音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

倍音の数理の秘密〜不定調性論全編解説9(動画解説・補足)

2017.11.24⇨2019.11.13更新

前回

www.terrax.site

www.youtube.com

 

   

 

 

 

その音楽理論、あなたにあっていますか?

サイズに合わないハイヒールを履いて、かっこいいからと無理して頑張りすぎていませんか?時には裸足がいいのかもしれませんよ?

 

ブルースの7thコードはなぜトニックに成り得るか。

www.terrax.site

 

動画の下記の図が今回のメインその1です。

f:id:terraxart:20171124123336j:plain

f:id:terraxart:20171124124110j:plain

 

あなたはあなたの美意識に従って音楽を判断するはずです。

 

そしてあなたが感じた美意識の根本にあるのは、理論ではなく、音楽でもなく、音という自然現象が持っている共通の構造美がただ作ったものに、あなたの美意識を反映させただけです。

 

だからこそ音楽には好き嫌いが主張でき、名曲でも聞き飽きると、その美意識が「普通」に感じられたりします(この辺は脳の習性)。

 

G7→Cというものがもたらす感覚はあなたがこれまで学んだものであり、教育文化慣習の習得です。

だから、G7→Cはいやだ!!!と思っても良いわけです。

 

そしてG6sus4(b9)→Cadd9(#11)がイイ!!と本気で思ったらそれは、現状普通のドミナントモーションより優先されるべき展開である、と言える理屈を不定調性論は作りました。

 

いきなりG7→Cを学習すると自分独自の解釈をしないまま鵜呑みにしてしまう(洗脳)です。

もちろん「これまでの音楽理論は間違っている!!」と言う必要はありません。

 

 

音楽性少数派弱者に対する差別

に対する緩和措置です。

ニーズが少ない音楽をやっているから自分は貧乏でも仕方がない、なんて絶対に思ってはいけません。あなたは唯一無二です。

 

人を貶める必要もありません。

 

あなたが呼吸するように出てくる音楽の形で生きてみましょう。

 

果たしてどうなるでしょう。

 

ちょっと動画に話を移すと、

f:id:terraxart:20171124125556j:plain

f:id:terraxart:20171124125801j:plain

それぞれの領域の発生音には共通した音があります。

 

あと一点。この動画シリーズでは触れていませんが、

音楽は「自我の欲求」そのものです。絶対にあなたが「こうしたい」と思わなければ音楽はできません。自我なくして音楽は作れません。

でも自我は恐れを抱いていますし、最も肉体にストレスを与える存在です。

だから、いくら自分の音楽が見つかったからと言って、究極に幸せになれるか、と言うとそんなこともない、となります。戦うところは闘わないと!!

 

 

その10

www.terrax.site