音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(動画解説・補足)不定調性論全編解説3〜音現象の心象を解き放つ★★★★

2017.10.8→2019.10.28更新

動画3本目の解説補足です。


不定調性論全編解説3〜音現象の心象を解き放つ

 

人は音に限らず、感覚器官が機能している場合に、その感覚器官を用いて感じた感覚に対して、何らかの心象を感じます。

   

目で見た風景に対する感情、聞こえる声、音に対する反応、嗅覚、触覚。夢、記憶。。。

こうしたものに「一切反応しない」という人は、通例社会の中でそれなりに生きている人の中にはおられないでしょう。

 

音楽は特に「音楽っぽいものと認識できるものを聞くと沸き起こる心象」のようなものがあろうかと思います。

音楽に対して熱心に聞くのは、「これはその人が作ったものだから」ちゃんと聞くだけ、かもしれません。でも鳥の声だって、海の音だって、地球が作ったものです。あなたの心臓の音だって、あなたの両親が与えてくれたものです。

それにどんな違いがあるのでしょう。自我がそれを「区別」しているだけです。

 

「そんなこと言ったら音楽って意味ないじゃん」

そう、そもそも「意味」などないのです。勇気をもってこれ商業的な価値は、それを許容したから存在するだけです。

あなたが不協和だな、と思ったら、音を変えるでしょうし、なんかつまらないな、と思ったら破棄するでしょう。「私は良くないと思うが、機械はこれが正しいというのでこれに従う」のであれば、人は必要ありません。人は傲慢なので自分の感じる正しさを優先します。音楽理論がそれに代替されるものですが、現代の音楽をもはや制御できないほどその価値が広がりを見せており、それが良いかどうかは、社会の声に委ねるしかなくなっています。しかしもしあなたが「みんなは良くないっていうけど、自分はいいと思う」という感情を捨て、社会的価値だけを追い求め自分にはわからない価値観だけを勉強していく人間しか存在しなくなったらそれこそ機械がその役割を担うでしょう。

価値観は統一されてはいけません。

不定調性論は、あなたが美しいと思うなら、それを信じよ、としてます。

これは大変危険な思想です。まかり間違えば犯罪を認める思想です。だから学習者はより一層理論的学習と、伝統への理解・責任を感じられる資質が必要です。

それを踏まえた上で自分の感覚を信じる、という訓練を行いたいと私個人は考えています。

 

ペンが床に落ちる音を聞いたら、恋愛ストーリーがいくつも浮かぶ、というような印象力を鍛え上げていくわけです。

しかし、それが鍛え上げられても、ヒット曲ができるかどうかとは関係がありません。

そこにあるのはあなた自身の思想と表現の完成、だけです。

 

同じバッハの曲を聴いても、印象は一人ひとり違うでしょう。

もちろん「あなたの感想や印象表現よりも優れた意見」というものが存在するように見えるでしょう(有名人の評価は一般人の評価よりも高い、としてしまう)。ときにはあなたが無名ゆえに「君はこんなことも知らないのだから音楽をやめたほうがいい」と言われるかもしれません。自分の正当性を主張しようとする人は、恐れを抱いています。自信のなさゆえです。「正しいという感覚を外部から埋め込まれている」人が多いように感じます。

否定されても自分の感覚を信じる、というのは非常に難しいです。でも社会は権威と価値の秩序を保つために自然とそう強いてきます。これが怖いことです。

10年後誰も覚えていない議論で否定された人が一生それを引きずる、というのは無意味です。

そのためには普段から、自分を信じる責任を痛感して活動をしていくしかないと感じます。

AD 

     

 

 

 

オクターブレンジ

f:id:terraxart:20171008101454p:plain

基音の振動数を足して列挙していくと、上記のようにオクターブを刻む音名に割り振られます。

f:id:terraxart:20171008101520p:plain

これらは基音の振動数×整数倍なので、上記のように倍数的に書き表すこともできます。1c=基音、2c=1c×2の振動数を持つ音、です。

つまり12音というのは、ある基音から生み出せる、ということもできるわけです。

f:id:terraxart:20171008101847p:plain

そこでそれぞれオクターブで区切られる部分をそれぞれレンジ1、レンジ2と名前をつけておきます。これらの出現音と、分割される状態を不定調性論では音楽を考える基本的な要素にしていきます。

 

この中で基音以外に初めて現れる音が五度音ですが、下記のように音程が分割されます。

f:id:terraxart:20171008103149p:plain

基音cがg音によって分割される時、完全五度と完全四度が出現します。この二つの音程は裏返しな訳ですが、不定調性論では、それぞれを起点とした音楽生成を考えることで、七音以上音楽と六音以下音楽を構築していきます。

同様にレンジ3では、C-E-G-Bbが現れ、完全五度と、完全四度を分割する音が出現します。さらにレンジ4では、倍音列音階とも言える集合が現れます。

 

そしてこれから先は自分で作り出すべきもの、とします。

自分の音楽理論は自分で作るべき、というスタンスです。

不定調性論は、既存の伝統的思想に順応しながら独自論を作り、既存の価値観と行ったり来たりしながら自在に自分が作りたい音楽を作るための思考モデルです。 

 

独自論は「これまでの考え方は間違っている、私のやり方こそが正しい」という宣伝手法で顧客を獲得しようとしてきました。しかし方法論はそれを作った人、または洗脳された人にしか通じません。

だから「ウチでなら伝統的に正統な知識を学ぶことができ、そこから独り立ちできるところまであなたが独自の方法論を熟成させるのをお手伝いします」というのが最も安心、という時代になりました。

そのためには伝統理論を批判したり、排除していたら学習者は学習初期に嫌になってしまいます。「結局この枠組みは最後は無くなるけどね」って言わなければ「なんで言わなかった」と言われ、言ったとしたら「覚えても意味なくネ?」となります。

 

「今学んだことがあなたの意識に感性を与え、考えずとも生まれる直感的答えの助けとなる」ということを知ってもらわなければなりません。

 

b9thの響きや美しさをまずしっかり覚え、その後で、いつそれを使い、いつそれを裏切るかを判断できるような直感を鍛え、さらにその判別を理屈や伝統ではなく、自分の判断で自在に行えるようになるまでサポートすることで、はじめて知識が独自の武器になると思います。

 

理論的正当を植え付けるために、個人の考えを否定するのは洗脳です。

本人がどのような可能性を秘めているのかもわからずとりあえずメジャーな考え方を優先して受け入れさせるのは洗脳です。

その個人の一生を面倒見れるならそれでもよいのかもしれませんが。そして社会はこの洗脳で秩序が保たれていることも事実です。また、その秩序があるからこそ変態に別の価値が生まれるのも確かです。

 

あなたがその音に対してどう感じるか、なぜそう感じたか、ということを不定調性論に切り込んでいく前にじっくり考えて頂ければ幸いです。

 

music school M-Bank 不定調性音楽論一般教材お申し込みフォーム