音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

「不定調性論」の使い方(2019)★★★

www.terrax.site

「不定調性論」ていう存在はわかったけど、どう使うの?
というご質問に関わる記事です。 

不定調性論ってなに?(2019) - 音楽教室運営奮闘記

こちらも宜しくお願いいたします。

 

自在な表現の発信の根拠として  

以下を機能和声アナライズしてみてください。

C |Bbm |Gb |Em |
B |G#m7 |E |Dm |

できますか?

これは、P.メセニーの楽曲「Sirabhorn」です。わざとアナライズさせまい、というような進行ですね。

しかしながら、たとえ機能和声で分類はできなくても、この曲を聴いたとき、あなたは何らかの「印象」を感じるはずです。

 

C→Bbmに流れた時、あなたは何を感じますか?何でもいいです。

「変な感じ」でも「ただ疑問」とかでも。

人によっては「緑色を感じた」とか「倦怠を感じた」とかより具体的に感じる人があるでしょう。

スーパーコンピューターである脳は様々な五感とそれ以外の反応によって反射的に意識の上に膨大な信号を上げてくれます。どの反応を受け取るか、受け取らないかはあなたの自由です。

潜在意識とは、無数の体の反応や過去の記憶が作り出す信号の海のことです。それは絶えず膨大な信号を受信送信し続けますが、そのほとんどは気がつきません。指を動かしたとき、人差し指を動かそう、と意思したわけではありません。それまでの経験から気が付かずできるんです。

音楽を聴いた時だけではなく、綺麗な人を見たとき、美味しい食事を食べたとき、美しい風景を見たとき、頑張って仕事が完成したとき、強烈な感情の変化を明らかに察します。それもあなたの意識がランダムに「今感じたい」と思う刺激をそれを拾い上げるからです。

日頃ポジティブに感じていればポジティブな情報を、ネガティブに生きていればネガティブな情報を受け取ってしまいます。

 

あなたが今感じていることは、普段感じようと試みている理由があります。

願望が現実を生むのはそのせいです。そう願えば、そう思う信号だけをキャッチしてしまいます。

 

その「自分の印象の感じ方」のコントロールの方法を音楽学習時に学んでしまおう、というのが不定調性論の一つの学習コンセプトです。

 

逆にこれらの印象論を、誰が見ても明らかなものと、統一を試みたのが機能和声論です。

 

音楽理論の学習も行き着くところは、「その次にどんなメロディを置くか」ということの答えにつながるヒントを意識の沼から汲み上げられるかどうかです。常にヒントの信号はでてますが、くみ取ることが難しいわけです。

 

この方法に名前がなかっただけです。誰だって、自分なりに次の行動を判断していると思います。理論に基づいて生きている人などいないのではないか、と。

 

プライベートな感情や思いを、パブリックな教育や常識と並行して膨らませるためにどうやって機能和声論と提携していくかについて考えました。

そのためには音楽理論を一から見直す必要があり、科学的な事実を前提にした素材を並べて、あとは感情が判断する、という状況に戻る必要がありました。

そのためにはいったんV7→Iをも否定しなければなりませんでした。

これを自覚することによって、あなたは伝統技法を身につけながら、同時にあなた自身の特異性を理解します。

あなた自身で「あなたの使い方」が見つけれらればすごいことです。

 

 

音楽の印象を独自に解釈するときの根拠として

不定調性論では、音楽の読解を自分の言葉で行います。

「緑色な感じ」と言っても他人には伝わりませんが、あなたはそれで分かる、とします。これをIがVIIbmに流れた、と説明する方法論はすでにあります。でもあなたが自分のテーブルで作業できるサイズにその印象をまとめなおさねば、あなたの曲は作れません。そのために自分の言葉で方法論で述べる、というのが不定調性論のやり方です。

このやり方はここでは諸々の業界方面との関連性は述べませんが、昨今の多くの音楽系著書にも活用されています。その元となる発想が不定調性論です。

 

当ブログ記事で紹介されているような音楽家、ビートルズ、ユーミン、スティービー・ワンダー、スティーリー・ダン、チック・コリア、パット・メセニー、その他ジャズ、プログレ、フュージョンミュージックが持つ自在な和声において、小刻みに転調解釈できる和声進行全般を「不定調性進行」と言います。
「Bメロの転調が不定調性的で、いっちゃってるね」
「この曲のイントロはちょっと変わった不定調性的なブルース7thだね」
とか、非機能的な進行についての表現で自由に使ってみてください。

ブルース進行も不定調性進行です。

しかし本来はバッハやモーツァルトなども独自性を持っています。バッハを機能和声音楽に押し込めても大事な価値を見失うだけです。バッハはバッハ。あなたもあなた。

また近代音楽やシェーンベルク以降の12平均律音を用いた現代音楽の印象も、「不定調性的」と表現することが可能です。

無調=無表情・無意味ではありません。さらに、12音以上の細かい音表現を用いているような音楽、自然音などから「何らかの音楽的心象」を与えられる場合も同様です。

ジョン・ケージの作品「4:33」だって、それそのものは「印象」を与えます。つまり不定調性論で"アナライズ"できるわけです笑。


人の口調がイライラしているか、ウキウキしているのかを聴き分けるのと同じです。口調には「機能」がないのに、感情的な要素をくみとれるのはなぜですか?

それはあなたの中に入ってきたそれらの音情報をあなたがそう解釈しているからです。役者がイラついているようにしゃべれるのは「どのようにしゃべればイラついているように聞こえるか」を知っているからです。でも普遍性があるのか、と言えば、やはり「イラつき方」もその人独特です。こうすればイラついているように見える、というセオリーが機能和声論です。でもあなたはそこから自分なりのイラついた表現を考えなければあなたでなくても良い、ということになってしまいます。どうやって個性を育てるか、という方法論がなかったんです。

そこで不定調性論は先陣を切って

「勇気をもって自身の解釈を信じよ、突き進んでみよ」

ということにしました。

あなたは自分の中に、正直な小さな子供を見いだしてあげてください。そのあなたは、分別のある大人のあなたに対して、こう言います。嫌いなものは嫌い、好きなものは好き。そのあなたの分身の言葉にまずは聞き耳を立て、やがてそれを自分自身だと確信してください。

一人一人「運命の人」が違うように、思想も本来あなただけのものです。それは結局誰とも共有できないんです。

なんで恋人は共有しようとしないのに、音楽は共有しようと思うの?おかしくない笑?この先に向かうためには、人間ゆえにわがまま、矛盾を抱えている、ということを理解する必要があります。

 

意味不明なものに意味を与える

音楽の印象力は進化しています。

たとえばあなたの子供や大切な人が、超ヘッタクソな歌や演奏を披露したとしましょう。あなたは「下手だな」と一瞬思っても、それを吹き飛ばしてつい笑顔になってしまうでしょう。

そのときあなたはその「下手さ」を正直に伝えますか?

それとも表情がいい、とか、元気がいい、とか良いところを見つけた印象を述べますか?

もし後者であれば、それが不定調性論的な発想とも言えます。

大切な人に対してそうあなたが感じたことが、芸術だと思います。

自然科学ではありません。

その感情は音楽の良し悪しが生み出したのではなく、相手の行為全体が、あなたに与えた印象からあなたの感情が作り出した印象です。解釈の創造が起きているんです。

 

それを音楽だけを捉えて判断するのが機能和声が確立した方法論です。

真実を述べれば、音痴は音痴、ですからね笑、数値上は。

 

鬼コーチと呼ばれる人たちは、これを巧みに使います。

最初理論で「ずれているものはずれている」と論破し、徹底的に努力させ、結果治らなくても「その努力は今後役立つだろう」と賞賛します。

でもこれ、何の結果にもなっていない場合があります。

「なぜずれたのか」はDTMで録音すれば分かります。

しかし上達させるには、その人が「自分はできる」という印象を自分で持てなくてはいけません。そのためには自分の良い感覚を拾い上げあられるように、相手の素晴らしいところをくみ取って気付かせてあげる必要があります。

鬼コーチ論は、鬼コーチが自身の仕事を失わせないための論理の一つです。

でも本当に自己の可能性に気が付けば、1回のレッスンであとは独習だけで上達することもでき、二回目レッスンに来る必要は無くなります。

現代ではSNSがありますから、次回はその人の評判を聞きつけた別の人が来てくれます。だから現代においてはコーチにとって鬼コーチ論はそこまで必要ではないんです。プロモーション力があれば仕事はなくなりません。効率よく上達させないと鬼コーチが過労死します。

 

===

波の音、風の音、虫の音、猫の声などにあなたが感情豊かに反応するなら、これもまた音に対する"印象"を持った、ということです。これらの音現象へのあなたの印象感と、クラシック音楽やポピュラー音楽への印象に敷居を設けない、というのも不定調性論的な意識の展開です。 

 

非機能進行という用語からの脱却
不可思議な和声進行は「非機能進行」でいいじゃないか、という考えもありますが、「機能していない進行」が機能して音楽になるのはやはり変です。
それは「従来であれば機能しないとされた進行が持つ、新たな機能感による進行」です。
そもそも和音の機能は実際に「機能している」のではなく、聴き手それぞれの頭の中で機能しているだけであり、教育の賜物です。音楽は人の頭の中に入った時、その人だけのものになっています。これがとても大事です。それを「こう感じませんか?」というのはプロモーションです。MVによって曲から洗脳を受けます。

意味不明なノイズでも、現代絵画と一緒に流したら、それは意味を持ちます。

テンポ120の曲を1/4のスピードで聴いたら全く違う音現象になります。

なぜもっと"誤った聴き方"をしないのですか?あなたが聴きたい聴き方を見つけてください。その曲を早回しして聴いても、オーディオのデータを眺めて「聴いた」と言ってもいいんです。あなたがそれを望めば。そしてそれを表現として確立してください。

AD

     

====

こうしたことをなんとなくご理解いただき、あとは自由に「不定調性」という用語を使っていただいて構いません。

 

また、巷間で起こる不定調性論に対する評判は、私の紹介営業活動不足によるものですので、このブログを通して私の責任で可能な限り解決してまいります。

 

また、ご理解いただける音楽スクール、音楽教室、音楽大学の先生方には、ぜひ「音楽を独自に表現することの楽しみ」「未知の表現を求めようとする、若い創造性」を伝統的学習と並行してすくすくと伸ばしていただけるために拙論のようなアプローチを独自に上手に展開・ご活用いただければ幸いです。 

 

 

 AD