音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

"Nevermind" 4 / Nirvanaのコード進行研究

2017-09-06→2019-8-26(更新)

前回

www.terrax.site


   

9曲目"Lounge Act"

open.spotify.com


パターン1
B B/F# |G C |
パターン2
E A |F#G|×4
A |G# G |×2

比較的これもポップに感じます。一瞬POLICEかと思うくらいです。
しかしコードを紐解くと変です。これも一小節に二つのコードをおいています。
パターン1は、B-F#-G-Cと考えても良いでしょう。これは五度進行と半音進行が組み合わさっていて斬新です。


10曲目"Stay Away"

open.spotify.com


パターン1
D B |F C |
パターン2
D |D |F# |F# |
繰り返しの美学がトランス状態に誘ってくれます。このアルバムで用いられた一小節に二つのコードという"セオリー"を活用して、世界観を統一しています。

D-B-F-Cどれが主和音でしょう。音楽理論で紐解こうとするよりも不定調性だ、と考えたほうが私は面白いです。

調がどう動いているか分からないと、分析したことにならならい、なんていちいち思っていたら多様な音楽が示そうとしているまだ見ぬ価値観を発見することはできない、と思います。

 

     

 

また、このカートの作曲法は、コード進行に対してメロディはいつでも浮かんでくる、という素養が前提にあります。

もし

「法律なんてこの世にいらない」

という文章にダークなメロディを一瞬で載せられない人(ラップなどのメロディのない旋律でもデスボイス等でも..なんでもいいのでこれを自分がしたい表現として察知できて、表明する姿勢があればOKです)は、残念ながら不定調性論的思考で音楽はできません。

本当は「メロディはどう作るのか?」から始めないといけないのですが、これはコンピューターにどうやって心を作るか、という命題に似ていて、とても現代ではまだまだ難しいかな、と思っています。

だからあえて万人が適用できる方法論ではなく、メロディはいくらでもできるが、どうも一般的音楽理論に沿っているとは思えない、というやり方を持つ人に向けて不定調性論は役立たせようと感じています。

 


11曲目"On a Plain"

open.spotify.com


パターン1
D G |F E |
パターン2
D C |C# A |
パターン3
D G |F/Bb |
パターン4
F E |A G |
四つのパターンのある曲です。

この曲でのF/Bbのパートは、五度音楽の真骨頂とでも云うべきコード感を持っています。

たとえば、Cgという五度コードだと、これに対するコードがGcです。
つまりルートがひっくり返ったコードです。
ニルヴァーナはこの二つのコードが醸し出す雰囲気の違いを上手く使い分ける事によって得る感じの違いを知っていたのではないでしょうか。

 

ギターのある人はかき鳴らしてみてください。
C5 |C5 |C5/G |C5/G |

f:id:terraxart:20210417111221p:plainC5

 

f:id:terraxart:20210417111218p:plainC5/G

この二つ、響きが似ています(使用する音は同じ)よね、だからといって音色が持つ情感は同じではありません。

 

では次も弾いてください。

C5 |C5 |F5/C |F5/C |

f:id:terraxart:20190826185820p:plain

 

に移動するだけです。

このパワーコードがひっくり返ったコードが「弱いパワーコード=Powered 4th」です。でも
C5 |C5 |F5 |F5 |
これとはイメージが全く違うと思います。

f:id:terraxart:20190826185858p:plain


この強弱の差、雰囲気の差は、カートにとってはメジャーコードとマイナーコードという違いぐらいの雰囲気の差はあったんじゃないでしょうか。

 

ニルヴァーナは、強いパワーコードと、弱いパワーコードをメジャーコードとマイナーコードの違いのようなニュアンスで使い分ける事によって、「ニルヴァーナによる五度四度の強弱による灰色(または明暗)の調性」を表現できていた、という事になります。

あ、パンクやロックでは当たり前でしたね。

 

これは推測ですが、マイナーコードではカートには強過ぎた、のかな、もしくは、辛すぎるコードだったか。または「敵」みたいな匂いをさせていたか。

それとも、単純によわよわしいダサいコードだと思ったから使わなかったのか。

実際カートにマイナーコードは合いません、いや、グランジにはマイナーコードは合わない。そんな押し付けがましい弱さとか悲しみとか見たくねぇ、のです。


12曲目"Something in the Way"~"Endless, Nameless"

、、と、言っていたら。

 

open.spotify.com

 

最後の12曲目は

 

Em |C |

 

ここでマイナーコードが出てきました。もう絶望感たっぷり。こんなに意味の重いマイナーコードもなかなか見られません。

バッハのバイオリンの"シャコンヌの冒頭のDm"の時に感じた強烈なマイナーコード。

www.youtube.com

このEm |C |というコード進行は、有名ですね。

普通に弾いても焦燥感とかがあるのに、カートがやったら、もう病的です。
しかしアルバムの最後を飾るにふさわしい曲、に思えてきます。

 

Emというコードはギターの元素みたいなコードです。野太く、他のコードとは存在感が違います。勝手な想像ですが、当時のカートに許されたたった一つのマイナーコード、というような印象も受けました。

「敵」の中でもラスボス。

彼は自分に人生の辛さを強要してくるマイナーコードの、しかもラスボスとここで面と向かっています。しばらく聴いていると、この曲はそれまでの灰色の調性からすると「美しさ」があります。

そういうこと考えてやったの?それとも適当にやってこうなったの??

_

そして虚無の10分間(CD盤では)。

これが意味している所は様々でしょうが、なんだか不気味ですよね。賢者タイム。

この手のやり口は当時の様々なCDでありました。

隠しトラック - Wikipedia

www.udiscovermusic.jp

結果的にこの10分間も一つの楽曲だと私は感じます。このアルバムの性質から、

「いろいろ頑張ったけどさ、なんも残りゃしねーんだよ」

と達観してるかのようであり、また

「お前らが感じてる価値なんて、なんもねーんだよ俺たちには」

と言われているようです。この空白はマイナーコードよりはるかに悲しい、と感じました。ニルヴァーナの表現力いろいろすげー、みたいに思ってしまいます。

偶然こうなった、意図的になんとなくこうした、のかもしれませんが、驚きを超えて不気味さしか感じません。

 

open.spotify.com

ヒドゥントラックではさらにコードは

B |G? |またはB |A#? |またはB F#/Bb? |

と判別の難しい響きになって文字通り混沌を作っていきます。

 

アルバムの一曲目で統率の取れていたサウンドが徐々に崩壊し、まるで音楽に、人生に、型どおりの価値観に飽きていくように、または造り上げたポップグランジというジャンルを、またもとにリセットして、耳障りの激しいグランジにたたき落とした、という印象すら持ちます。

 

自分が魅せられて、のめり込まされて、人生を狂わせて、結局裏切られた音楽をレイプするような曲。カートらしいと言えばカートらしいです。

 

こうしたコンセプトをはっきりとリスナー一人一人に自在に感じさせてくれるアルバムが素晴らしくないはずがありません。

 

「え?こんなエンディングあり?」という映画のように、このバッドエンドが意味するところを探るのは各自の自由なので、そこには言及しませんが、まさにぱっとできあがって、誰にも残さず余すことなく自分で味わい尽くしてぱっと崩れさった「楽園」の姿でも見るようなアルバムでした。

 

これからの若い世代が一度は通り過ぎる重要な"負の感情を完璧に表現しているアルバムの例"ですね。

 

一つのコンセプトでくくった"CDアルバム"という商品価値をもった数少ない作品だと思います。

 ネヴァーマインド<デラックス・エディション>

doing-art.co.jp

このジャケット写真、何を意味しているとあなたは感じますか?

このアイディア自体が未だにミステリー、ということです。思いつきでやったにせよ、その時のカートの頭の中がそうした、というものであることは間違いありません。

これこそ言葉にならないものを表現した、と言っていいと思います。

「水」「赤子」「裸」「浮かぶ」「青」「光」「陰茎」「1ドル札」「泳ぐ」「泡」「釣り糸」

という言葉からあなたはどんなことを想像しますか?

それこそがこの当時のカートの心境そのものなのではないか、という気もします。

それは意味ではなく、やはりイメージのぼんやりとした集合体で、それが限界でもあり、それが彼のやりたかったことの限界、最終形のように思います。

それやり尽くしたら倒れるレベルの何か。

 

今回はこのアルバムをコード進行や、その和声の特性という観点のみから見てみました。もっと分析対象はありましょうが、十分お腹いっぱいです。

 

改めてNevermindの"表現された痛々しい不気味さ"に惚れ込みました。