音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

Yesterdayで考えるVIIm7とかアヴォイドとか感性の話〜ビートルズ楽曲topic

2917.9.28→2019.9.18更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「Help!」4

夢の人「I've Just Seen A Face」の記事はこちらです。

イエスタデイ - Yesterday

open.spotify.com

オリジナルキーはFです。

通常ダイアトニックコードのVIIはVIIm7ではなく、VIIm7(b5)です。

F |Em7 A7 |Dm Dm/C |Bb C7 |
F |Em7 A7 |Bb F |

F |Em7(b5) A7 |Dm~
が"正しい機能和声解釈"です。でもこれだとメロディと合わないんです。
ポールは完全にEm7に合うメロディを作っています。時々ポールが使う進行です。

 

メロディラインも「メロディックマイナースケール」で最初の部分ができています。
"yesterday all my trouble seemed so~"
のmyとtroubleの音に#がついて、bとc#になっているんです。そうすることによって母体となる音階が、
d-e-f-g-a-b-c#
となります。 Dメロディックマイナースケール(旋律的短音階)です。


でも別にポールはメロディックマイナースケールを使おうとしたのではなかったかもしれません。そうなっちゃっただけかもしれません。

 

またリディアンモードの七つのコードは、
IM7-II7-IIIm7-IV#m7(b5)-VM7-VIIm7-VIIm7
です。


ここにIM7とVIIm7がでてきます。

I-VIIm7のコード進行が作れますね。IM7とVIIm7を持つモードはリディアンだけです。

これにより、IM7→VIIm7はリディアンの特性進行だ、とか言います。

 

Fリディアンは、
f-g-a-b-c-d-e-f
です。


知識として知ることより、もしこの感じがかっこいいなぁと思うなら、自分の曲でも使ってみるといいでしょう。理論的な理解は理屈の理解よりも使用感の理解が先に来るとわかりやすいです。

 

展開部
A7sus4 A7 |Dm C Bb Dm |Gm6 C7 |F |
A7sus4 A7 |Dm C Bb Dm |Gm6 C7 |F |

ここではGm6が取り上げられます。
演奏はGmでも良いのですが、メロディが♮6thの音を用いています。
この音と歌詞「I don't know」という響きに取り戻せない昨日感、やるせない今日感、変わりないだろう明日感の雰囲気がちゃんと出ていてインスピレーションをえぐってきます。

アヴォイドノートの使用ですが、メロディックマイナーのVI度などで昔から使われていますし、ここでも不協和というよりも切実な傷心というイメージが効果的になっています。


この曲では冒頭にメロディックマイナーの旋律が出てきますので、ここでの6thはとても統一感を感じます。この辺りのバランスや、繊細な音利用の感じからもポール・マッカートニーという人の凄さを感じます。

 

エンディング


F G7 |Bb F |

このG7はドッペルドミナントです。II7です。
これを、
例;F Gm |Bb F |
としてみてください。これでも歌えますが、G7にした方がお洒落になりますよね。
しかしこのG7はドッペルの役割を果たしていません。

Vである Cにいかず、IVであるBbにいくからです。しかし
例;F G7 |C F |
では、「あの美しいエンディング」にはなりません。音楽として成り立ちはするけど。つまり

「II7はドッペルドミナントだ、などと常に思うなかれ。」

という事例です。

ポールはメロディを先に作るタイプでもありますので、コード進行に左右されないという天才性もあると思います。

ぜひ、ポールのメロディ研究も興味のある方はしてみてください。

 

夢の人「I've Just Seen A Face」の記事はこちらです。