音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

怖いから知識・理論に頼ってるだけです。Dear Prudenceの掛留概念の拡張~ビートルズ楽曲topic

2017.12.24⇨2020.6.21更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」1(2017)

バック・イン・ザ U.S.S.R. - Back in the U.S.S.R.

open.spotify.com

   

これも不定調性的進行で進んでいきます。

「知ってるコードを感覚で並べて作るコード進行」です。

ただし、そこにカッコいいメロディが載せられるかどうかは別です。。

メロディメーカーは「こうなるといい感じになる」を直感的に知っています。真似できる部分と真似できない部分をしっかり見極めましょう。先々でいいので。

 

AIがヒット曲を作るようになって、何十万曲と作るようになった頃、こういう風な時にこういう風にすると必ず良い音楽になる、みたいなことは法則化されるのではないでしょうか。

 

Aメロ
A |D |C |D |
A |D |C |D |

サビ

A |C |D |D ||

 A |B7 E7 |~

Aメジャーキーの中にCとB7が入ってきます。
メジャーコードで、いたって簡単なのですが作り出す雰囲気が独特です。
強烈な変化感がロックしてます。

しかも、AメロとサビでA,D,Cのコードを順序を入れ替えて使うところなど、なかなかニクいです。

この入れ替えによる変化感は、ただの入れ替えなのに結構強烈です。

コードの利用が似通っていれば、ダイナミックな曲は作れない、という観念を吹き飛ばしてくれます。

 

ディア・プルーデンス - Dear Prudence
これは掛留概念の拡張=クリシェナンバー。

open.spotify.com


イントロ
Dadd9 D |C/D G/D |A/D C/D |2/4 C/D |
D D/C |D/B D/Bb |


Aメロ
D D/C |D/B D/Bb |×4
D D/C |D/B D/Bb |D |C G |
D D/C |D/B D/Bb |

展開部
D G/D |A/D G/D |D G/D |A/D G/D |F Ab |~


Dが目立ちますね。
不定調性論では、クリシェの拡大手法を「掛留概念の拡張」と呼んでいます。
ギターポジションの関係とベースラインの組み合わせによって生みだされた雰囲気です。

 

変な例を出してみましょう。

 

C△を分子にします。
C△/C=C△
C△/C#=??
C△/D=Am7(11)
C△/D#=??
C△/E=C/E
C△/F=FM7(9)
C△/F#=??
C△/G=C/G
C△/G#=G#augM7
C△/A=Am7
C△/A#=C7/Bb
C△/B=CM7/B


と列挙します。

機能和声の範疇を超えた和音が沢山出てきます。
しかしながら、それらの特殊和音にも雰囲気があります。「名前がない」からと差別するのはやめましょう。

これらの和音は普段意識の外に置いているかもしれません。

誰も使わないから、あなたも使わない、ならあなたはその枠を飛び出ることはできません。

     

次のような進行はどうでしょう。
G  |G/D#  |G  |G/D#  |


G  |G/C#  |G  |G/C#  |


G  |G/F  |G/F#  |G  |


G  |G/D  |G/G#  |G  ||


G  |G/E  |G/B  |G/A  |

音源はこちらhttps://rechord.cc/q23CjSzK7T4

協和と不協和のバランスと、二つのライン(和声の停滞性)と低音の陰鬱とした動きが「押しとどめられた感情の、嵐の前の静けさのような雰囲気」を作ります。
逆に最後のG|G/E|G/B|G/A|は、憂いはなく、淡々とした情感、例えるなら、昼下がりの海沿いに広がる埋め立て地の駐車場、みたない殺伐さ?

何ともいえない、「空虚感を持った感情」のようなものでしょうか?
皆さんそれぞれ、いろいろと感じると思います。

 

結局そういう感情を、疑わず、解釈し音楽にストレートに活かしていくことで、自分が感じたことの音楽が生まれるわけです。

これはなんとなく人の作ったファッションを着るのではなく、自分で一から服を作る、みたいな感じなので、そういう人は限られるかもしれません。

 

ちょっとした感情を自ら展開できると、自分の曲がとても大切に感じられます。

「自分に出会えたような気」がします。

最初はがっかりしますが笑、どんどん「自己」って「自我」に会うと成長するんです。

この「自我=エゴ」を上手にコントロールするためには、自己の精神性が充実しなければならないと思うんです。自分の「ただただこうしたい!=自己」と「こうやったらウケるのでは?=自我」は別物です。別物として分けていくとうまくコントロールできます。わざとわけるんです。自制、というのでしょうか。

 

グラス・オニオン - Glass Onion
ブルージー7thの活用ナンバーですね。

open.spotify.com


Aメロ
Am |F7 |Am |F7 |
Am |F7 |Gm7 |C7 |
Gm7 |C7 |


サビ
F7 |D7 |F7 |D7 |
F7 |D7 |F7 |G7 |

 

機能和声的に見たら、Am-F7で調が瓦解します。
でもF7がブルースのVIb7を想起させ、ブルージーに響きます。
ゆえに、一回これを使ってしまうと、全体がブルージーにならざるを得ないんですね。

でもビートルズはこの曲、弦楽を入れていますからね。すごいです。ジェームズ・ボンドテーマみたいな雰囲気になってます。ジョンらしい歌詞の雰囲気もカッコいいです。

 

これらのF7,D7がFM7,DM7だとまた雰囲気が変わります。

この差を作曲の際に感覚として捉えられればいいわけです。もちろんM7の憂いの方が好きだ、という方もおられるでしょう。

 

イメージは人それぞれ。

あなたがブルースロックを聞いたことがあれば、あなたはそのコードが出てきた時、なにやらスリリングなアブなさを感じるかもしれません。

またブルースロックを聴いたことがなければ、ラベルやストラヴィンスキーのような燃えたぎる赤を感じるかもしません。面白いですね。同じコードで青と赤。

なんでもいいんです。自己を打ち出せれば。 

ビートルズはそれを20代前半でまるっとやったからすごいんです、その活動指針が。

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)