音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

音楽分析は分析者の視点の数だけ答えがある〜ビートルズ楽曲topic

2017.11.11→2019.9.29更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

Norwegian Wood~ノルウェーの森/The Beatles

open.spotify.com

   

 

AメロはEミクソリディアンモード的なメロディと解釈することもできます。
しかし「ジョンはこの曲をモーダルにしようとなど意図したのだろうか?」
と考えてみて下さい。そうなると、ミクソリディアンである、なんて分析するのおかしくないですか?それはあくまで形態分析。あなたは身長170cmですね。あなたのことがよくわかりました、と言われたらなんか違和感があります。

もっと話してくれたら僕は違う印象を持てるはずだよ!身長だけで決めないで!

 

音楽分析は、作者本人すら気が付かない魅力を明晰に示す。

は確かに言い得て妙です。いくつかの曲を分析してもジョンがミクソリディアン的な好みを感じます。安定と不安定を中性的に持つ響きです。こういう感じが好き、というのはあったかもしれません。

 

これを単なる「メロディ癖」と考えるか、「ジョン・レノンはミクソリディアンな作曲家だ」と位置付けるか、でだいぶその後の分析が変わってきます。

 

音楽分析は分析者の視点の数だけ答えがある。

であり、

解釈者の数だけ音楽理論がある。

となります。

ゆえに、どんな言い回しをしても、

意見とは、最終的にはその人だけの意見になってしまう。

となります。この話はタブーです。これを言ったら学問の発展はありません。でも真理がそこにある、とどこかでわかっておけば自分のやるべき探求に時間が注げます。

 

不定調性論は、解釈の仕方の促進を促そうと思っています。つまり発想の創造です。

あなたが作家であって、研究者でないなら、勉強はほどほどに、とにかく曲を作った方が研究の数倍あなたの糧になります。「次に何をやればいいか見えてきます。」作曲を続けてそれが見えれば、あなたが売れる売れないに関わらず、あなたには作曲の才能があります。必ず食べていけます。何も感じなければ他の道を探すことをお勧めします(その代わり20曲は書いて)。

==== 

ジョンは、E△の上でミクソリディアン的なフレージングを思いついた、という知識が活用できるのは、コンペなどで「ノルウェーの森っぽくしてください」という要望があった時などの形態分析においてのみです。

人によっては、シタールを使おう!とか、ミドルテンポの8/12にしよう!とか、このモーダルアプローチこそ「ノルウェーの森だ」と考える人もいるでしょう。これも解釈であると思います。

「解釈が異なる」がゆえに、同一テーマのコンペでも異なる曲が上がってくるのだと思います。正解を求めてる暇があったら曲を作りましょう。だってあなたが作曲家なら、曲こそが答えなんですから。解釈をいくら持っていても作曲家と認めてくれる人はいません。

 

 AD

     

モードという点に限定して、その解釈を発展させてみると、例えば、

「E△の上で使える他のモードを想定して、メロディを作ってみたらどうだろう??」

とか考えることもできますね。

例えば、
e-g-g#-a#-b-c#-d-e
など。

 

 

また、キーをEメジャーと考えると、Bメロで突然E△がEmになります。

主調転調です。

これについてもこういう用語を知らなくても、

「それまでのほのぼのだった雰囲気が、Bメロで急に暗雲たちこめ危うくなった!!」

という具合に"分かる"なら、転調などの専門的な概念を知る必要はむしろありません。雰囲気を自分なりに説明できる方が創作には役立つからです。

 さっきまで主たる和音としていたメジャーコードをマイナーにすると、急に雰囲気が変わる、っていうのを自分のあの曲で使ってやろう、とイメージできるからです。

 

こういったやり方が不定調性論的な発想です。

余裕がある人はぜひ機能和声論と不定調性論、どちらの価値観も身につけて頂きたいです。

 ===========

また「あ、同じEを持ってるコード繋げるって面白いなぁ」と解釈したなら、もっとEを持つ和音を列挙してみましょう。

Eをルートに・・・E,Em,EM7,Em7...
Eを三度に・・・C,C7,CM7...
Eを五度に・・・A,Am,A7...
Eを七度に・・・F#7.F#m7...
Eを九度に・・・Dadd9,DM7(9),Dm7(9)...

...などなど。適宜つなげてみましょう。

E△ |Dadd9 |A7 |G#7(b13) |CM7|F#m7 |Am7|B7sus4 Bb7(#11):|

音はこちらで。

ノルウェーの森からインスパイヤされた進行 | rechord -

これは理屈を考えて作っていません。

また「同じ主音のメジャーとマイナーをつなげる」、って面白いなぁ、と思ったら、

E|Em|A7|Am7|CM7|Cm6|B7|Bm7(b5)|

音源はこちら

ノルウェーの森からインスパイヤされた進行2 | rechord 

というような進行を適当に作ってテーマメロディを創ってみましょう。

 

それで上手くいかないなら、機能和声を1年みっちり勉強してください。

その先に「あれ?全部覚えたけど、どうやって曲作ればいいの??」

って話になります。その時頼りになるのは、勉強前にしっかり息づいていた「それ、これをこう繋げたい!」というあなたの自由な動機です。それをくみ上げて肯定し、機能和声と組み合わせる思想が不定調性論です。

あとは作つ続けて脳の回路をつなげていくだけです。5年ぐらいかかります。


最後にsus4解決について、考えてみます。

1、Esus4-E△
2、E-EM7-E7-E6

これら二つは不定調性論では「静進行」としているものです。通例「クリシェ」とされているものです。和声の構成音が前にあるコードの一音だけを変えて進む進行です。

これを応用すると、
E-Esus4-Esus4(b5)-Esus4M7(b5)-Esus4M7-EM7-EmM7-Eb△/E-Em7(b5)~
とうような進行も作れます。

こんな進行で音楽なんて作れるわけがない、というまず自分が縛られている常識を取っ払ってまずは音楽を作ってみてください。「クリシェ」という言葉の常識に憑りつかれるとこの手の発展ができませんが、「和音が一音変わっていくだけ」と考えれば、あなたは自由になれるでしょう。

 

そして「あなた自身が本当にそうしたいか」という意見と常に向き合って、自分の考えを真ん中に置いて大切に育んでください。それはビートルズがやってきたことそのものだと思います。

amazon