音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

メジャーコードが連鎖するコード進行を考える~ビートルズ楽曲topic★★★

2018.1.8→2019.11.25更新

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」2(2017)


2,アスク・ミー・ホワイ - Ask Me Why

open.spotify.com


この曲は、IIIm7で終わる事がポイントですね。
IIIm7で終わる曲、つまりトニックの代理コードで終わる曲、として覚えておきましょう。
さて、楽曲的にはEメジャーキーでできていますが、

0:03-

G#m7 |F#m7 |E | E  |
G#m7 |F#m7 | E | G#7 |
C#m7 | % | Am7 | F#add9omit3 |

となっていて、IVm7であるAm7がクールに切なく浮かび上がり、三度のないF#add9omit3がギター的で、お洒落です。本来なら

C#m7 | % | F#m7 | B |

と流れそうなところです、でもそういう安易なことはビートルズはしません。
「そこに行きそうで行かない」=ミスディレクションを活用しているといえるでしょう。

これが凝っているから素晴らしいとか、凝らない音楽が手抜きである、という意味では決してありません。

ビートルズは凝るバンドなので、ひと工夫も二工夫もするのが好きなバンド、と言えます。凝り性の人は参考にして上手に差し引くといいと思います。

0:40-

C#m7|C#m7|Am7 |E |Eaug |A |
B7 |E |Eaug |A |
B7 |E | EM7 F#m7 |~

展開部のEaugも時代が感じられますが、お洒落です。

和音の美しさや雰囲気は様々ありますが、Eaugのような増三和音の魅力も格別です。

不定調性論ではこれは対称領域和音といって上下の五倍音から作ります。

f:id:terraxart:20180108113600p:plain

倍音というのは数理的整合性も活用できます。不定調性論が使うのは、この数理性のほうです。

   

何で和音て三度堆積で交互に作るん?っていう最初の不可解な疑問を払しょくしてくれます。それこそが恣意的な理解の始まりであり、それがOKならもっと恣意的な作りかたも数理に則って作れたはずです。不定調性論はたまたま音楽の歴史が進まなかった方向の数理を網羅して和音の作り方を追求していきます。

 

ビートルズの魅力はこの泥臭くて綺麗なコーラス。

コーラスがなければビートルズの魅力は半減以下になってしまいますね。

 

エンディングは、
AM7/E | E |AM7/E |G#m7 ||
となっていて、これまたお洒落です。
このIIIm7、現代でやったら、逆にお洒落だと思うんですけどいかがでしょうか??

このIIIm7でのエンディングのクオリアを心に留めてもらえると、印象力も深化して、いろいろなコード感覚に心が向けられるのではないでしょうか?

どこかそっけなくて、どこから淋しげで、どこかクールです。こういう和音の雰囲気の先にニューミュージックがあるのではないか、と思います。

 

3,プリーズ・プリーズ・ミー - Please Please Me

open.spotify.com


ジョン渾身の作ですが、これもメジャーコードの連鎖が起きています。


Aメロの頭 0:07-

Eb | % | Ab Eb |Gb Ab Bb |

というところと、


エンディングの、

Ab Bb || Eb Gb |B Bb7 |Eb ||
です。

 

すべてEbメジャーキーとEbマイナーキーのダイアトニックコードのメジャーコードが駆使されています。ビートルズ的な響き、というやつです。

ジョンが、カバーではなくオリジナルで曲を出したい!という強い意向を会社側に示した作品です。明るい曲調の中で短三度のメジャーコード連鎖が、生き生きとしてワルっぽさを強烈に出しています。

当時のジョンの研ぎ澄まされた刃のような感性が生み出したコード展開ですね。

信念て凄いなぁ、と思います。

メジャーコード連鎖は古きアメリカンロックから影響を受けたもので、ビートルズだけではありませんが、彼等の専売特許でもあります。この手の進行を音楽スクールではようやく教え始めました。しかし「同主調への転調」または「借用コード」という理解しかできないはずです。しかし「借用した」わりには、独特の化学反応を放ち、唯一無二な響きの雰囲気を作っています。仮に借用したコードをつなげて作った割には、オリジナリティが強く、こういう和音連鎖の別の法則があるのではないか?と考えるほどです。

この短三度のメジャーコードにあなたが何を感じるか?です。攻撃性か、甘さか、強さか、尖りか、何でもいいです。これは機能和声論などでは教えていません。これに触れられるのは、音の印象論を取り扱える不定調性論的思考の方法論だけです(最近同様な表現が増えてきたので、ウチだけではなくなりました。パクリOPKにしてますし)。

これは

f:id:terraxart:20191125152150p:plain

こういう関係性が成り立つことに起因しているかもしれません。

つまり調的システムで考えるのではなく、数理的親和性によって結びつけられた分子構造のような連鎖性が引き起こしている、という考え方です。

これを「中心軸システム(参考1参考2)」で考えてもつじつまを合わせることができるでしょうが、中心軸システムは「機能」を根拠にしているので、何処かでその展開の根拠を自ら封じ込めてしまいます。

不定調性論では、これらを数理で結びつけていますので、どのように結合も可能となります。

 

最数的に、この法則はあくまで数理の関連性であって、それを聴覚で聞いたときの印象は、人それぞれである、となります。最後はあなたが和音の流れや楽曲の雰囲気に感じたことが言葉になろうが、色彩感になろうが、模様感になろうがそれが「このコードは〇メジャーのトニックの代理です」という分析に替わる、あなただけの解釈の方法なんです。

それをいち早く作ってください。それができれば、あなたは既存の方法論に限らず自分で音楽を連鎖できます。あとはグルーヴ、アレンジはあなたが好きなサウンドを真似ていきながらオリジナリティを確立するまでです。

 

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ガサガサ探す習慣が減ってなぜか頭の中も整理されるようになった!

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DRu0n7CNL._UL1500_.jpg


 【SIMPS】リュックインバッグ バックインバッグ インナーバッグ 16ポケット 14ポケット 3種類 アーチ型 四角型 小物収納 A4 B4 B5 縦型 大容量 整理 調節可能 メンズ レディース 軽量 背面ハンドル付き (四角型)