音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

スティービー・ワンダー"Golden Lady"のIV#m7からその先へ★★★★

事例67 Golden Lady (CDタイム 0:41-) 

open.spotify.com

スティービー・ワンダー レポートの目次は下記です。

M-Bankスティービー・ワンダー楽曲(コード進行)研究レポート公開シリーズ2

 

AメロのIV#m7への変化感が意表をついてくる。Bメロはジャズ進行のように転調を繰り返し、Cメロではスティービーらしいクリシェで固められた表現がされている。

II♭M7感を用いており、GM7において同主長調への変化も見せている。

後半は、このCメロ半音ずつ、頭のコードがCmになるまで、つまり完全4度まで五回上行して転調している。転調によって高みに登るタイプのパターンである。

上がる転調があるならば、下がる転調の技法も彼なりに研究されて出されても不思議ではないが、これについては上がっていくことに徹している。これはゴスペルなどの「昇天」のイメージがスタイルとしてあるのかもしれない。

 INNERVISIONS


Aメロ
E♭M7 |Fm7 |Gm7 |Am7 D7 |
E♭M7 |Fm7 |Gm7 |Am7 D7 |
Bメロ
E♭M7 |B♭M7 |A♭m7 D♭7(13) |G♭M7 |
G♭m7 |Bsus4 B7 |Am7(9) |D7 |
Cメロ
Gm GmM7 |Gm7 C7 |A♭M7 |A♭M7 |
Gm GmM7 |Gm7 C7 |A♭M7 |A♭M7 |GM7 |GM7 |Fm7 |B♭7 |
=degree=
Aメロ key=E♭
IM7 |IIm7 |IIIm7 |IV#m7 VII7 |
IM7 |IIm7 |IIIm7 |IV#m7 VII7 |
Bメロ 
(key=B♭)IVM7 |IM7 |(key=G♭)IIm7 V7(13) |IM7 |
(key=E)IIm7 |Vsus4 V7 |(key=G)IIm7(9) |V7 |
Cメロ key=Gm
Im ImM7 |Im7 IV7 |II♭M7 |II♭M7 |
Im ImM7 |Im7 IV7 |II♭M7 |II♭M7 |IM7 |IM7 |(key=E♭)IIm7 |V7 |

   



キーの指定は、目安です。
このAメロのAm7はII-Vの形を取りながらもD7→AM7とかD7→D♭M7とかには進行せず、Aメロを繰り返します。
でAm7自体は、E♭のキーで言うとIV#m7に当たりますから、作曲される方の中には一瞬変??と感じる方もおられるかもしれません。
このIV#m7については前回のユーミン全曲研究でも出て来なかったと思います(IV#m7(b5)はありますが、性質が全く違いますのであしからず。IV#m7(b5)=Im6の転回です)(山下達郎氏の「Ride on Time」に転調的コードとして出てきます。

====
作曲される方は、

IM7-IIm7-IIIm7...

と続く、いわゆるダイアトニック進行をさんざん使い倒されていることでしょう。

IM7-IIm7-IIIm7-IVM7

と流れますね。これを逆行させれば、

IVM7-IIIm7-IIm7-IM7

で、「Lovin' You」になります。こういう順次進行のことを「ダイアトニック進行」等と呼ばれます。

====
これに変化をつける手法として、

IM7-IIm7-IIIm7-IVm7

とか、

IM7-IIm7-IIIm7-III7

IM7-IIm7-IIIm7-IV#m7(b5)・VII7

IM7-IIm7-IIIm7-IIIb7

とかが発想として作りえます。
IM7-IIm7-IIIm7が非常に調的なプレッシャーをかけてくるので、IIIm7のあとに変なコードを置くと、違和感が半端ではありません。

スティービーもこのIIIm7のあとにどんなコードが使えるんだろう、と当然考えたと思います。その時のひとつの実験がこの曲のIV#m7だと思います。
そして、この強烈な違和感を和らげるためにII-Vの形を取っています。で、このII=Vがしっかり機能しないところがまた良いところです。

=======

そもそも機能で和声を考えると、IV#m7に違和感があるでしょう。
同Golden ladyの後半にサビが最初に転調する瞬間も唐突にやってきます。
「転調するぞ!」なんて心の準備は与えられません。結構いきなりきます。
でもこれに慣れてください。
すると「調」とか「既存の流れ」への束縛がなくなり、

Dm7-G7-CM7



Dm7-G7-BM7

も同じただの「和音の連鎖」であることが分かるはずです。

すべてのケーデンス感は、個人に刷り込まれた感覚であり、これを研ぎ澄ますなり、肥大させるなりしないと、おんなじような展開しか作れなくなります。
学習による弊害、です(でも決して悪いことではりません、早い段階でここで悩んだ人しか先に進めませんし)。

=====

E♭M7 |Fm7 |Gm7 |Am7 D7 |
E♭M7 |Fm7 |Gm7 |Am7 D7 |
degree
IM7 |IIm7 |IIIm7 |IV#m7 VII7 |
IM7 |IIm7 |IIIm7 |IV#m7 VII7 |
これを再度見てください。ここにはいくつも「進行感の連鎖」があります。

まず
IM7 |IIm7 |IIIm7
ダイアトニック進行感です。良く聴く進行です。


<スポンサーリンク>

     


そして、一つ飛んで、
Am7 D7
これ、単品で見たらII-Vです。
CM7 |Dm7 |Em7 |Gm7 C7 |FM7
みたいにしたら、「ああ、はいはい」みたいに感じる方いらっしゃると思います。

この惰性を超えるための手段が同曲の
E♭M7 |Fm7 |Gm7 |Am7 D7 |
です。


メジャーコードだけのコード進行で数々の世界的ヒットを飛ばしたビートルズがライバルだった時代、スティービーはマイナーコードだけで展開できるコード進行をいくつも打ち出しています。
だから、このGolden Ladyの進行は彼の持ち駒のひとつ、マイナー7thの連鎖の技法なので、「スティービー語」なんですね。

でGm7-Am7の違和感を取り除くのがAm7-D7という流れです。既存感覚として染み込んだII-V感を用いることで、瞬間的な違和感を同様に瞬間的に回避しています(当然II-Vが染み込んでいない人はまずそこまでたどり着きましょう)。


そして最後に、

|Am7 D7 |E♭M7 |
です。このD7は半音上がって主和音に流れます。
これはIIbM7感またはVIbM7感の借用です。

Dm7 |G7 |C#M7 |CM7 |

とか、

Dm7(b5) |G7 |Cm7 |A7 |Dm7(b5) |G7 |AbM7 |DbM7 |CM7 |

みたいな感じで、ふわっと飛びあがるコード感があると思います。これを覚えておけば、

|Am7 D7 |E♭M7 |

これも必然性が出てくると思います(つでも候補として使えるようにしておくこと)。
=====

その先を述べたいと思います。

幾つか疑問があると思います。

「なんで、スティービーはこうしたコード進行を発想できるのか」

これについては、スティービーレポートでは「目が見えないから」と書いています。もっと書けば、目が見えないことを活用した、と感じました。

こう考えてください。

CM7-Dm7-Em7-FM7

が、朝、シャキシャキと職場へ闊歩するイメージだとしましょう。次はどうでしょう。

CM7-Dm7-Em7-Fm7

急にドラマチックに私は感じます。では、

CM7-Dm7-Em7-F#m7

は、どうでしょう。抽象的になりませんか?
景色がない、というか、景色では表現できない、というか。
でもスティービーは景色など見えません。常に頭の中の抽象的なイメージを具体化しているのみです。

だから、

CM7-Dm7-Em7-FM7

CM7-Dm7-Em7-F#m7
も異なるイメージ、というだけで、べつに後者に対して「イメージが薄い」などとかんじないのではないか、ということです。

私たちもこれを活用できると思うのです。

CM7-Dm7-Em7-FM7

CM7-Dm7-Em7-F#m7
どっちも「和音が連鎖しているだけ」と捉えてください。そして「イメージできない」なんて言わずに、イメージしてください。

====

たとえば、

CM7-Dm7-Em7-F#m7

は、今日の私なら、これをゆっくり弾いて、「湖の水面、鳥がゆっくり湖面をこちらに寄ってくる。」そしてIV#m7で急に湖面に強烈な光が差し、何が起きたかは分からないけれど、光が私を包んだ。


そんなかんじでストーリーをこしらえます。現実にはあり得ないかもしれません。

では、

CM7-DmM7-EmM7-F#m7

はどうですか?今度は湖面が淀んでいますね。おどろおどろしていますが何か神聖なものが棲んでいそうです。こうした響きが怪しい響きに感じられるなら、それを活用して、怪しい感じのBGMを作る、というだけです。

既存の学習を行いながら、平行して和音が持つあなたにだけ訴えてくる感覚を捉える感性を磨いてみてください。