音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Michelle("例の"二番目のコード・dimコードの用法・同主調和音の混在) / The Beatles

ビートルズの不定調性コード進行研究

全ての記事はこちらから

www.terrax.site


Michelle / The Beatles

open.spotify.com

主観

まず、この作品の暗めの雰囲気が好きです。

   

暗くどんよりとしたポールの声が乗った、どこか怪しい雰囲気。

この曲を聴くと「曇り空のパリ・・・車も通らない小さな建物と建物の間の路地にて。」みたいな映像感が子供の頃からありました。

現在仕事をしていて受講生(シニア)の息子夫婦がパリに住んでいる、ということで写真をよく拝見するのですが、なんかぴったりの写真を見つけたりするとなんか不思議な気分です。ああ、これこれ。みたいな。これもクオリアなんでしょうか。

 

その音を聴くと、なぜか、こんなふうに感じてしまう、みたいなことを不定調性論では一番大切にして音楽と向き合います。そうでないと自分を見失うと思うのです。

 

Bb7(#9)

最初の話題。

F |Bb7(#9)|Eb |Ddim |C Ddim |C C7 |
歌い始めの部分です。

最初だけFで全体がFmのダイアトニックに支配されています。

スコアは二番目のコードがBbm7になっています。自分も最初はスコアの通りBbm7を気持ちよく弾いてました。まあ普通はそうです。

しかしここにポールの才覚の鋭い刃が待っていました。

いきなり2番目のコードがジミヘンコードなんです。それも"ひどいヴォイシング"の。

Paul McCartney "Michelle" - Live @ AccorHotels Arena, Paris - 30/05/2016 [HD] - YouTube

Michelle - Paul McCartney - Live Olympia - DVD Quality - YouTube

後年のライブもしっかりこのサウンドが響いています。

#9th!!!

 

5カポでTABにすると、

9

9

7

6

8

6

です。音でいえば、

Bb,F,Ab,D,Ab,Db 

音はこちらで確認。

http://www.rittor-music.co.jp/app/shibanzukun/bloguitar/bloguitar.html?b=1&c=0xFFFFFF&m=d&x=b&s=1&p=on&v=25&n1=A%E2%99%AF7%EF%BC%88%E2%99%AF9%EF%BC%89&r1=6&f1=997686

一弦の9がmy belleの「my」、この二弦の9がメロディのmy belleの「belle」に当たっています。コード感に束縛されないポールらしいコーディングです。

(ジョンから教えてもらったジャズのコードを使った、というような話を聞いた気がしますが、出典が分かりません。わざとその当時自分が知った"むずかしいコード"をスタイルとして今作っている曲に押し込んで使ったのかもしれません。そういうところ若さが感じられて素晴らしい笑。そしてコード理論に束縛されない天衣無縫さ)

Michelle - Paul McCartney Live From Quebec City En español - YouTube

↑これがくっきり見えますね。

www.youtube.com

この方も

www.youtube.com

この方もくっきりパートで解説してくれているので分かります。

これがポールの響きですね。

音楽理論的にはちょい発想として思いつかないけど、そう思うのはきっちり西洋音楽概念で書物が統一されている日本人だけじゃないかな、、なんて感じたり。

 

調べてみたら、書いている方がおられました。出典もあるようですね。

http://www.ncn-t.net/yonemura/B4Research/06/MICHELLE.html

カバーバンド「The Fab Four」のmichelleも当然7(#9)でした。。映像を持ってる人はご確認ください。

意外とこのビートルズ、というバンド、シルヴァー・ビートルズの頃からジャズの精神をしっかり持っていて、ガッツリ理論派、というか、とにかく時代の最先端の響きを探求した前衛音楽家であったともいえます。

 慣れると、これぞミッシェルのコード!になります。

 

これは完コピするか、理屈に合わせるか、の違いですので、どっちが正しいとか間違っている、という話ではありません。観点の問題です。

 

 

Ddim

Ddimは次のCに結びつくG7(b9)の部分的コードです。いわゆる代理コードですが、直接的にディミニッシュを使うことで「ディミニッシュコードにはどんな使い方があるか」をポピュラーミュージックという土俵で教えてくれる貴重な曲です。

 

最初のFは本来Fmになるべきですが、そうなっていません。

これも不思議な感じです。「不可思議」という単語のイメージをそのまま音楽にしたような感じです。

このメジャーのFコードの雰囲気は「曇天の中の日差し」というクオリアがぴったりです。

 

ちなみに同曲の発想は下記の二つのキーのダイアトニックコードを混ぜ合わせて用いていくことで様々なバリエーションが生まれます。

CメジャーキーとCマイナーキーという同主調のダイアトニックコードを列挙してみます。

<Cメジャーキーのダイアトニックコード>
CM7-Dm7-Em7-FM7-G7-Am7-Bm7(b5)

<Cマイナーキーのダイアトニックコード>

Cm7-Dm7(b5)-EbM7-Fm7-Gm7-AbM7-B7


※島岡譲先生によれば、このCメジャーとCマイナーを一緒にした「ハ調」の概念を用いるべき、とおっしゃっている、日本音楽理論研究会2016.3.27(東京例会)で楠瀬敏則先生が述べておられました。近著が楽しみですね。(2016談)

 

これらを自由に組み合わせて曲を作る練習をします。ちょっと極端に混ぜてみます。

 

|:Dm7(b5) |Bm7(b5) |Dm7(b5) |Bm7(b5) |
EbM7 |CM7 |EbM7 |CM7 |
Fm7 | Dm7 |Gm7 |Em7 |
Am7 |Fm7 |Am7 |AbM7 G7 :|

演奏してみてください。

ビートルズの"面白いポピュラー音楽の作り方"の一つが、この二つの調の和音の混合をぶっきらぼうにやる方法です。これをキーを混合させる、という発想で作るのではありません。

知ってるコードを探りながら脈絡を繋げる(音楽的脈絡)という発想でやってみてください。そういう時に使うのは"感覚感"です。

現代っ子は音楽理論の学習と並行してこの"感覚感"も同時に鍛えられます。

十分に勉強して実際に作曲するときは考えないで作ってみましょう。それがコツであり、不定調性論で推してる音楽へのアプローチです。

なお、音楽理論研究会での発表では参考文献に基づく資料として市販スコアを参照して引用する必要があったため、例の和音をB♭m7で表記していますのでご了承ください。

ビートルズにスコアを使うべきではない、とつくづく思いました。彼らはスコアで考えてません。