音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ビートルズ風変則ロックンロール; I Saw Her Standing There〜ビートルズ楽曲topics

2018.1.8→2019.1.3更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」1(2017)

 

 I Saw Her Standing There  

Aメロ
E7 |% |A7 |E7 |% |% |B7 |% |

E7は、「ブルースのトニック」的にジャズ理論上表現されます。

なんとなくブルージーなんだ、というような感じで理解ができる(ブルース知ってる人は)と思いますし、耳になじんでしまっていると思います。

 

ではEdim7はなぜトニック機能にならないのでしょう。
ではEm7(b5)はなぜトニック機能にならないのでしょうか?

 

となりますね。ためしに
F#m7(b5)-B7-Edim7
を弾いてみてください。何だか絶望的なエンディングを感じませんか?全然アンハッピーエンド。つまり

トニックの場所に配置しようと思えば配置できるし、"解決している"と思えば、解決できる、音楽の歴史が教えてくれるのはそういうことだと思います。まさにバッドエンド


もちろんEm7(b5)も。
F#m7(b5)-B7-Em7(b5)
は、物寂しいエンディングになります。
このEm7(b5)は展開すれば、Gm6ですから、Emの平行調(G)の同主短調(Gm)という近親調への転調だ、と思えば良いのではないか?といわれそうです。

こういう考え方はジャズ理論にはありません、そこでこういったひねくれた考え方をまとめて不定調性論的思考としてこのサイトではまとめています。


7thコードの連鎖は不定調性進行であり、教材では四度領域和音の展開、という観点から考えます。

機能和声論のように7th和音はドミナントである、という観点に立たない分析的スタートラインを設けたわけです。セブンスコードについては、ジャズ理論の方がそれを早くから実践しています。

 

当時彼らも一生懸命聞いたであろうアメリカのR&Bのサウンドからインスパイヤされたサウンドを求めて自作進行を作ってみた、という理解でこの曲は考えて良いと思うのです。

でもこれがやがてビートルズブルースに展開していきます。

 

 

このとき、E7からA7に流れたから、「ブルースのあの感じ」(I7→IV7)を思い浮かべるはずです。

だから「ああ、ロックっぽい」とか「ちょっとブルースっぽい」とか感じることができるのです。こういった感覚と印象を「音楽的なクオリア」と拙論では述べ、それだけで音楽は作れる、と考えて音楽にアプローチするのが拙論です。

 

サビです。
E |E7 |A7 |C |
E7 | B7 | E7 |E7 |
E→E7がとても効果的ですよね。

A7からCに行くあたりもスリリングです。

彼らが「カッコイイ」と思ったものを用いているのでしょう。

難しいコードは使っていません。知っているコードを並べただけです。

またE→Aとただ流れるのではなく、
E→E7→Aと流れるきめ細やかさ。ベースラインが下がっていくから、ドライブ感とかぐいぐい感を感じませんか?

 

これもそう感じることで初めて意識に設定出来ます。

このクオリア力、印象力を音楽で鍛えることで、様々な音楽鑑賞にも有意義になります。

   

そしてこのサビのCはなんでしょう?
Eメジャーキー
E-F#m-G#m-A-B-C#m-D#dim

Eマイナーキー
Em-F#dim-G-Am-Bm-C-D
の融合曲ですから、ここでのメジャートライアドは、
E,G,A,B,C,D
です。これらを自由につなげてコード進行を作ってみてください。
例;
E |C |D |A |C |D |B |B :|


はいかがでしょうか。ビートルズ的ですね。

 

E |E7 |A7 |C |
E7 | B7 | E7 |E7 |

この進行を、

<アナライズ1>

key=E                                                         Key=Em

I(T) |I7(subD) |IV7(subSD) |VIb(subSDm) |
I7(subT) | V7(D) | I7(subT) |I7(subT) |

 

とアナライズするのではなくて、

<アナライズ2>

E(きたぁサビー!!) |

E7(ぐぃーん!) |

A7(イヤッ) |C(ホーーーーーー!!!!) |


E7(タイトルコール!) |

B7(タイトルコール!yeah!!!) |

E7(彼女がそこに立ってるーーーーー) |E7((≧∇≦)!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー) |

 

とアナライズ(?)するのが不定調性論的です。

というか、アナライズ2を全く感じないのに、アナライズ1をやってもしようがないし、2が分かるからこそ、1をみて「まあ、なるほどね」って思えるはずです。

(どっちにしろ自分なりの勉強は必要なのですね)

 

まず、自分の感覚、自分の感じたことを、自分に真っ先に認めてあげるんです。

分析できなければならないのではなく、感じることだけでもまずはよかったのだ、と思っていただけたら幸いです。

 

逆にあなたの音楽はそこから始まる、と思うのです。

 

   

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ガサガサ探す習慣が減ってなぜか頭の中も整理されるようになった!

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DRu0n7CNL._UL1500_.jpg


 【SIMPS】リュックインバッグ バックインバッグ インナーバッグ 16ポケット 14ポケット 3種類 アーチ型 四角型 小物収納 A4 B4 B5 縦型 大容量 整理 調節可能 メンズ レディース 軽量 背面ハンドル付き (四角型)