音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

音楽分析は分析者の視点の数だけ答えがある〜ビートルズ楽曲topic

2017.11.11→2019.9.29更新

2,「ノルウェーの森」を参考に音楽学習を考える/The Beatles(2017)

2-Norwegian Wood~ノルウェーの森/The Beatles

open.spotify.com

   

 

AメロはEミクソリディアンモード的なメロディと解釈することもできます。
しかし「ジョンはこの曲をモーダルにしようとしたのだろうか?」
と考えてみて下さい。

音楽分析は、作者本人すら気が付かない魅力を明晰に示す。

は確かです。いくつかの曲を分析してもジョンがミクソリディアン的な好みを感じます。安定と不安定を中性的に持つ響きですね。

これを単なる好みや「メロディ癖」と考えるか、「ジョン・レノンはミクソリディアンな作曲家だ」と位置付けるか、で聞いてきた音楽の中にその根拠を探るか、でだいぶその後の分析が変わってきますよね(最後は一つのジョン・レノン論にまとまるわけですが)。

 

音楽分析は分析者の視点の数だけ答えがある。

であり、

解釈者の数だけ音楽理論がある。

となります。もしあなたが作曲家なら、演奏家なら

それらのスタイルを勉強しつくすことはできない。

出来るわけがありません、一日の1/3は制作、演奏しているのですから。逆に音楽を研究していたら演奏力も制作数も激減するでしょう。

 

ゆえに、どんな言い回しをしても、

意見とは、その人だけの意見になってしまう。

となります。これはタブーです。これを言ったら学問の発展はありません。でも真理がそこにある、とわかっていれば自分の持てる範囲で、制作、演奏、研究に勤しめるはずです。

やがて教育は、すべてインターネットでのAIによる無償教育になってしまうでしょう。ましてや「知識を脳にインストール」が可能になれば、全地球の歴史の学習が3時間ぐらいで済む時代が20年ぐらい先には来るかもしれません。

 

不定調性論は、解釈の仕方の促進を促そうと思っています。つまり発想の創造です。

知識は事実ですから新事実が見つかるまでは不変です。しかしたとえば年末に赤穂浪士のドラマを何年もバリエーションを変えて作り続けられるのは、そこに人の創造力、解釈力、イメージ力が常に刷新されるからだと思います。

だから音楽分析も、知識的分析と対極に解釈創造的分析があって良いのではないか、と考えています。

 

それが音楽になって流れた時、どう感じるかを自分で認識できるなら、

「ミクソリディアン」を知らなくてもいいんです。

ジョンは、E△の上でミクソリディアン的なフレージングを思いついた、と解釈すると、それを踏襲するのはリファレンスへ追随する時のテクニックになります。コンペなどで「ノルウェーの森っぽくしてください」という要望があれば、人によっては、シタールを使おう!とか、ミドルテンポの8/12にしよう!とか、このモーダルアプローチこそ「ノルウェーの森だ」と考える人もいるでしょう。これも解釈であると思います。

全員が全地球の知識を学習して持っていても、「解釈が異なる」がゆえに、同一テーマのコンペでも異なる曲が上がってくるのだと思います。

 

 AD

     

モードという点に限定して、その解釈を発展させて何かクリエイティブな所作のほうに行ってみると、例えば、

「E△の上で使える他のモードを想定して、メロディを作ってみたらどうだろう??」

とか考えることもできますね。

例えば、
e-g-g#-a#-b-c#-d-e
など。

ただミクソリディアンだ、と分かったさきに、どんな行動に移るかが、クリエイターのセンスです。その知識が捜索に全く関係ないのであれば、その知識はいらないし、それが役立てられる脳内回路が出来ていないこともまたいずれ問題になります。

 

===

また、キーをEメジャーと考えると、Bメロで突然E△がEmになります。いわば主調転調です。これについてもこういう用語を知らなくても、

「それまでのほのぼのだった雰囲気が、Bメロで急に暗雲たちこめ危うくなった!!」

という具合に"分かる"なら、転調などの専門的な概念を知る必要はむしろありません。

 

さっきまで主たる和音としていたメジャーコードをマイナーにすると、急に雰囲気が変わる、っていうのを自分のあの曲で使ってやろう、とイメージできるからです。

こういった知識による学習ではないやり方が不定調性論的な発想です。余裕がある人はぜひ機能和声論と不定調性論、どちらの価値観も身につけて頂きたいです。

 ===========

「あ、同じEを持ってるコード繋げるって面白いなぁ」と解釈したなら、もっとEを持つ和音を列挙してみましょう。

Eをルートに・・・E,Em,EM7,Em7...
Eを三度に・・・C,C7,CM7...
Eを五度に・・・A,Am,A7...
Eを七度に・・・F#7.F#m7...
Eを九度に・・・Dadd9,DM7(9),Dm7(9)...

...などなど。適宜つなげてみましょう。

E△ |Dadd9 |A7 |G#7(b13) |CM7|F#m7 |Am7|B7sus4 Bb7(#11):|

音はこちらで。

ノルウェーの森からインスパイヤされた進行 | rechord -

これは調を考えて作っていません。また「同じ主音のメジャーとマイナーをつなげる」、って面白いなぁ、と思ったら、

E|Em|A7|Am7|CM7|Cm6|B7|Bm7(b5)|

音源はこちらノルウェーの森からインスパイヤされた進行2 | rechord 

というような進行を適当に作ってテーマメロディを創ってみましょう。

それで上手ういかないなら、機能和声を1年みっちり勉強してください。

その先に「あれ?全部覚えたけど、どうやって曲作れないいの??」

って話になります。その時頼りになるのは、勉強前にしっかり息づいていた「それ、これをこう繋げたい!」というあなたの自由な動機です。それをくみ上げて肯定し、機能和声と組み合わせる思想が不定調性論です。

しこに気が付けば、あとは作るだけです。

 =====


最後にsus4解決について、考えてみます。

1、Esus4-E△
2、E-EM7-E7-E6

これら二つは不定調性論では「静進行」としているものです。通例「クリシェ」とされているものです。和声の構成音が前にあるコードの一音だけを変えて進む進行です。

これを展開すると、
E-Esus4-Esus4(b5)-Esus4M7(b5)-Esus4M7-EM7-EmM7-Eb△/E-Em7(b5)~
とうような進行も作れます。

こんな進行で音楽なんて作れるわけがない、というまず自分が縛られている常識を取っ払ってまずは音楽を作ってみてください。「クリシェ」という言葉の常識に憑りつかれるとこの手の発展ができませんが、「和音が一音変わっていくだけ」と考えれば、あなたは自由になれるでしょう。

そして「あなた自身が本当にそうしたいか」という意見と常に向き合って、自分の考えを真ん中に置いて大切に育んでください。それはビートルズがやってきたことそのものです。

amazon