音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

マイナーコードはなぜ悲しい響きがするのですか~不定調性論の挑戦

2017.9.10→2020.7.23更新

科学的解明を待つ間にやるべきこと

「マイナーコードってなんで悲しい感じがするの?」二年に一度ぐらい、この質問を受けます。

この短調認知問題の科学的解明が待たれる中、いま大切なのは

「あなたが今そう感じた」

ということです。音楽家ならそれをどう活用するかを考えるかが有意義だとすぐ気付くでしょう。またそう感じる、ということを活用して音楽理論・制作・鑑賞を展開する方法論が不定調性論です。 

 

そのときにこう答えたりしてました。

では、カレーライスはなんでおいしいのか、と。

このときカレーがおいしい科学的根拠を知りたいなら科学者に、芸術的根拠を知りたければアーティストを目指すべきだと思います。

 

以下に文献を引用します。理解しようとしなくていいです。

いくつかの機能的脳イメージング研究では、「喜び-悲しみ」(Khalfa et al.,2005; Mitterschiffthaler et al.,2007)、「音楽的な美」(Suzuki et al.,2008)、または「好み」(Green ret al.,2008)を研究するために長調と短調の音楽が使われた。しかし2つの研究(Khalfa et al.,2005; Green et al.,2008)で短調と長調の音楽を比較した際の前頭前野内側皮質(BA10m/9m)の活動以外、これらの研究で一致した結果はなかった。

 

ポジティブな情動を誘発する音楽への反応の際には、右の前頭葉に比べてより顕著な左の神経活動を報告した。そしてネガティブな情動を誘発する音楽では優位半球は逆であった。これらの研究の1つ(Altenmuller et al.,2002)はDC脳波を測定し、他の研究(Schmit & Trainor, 2001)ではα帯域の振動性の神経活動を測定した。

 

情動もしくは混合した情動の強度、そして時にはその特性も時間とともに変化する。しかし、情動処理の時間的経過についてはこれまでにわずかしか分かっておらず、情動的なエピソードの異なるステージに関わる神経基盤については不明である。

「音楽と脳科学」S.ケルシュ(2016)より

 

つまりほとんどまだ分かっていないんです。

この簡単な問いにまだ脳の研究は答えられていません。だからと言って

「わからないから無理」と言っていては、感情が生まれる脳の機能を意識的に扱うことができません。数学の未解決問題と違って、音楽を聴いて感じる情動は、確かに自分の中に存在するからです。答えが先にあり、その計算過程がわからないだけなのです。

 

 

ここでは、不定調性論的な視点から、音楽における情動について考えてみましょう。

この問題、本当にその感覚は自分で得たのか、それとも誰かから聞いた話か?でもだいぶ異なります。自分で感じたならある種の共感覚的知覚が備わっていますから、芸能的素養があるかもしれません。

 

東京音頭は悲しい?

たとえば『東京音頭』は、いわば短調的(ラシドミファ)ですが、この曲、悲しいイメージします?

東京音頭 - YouTube

もし「悲しい」(又はその人の内で類似する感情)、を感じたなら、本当に「悲しい」というイメージだけですか?

この感覚的知覚を追求して行きつく結論は、

自分が本当にそう感じるのであれば、その和音は今の自分にとって、そういう存在足り得ている

としか言いようがない、となると思います。

逆に自分が感じたことを無視したり、卑下したり、逆手にとって誰かを罵倒したくなるのなら、あなたは自分に自信がないので、あなたの自己評価を上げてくれる良い先生を探すべきです。

あなたが音楽家なら「その感情的解釈を音楽表現にどのように活用するか」が問題になるべきでしょう。感じた感情を音にできなければ音楽家になれません。楽器でピアニッシモを表現するには相応の技術が必要です。感じるだけでは不十分で、さらにそれを音楽にできるかどうかが長年を要する鍛練ですから、早く鍛練期に入らないと間に合いません(プロになるには一万時間練習が必要?)

 

あなたは歌で「悲しさ」をどう出せば良いのか具体的に解説できますか?

解説できずとも短調の曲を美しく演奏できれば制作できればOKですし、できなければできる技術を磨く必要があります。

 

感性とスキル、メンタルとフィジカル、心技体。

 

たとえばその曲を友達も「悲しい」と言った、としたら、あなたの「悲しい」と、友達の「悲しい」が等しい、となぜ言えるでしょう。

 

なぜ悲しいのか、の脳内理由を解明したいなら、やはり科学者にならないといけません。そういうことを先生と話し合って、今勉強するべきこと、将来への準備を決めるといいと思います。

 

 

マイナーコードは連続すると暗くない 

Bb-Cm-Dm
と流れる時、間で経過するCmもマイナーコードですが、私はあまり暗いと感じません。

(こちらで音で聞けます→)https://rechord.cc/WLdL3td2O3s

(Bbメジャーキーを先に感じてしまうことでCmをCm/Bb△=Eb6/Bb的に感じるからでしょう。)


感情は複雑な脳というブラックボックスを経由して意識の上に生み出されます。

人は知識として理解するより先に、反射的に感情を感じます。

まるで考える前に計算機で答えをはじき出すように。

科学者であればこの原因を解明しなければなりません。

音楽家はそれを豊かに使えばよい、と信じています。

不定調性論は、「科学的根拠ではなく、この湧きあがった感情そのもの」を動機と直結させて活用します。それを音楽理論で理解するステップを飛び越えます。

だからその情感を音楽で表現しようとするフィジカルの鍛錬にすぐ移行できます。

理論を知らずひたすら曲を作りまくった人が作曲家になれるのは、作る経験、クオリアを表現する技術が熟練したからです。


短三和音はなんで悲しい響きがするのか、という問題意識自体が実は表面的過ぎてまだまだユルユルなわけです。

先人はどんどんその先の表現にすすんでいます。根拠を探すのではなく、そう感じたことを活用することに徹したほうが音楽家としてはその表現達成への道がちょっとだけ早いわけです。

 

天才たちは短調を超えて表現する

他の楽曲の例もたくさんあるでしょう。以下は例えば、です(記事を作ってる時にたまたま触れたアーティストの楽曲から)。

・ユーミン氏は『ツバメのように』で自殺をテーマにしながらテンポの良い曲を書いています。それは悲しみという枠組みを越えて、もっと何か別の悲しみの果てのドライな感受性にさせてくれます。短調の先の"新たな悲しみの表現"が模索されています。

 

・『神田川』は、暗い歌、的に言われますが、学生運動が頻発した時代の不穏な時代の中で、闘争を求めるか、家庭を求めるか、つい女性の優しさに惹かれて自由への闘争を見失いそうになる男性を描いた、映画の1シーンのような断片歌です。当時の一時をただ懐かしんで削り取るのではなく「貴方は もう忘れたかしら?」の一節によって、いつの時代までも思い出され歌い継がれる歌になっていると感じます。どちらかと言えば内容は甘酸っぱい歌です。"日本人の情感に訴える深みのあるマイナーコード"だと感銘を受けます。これを古くさい、と感じるか、懐かしいと感じるかであなたが作る音楽も変わるでしょう。そして齢取ると変わるよ笑

 

・『あの素晴らしい愛をもう一度』は、実はとっても暗い内容の歌です。曲調が明るいことで、暗いメッセージを昇華させ意味そのものを変質させる、という効果が起きています。これは「ツバメのように」と同じです。明るい曲調で歌う「悲しさ」はだいぶ以前からポップスでも作曲技法のひとつになっていたといえます。

 

・『We are the world』も、前向きな曲調ですが、その歌が生まれた背景にはたくさんの悲しみや絶望があったわけで、その先の一縷の希望が描かれているという意味では、とても切ない曲だと思います。それを短調=悲しさ、のより先の表現として昇華し、音楽家は悲しみの先にある希望を表現することで世界の切なさを訴え、進化させてきました。 

 

先達の音楽は、すでに短調=ネガティブという表現・概念を越えています。だから勉強して、あなたもどんどん自分の感じ方を鍛えましょう。マイナーコード=暗い、で止まっているのは、数学を足し算引き算だけやって「算数は退屈でつまらない」と思っているようなものです。

"ちょっと知るなら、何も知らないほうが良いんだよ、、芸術なんて。"

って教わりました。

 

短調は暗い、マイナーコードは悲しい、はあくまで音楽理解の最初の一歩です。

とても大切な気づきです。

「何故短調に悲しみを感じるのか」ではなく「自分の内にその情感を産み出してくれた」という事実が大切になります。当然それを感じない人もいます。人種間の違いのようなものもあります。その仕組みの発見は科学者に委ね、音楽家であるあなたは今感じたことを音楽にしましょう。それが現在唯一の事実になるからです。

 

mより暗いdimは絶望?

また、この理屈でいうならマイナーコードより暗いdimは絶望なのか?という話にもなるでしょう。

S.Wonderの『Christmastime』の下記0:06

open.spotify.com


のII#dim7はいかにもクリスマス!!って響きがしませんか?

dimコードはアニメや映画などでの危機一髪シーンでも使いますが、型どおりに思いこんでしまうと、クリスマスの曲で使う、という発想は生まれないと思うのです。またクリスマス=絶望、でもありません。これは伝統的なクリスマスソングアレンジの内にdimアレンジがあり、それが耳に馴染んでスタンダードかされた、と考えて良い事案です。

 

和音の響きは、その前後関係によって元の響き感を変質させ、多解釈を生み出せる

不定調性論では機能や調がないので、和音と和音のつながり、音現象の質感に対して、あなたが何を感じたか?が大切になります。他人がどう言おうと、教科書に何て書かれていようと、あなたがもし感じた感覚があったなら、それを信じる力が必要です。

自分を信じるには勇気がいります。

 

現代って、やっぱり未来の人から見たらまだまだ私たちにとっての江戸時代、みたいなものでしょう。我々はまだ何も知らない、はずです。

また逆に現在は未来よりも自然が豊富で、のんびりと自由に生きられる時代かもしれません。

だから「マイナーコードは悲しい」なんて言わず笑、切なさを次の希望に変える音楽家になっていただきたいです。

人生に嘆いてもそれでも作品を残した過去の歌人達は偉大だ、と、自分が大人になり人生に苦しんで初めて実感しました笑。中学の頃は分かりませんでした。

 

今の私には、マイナーコードの響きは、「マイナーコードの響き」そのものであり、そこから先の感じ方はいつも違います。違うことを楽しみたいです。

   

短調の前に切ないのは人生自体

人生は切なさを感じることのほうが多いですからね。

マイナーコードの響きに対して単純に、人生で日々感じてしまう機会が多い感情を喚起させているだけなのではないでしょうか。それは母親の胎内にいる時からそれを感じ、母親が悲しさを感じたから、きっとあなたにも影響されたのだとイメージしたり。

悲しみを感じたw時。逆に興奮してアドレナリンが出て踊ってしまうような母親であれば、きっと胎児も違った感覚を持って生まれてくるのではないでしょうか。

 

なぜ皆、人生に切なさを感じるか?なぜマイナーコードに切なさをあてがうのか?

が本当に問うべき問いかけなのかもしれませんね笑。

 

私の最初の強烈な短調の記憶はベートーヴェンの「運命」です。

あの肖像画といい、音楽の先生(小学校?中学校?)の熱弁といい、ハ短調の曲ですが、「怖さ」を感じました。短調にはそれ以後、怖さを感じ、「怖さがぬるくなって、微熱を帯びたもの」=悲しさ、とイメージするようになりました。「悲しさ」は怖さの一種だったんです。自分には。そして悲しさから憂いを差し引くと「美しさ」が残ると思います。

「悲しみ」なんて誰も感じたくないです。音楽の作る悲しみは音楽でしか感じない「独特の怖い感じ」がします。

現実の悲しみとはちょっと違うと思うんです。

自分は、短調に「悲しみを模した美しさ」を感じているのだと思います。コメントいただいたようにヘヴィーメタルのマイナー曲には逆に「絶望から立ち上がる決意」のようなかっこよさを感じる時もありますね。ヒーローの悲哀みたいな。

 

音楽の悲しみが現実に関係ないと言ってもモーツァルトの葬送曲を毎日聴くわけにはいかないと思います。

open.spotify.com

これ聴いて「よっしゃ!!今日もピーカン天気でぶち抜くぜ!!!!」と思う人がいたら、あなたは天才です笑。早く作曲の技術を学んで曲を作って人類に新しい価値観を提供してください。

 

もし幼少時から、めちゃくちゃノリノリのシーンでこのレクイエムを流す人生だったら、おそらくまた感覚は違ってくると思います。

夕方に街にやってくる灯油屋さんのメロディとか、そこまで悲しくないけど、すごく切なさを感じた記憶があります。あれは時間帯と、冬の寒さと、自分の今の境遇と、色々感じたからでしょうね。人生はだいたい切ないのか・・なんでだ笑!

切ない=平和

でしょうか。「悲しみを感じていられる余裕」とかってよく多忙な方に指摘されたりします。紛争地域にいたら、全く違う価値観になるでしょう。

 

自分がそう感じたから、で成り立つこと

最初の問です。マイナーコードがなぜ悲しい響きなのか、は

「自分がそう感じたから」

としてみましょう。他者に感じ方を影響されることすらあります。

それでも最後はあなたがそれを感じることを許諾しているからそれを感じるんです。

 

あなたが今想ったことを大切に。

考えても出てこないことを考えるより、感じてしまったことが今の答えでは?

音楽の謎=脳の謎、ですから、これにハマると人生を失います=はい私です。

不定調性論の記述はあなたが同じ謎迷路に迷い込まないように注意して書かれています。

もし音楽の深淵を感じたらその根拠を追求するのではなく、どう自分の音楽表現に使うか、にすぐ切り替えてください。その探求はいずれにせよ人生を捧げることになるのでもしいろいろ感じておられるなら一度ご相談ください。

 

その他楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

ギターのEmコードは、ギターサウンドマイナーコードの王様ですね。

f:id:terraxart:20200719171138p:plaintopic image

 

クラドニ図形

追加のトピックとして、

www.youtube.com

クラドニ図形というものがあります。音の振動が物体の表面の振動の起伏に応じて様々な波紋を作るという現象です。

音が耳に入った時、細胞が音に接した時もやはりその振動数によって脳や体の中の組織一つ一つにおいてなんらかの共鳴を伴う科学反応または振動や電気信号の電波が行われていると思うのですが合っていますか?

鼓膜からそれぞれ電気信号になって脳の中で様々な波紋を作るのか、他の段階でそれが起こるのか、私には全くわかりませんが、振動数のパターンで様々な感情部位を刺激してそういった情動反応が自動的に表出する、と言われればなんとなく納得できるんです。

またこれが似たような人体構造では似たような反応が起きる、というのも個体の類似性ゆえであり、これも納得です。だいたい誰でも同じような部位が刺激され似たような情動が生まれ、猫や犬ではそのようには感じない、というのもなんとなく種の違い、としたら納得です。猫が知能が劣るのではなく、そういった共鳴は起きていない、というだけだとしたら(ネコが人より優れている部分がないわけではないので)。

肉体構造の類似性によって、マイナーコードに対してそれなりに似たような反応を共有できる、みたいに考えたり。

 

そうなると、マイナーコードが悲しいのではなく、マイナーコードの振動数の波紋が脳の同じ感情部位に共鳴し似たような情動反応を引き起こしているだけ、となります。

これは100%科学です。どこかにこういう論文がありそうだけど。

知ってる人は教えてください。

 

振動数の波紋と共鳴と個人の情動、経験、記憶、知識、などが絡み合って様々な音楽的感情反応を個体別に引き起こす、としたらその脳機能を人間はいつ完全に解明できるでしょうか。

 

しかしながら、音楽家は確かに他の人よりも豊かにそれを感じています。それおメロディに変換できる能力があります。それはなぜ?と言われたらもう何から考えてよいのやら。逆に言えば、そこまで解明できて初めて「なんでマイナーコードを聞くと悲しみを感じるのか」の答えとして完璧ではないでしょうか。

これもまたなんらかの個体別特性や特有の遺伝子が関わっている、とかだと私は無知すぎます。

 

と、なれば、このモヤモヤの状態のまま音楽をやるには、やはり最初の答えに戻ります。

「現段階ではその解明よりも、それをそう感じた、ということを事実として受け止め、その響きをもっともっと豊かに感じて音楽に表現していこう」

となると思います。

ひぐらしの声とか、「愛してる」っていう歌詞の言葉にも脳が「切なさ」を感じる、としたら、もう解明の糸口すらわかりませんね。

 

あ、今感じた切なさは、さっきのピアノの音が脳の"右23番地の切なさ関連の部位"が刺激を受けたからだ!みたいに視覚的に脳の反応部位を把握する日が来るんでしょうか。

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ほら、怖くない?巨匠、やはり笑顔で映るわけにはいきません笑

「運命」って感じのジャケになります。メタファーが効いてます。

 

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第9番「合唱」他