自分の作品を作るのは結構快感ですので、不定調性論的作曲方法をオススメします。

   

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ガサガサ探す習慣が減ってなぜか頭の中も整理されるようになった!

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DRu0n7CNL._UL1500_.jpg


 【SIMPS】リュックインバッグ バックインバッグ インナーバッグ 16ポケット 14ポケット 3種類 アーチ型 四角型 小物収納 A4 B4 B5 縦型 大容量 整理 調節可能 メンズ レディース 軽量 背面ハンドル付き (四角型)