音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ネガティブハーモニー技法を拡張する★★★★★

ネガティブハーモニーの考え方は、不定調性論における「ベルトチェンジ」の一種で、特定の音に特定の音を入れ替えて「本人が予想もしない音を作り出す」という音楽手法です。これは最終的には「偶然性の音楽」に結び付きます。

   

写像音楽という発想

j→k

l→m

n→o

というような対応関係を造り利用する、という発想です。

 

Dm7  G7  CM7

において

G7とDb7は同一のトライトーンを持つから、

Dm7  Db7  CM7

もまた成り立つ、という発想と同じです。

これは

G7=Gミクソリディアン

g-a-b-c-d-e-f

に対して

Db7=d♭-f-a♭-b

の間をGミクソリディアンの構成音で埋めて、Cメジャーキーを保たせようとすると、

一つの例としては、Db7=d♭-d-e-f-g-a♭-b=ほぼD♭コンビネーション オブ ディミニッシュ的な音階が写像される、という事になります。

 

本来IIb7はIIbリディアンb7スケールが用いられるのですが、どちらでも構わないと思います(そのコード上で、キーセンターを何処まで保ちたいかによる)。

 

一般的な後者のリディアンb7を用いると、

Gミクソリディアンの小節に対してD♭リディアンm7(別名;リディアンドミナントスケール)が対応されるとするわけです。

d♭-e♭-f-g-a♭-b♭-c♭

そしてこのDリディアンm7の各音はG7における、オルタードテンションに満ちており、

 G7でのオルタードテンションの使用可能な根拠がここに現れてきます。

 

つまり、

Dm7  G7(b9,#11,b13)  CM7

というような進行は、G7の上で、D♭リディアンm7スケールを用いている、という発想でもあるわけです。写像先をまぜこぜして使っているわけです。

 

しかしこのオルタード的コードの響きは慣れないと、これを想定して弾くことはできませんから、セオリーとして認知し、指に覚えさせ、「代理できるから」というような納得の意識空間を根拠に用いるわけです。多少アウト感が強くなっても「これは理論的に代理できるから」という説明が自分の中でなされるわけです。

 ======

中心軸システムでもおなじです。

 

Dm7   G7  CM7

において、中心軸システムを拡大解釈すれば、

Dm7  G7  Bb7  CM7

などと進むことができますが、これも「中心軸システムで許されている。理論上進むことが許されている、ジャイアントステップス的な響きでもある」として、本人の頭の中に描ける範囲を超えた音でも、セオリーで決められている、という免罪符によって使えてしまうわけです。

ここでの問題は、本当にあなたがその音楽に対してその音を必要と思っているか、という点です。

これは権威からの洗脳の側面があります。

 

「本人の意思を超えて、セオリーによって自動的に用いる」という方法の1つがネガティブハーモニーなのでしょう。徹底的に完全写像なので、有無も言わせず「まさか、こんな音になるとは」というところに落とし込めます。自分の想像を越えて良い音がでる、みたいなことって優れたエフェクターやシンセのアルペジエーターがやたらカッコ良かったときみたいな意識の状態に似ているかんじがします。

しかしこれを進化させると、自分の意思じゃない究極に向かい、ステージの上を飛び回る蝶の軌道をスクリーンに映して五線譜を配置して音楽にしよう、というような表現になって行きます。ギリギリまで自分の意思を放棄してほしくない、ところです。

 

写像に慣れてくれば、アイオニアン的フレーズを脳内でフリジアンに変換できる人が現れてくるかもしれません。

私はその前にAIがより複雑な写像形式を編み出し、さらに、人知を超えた写像まで行って、人間は数式をプログラムするだけで、コンピューターが一つの楽曲から、無限の美的グラデーションを持つ曲をいくつも作ってしまう方が早いと考えています。

 

純度100%の写像はAIに任せる

しかし今ネガティブハーモニーを使っている人は、皆それぞれ自分の解釈をさりげなく投影していると思います。反転させると"上手くないコード"をうまくいくように調整したり、自分のイメージによるように設定します。

 

そのやり方は、不定調性論的だと私は考えます。

 

個人が「良し」と思うものを作る、という発想が不定調性論の根幹で、その創作のエネルギーや根拠、イメージは、個人の脳内や無意識が作り出すものであり、決して楽譜上のシステムが優先するわけではありません。伝統的技法や汎用的美的感覚が支配している通例の音楽界から見たら、拙論は悪魔の法典ですね。密かにシェアしてください。

 

例えば、あなたが完璧に美しいと心から感じる(異性のまたは同性の)顔立ちを思い浮かべてください。

「統計上美しい顔」ではなく、あなたが情動的に心から好意を向けられる顔立ちの事です。

多分一人一人違います。またそれは親しい人であったり、同一国の有名人だったりするでしょう。また、その対象が二次元だったり笑、非人間であるという人もおられるでしょう。

その価値観の多様化は音楽表現でも推し進められています。

対位法や古典的音楽の美しさを追求する方法論の対極は混沌としていましたが、私はそこに「不定調性論」という極を設けて生きることにしました笑。

だからネガティブハーモニー化されたものを一つでも自分の意思でいじったら、その反転を自分の理想的に行うために一つでもいじったら、それはネガティブハーモニーを母体として、あなた自身が不定調性論的にあなたの意志で展開した積極的な創造行為に変化します。それが良いか悪いか人の判断などどうでも良いのです。そしてまた親しい人に指摘されて「あ、そうだな直そう笑」と思ってもまた良いのです。それがあなたの意思なら。

 

反転したままそれを「理論的に統制が取れているから」としてそのまま使うのはAIがやるべきことです。

     

 

自分が良しとするものを用いず自分の音楽が出来るのか

厳格な対位法の楽曲を残す、という方以外、または絶対的にチャートを独占するアイドル曲を世間のニーズに合わせて戦略的にレコード会社と作ることを楽しみたい!!という人以外、

あなたは自由にあなたの音楽をあなたの意志で作って良いのです。これは法で定められた生まれ持ってのあなたの権利です。

 

一般教育はあなたが社会の役に立つためにあなたを均整化し、常識とされる一般教養を最前列に置くように下されたものです。しかしそれは決してあなたが好きなことをやってはいけない、という意味ではありません。

 

ネガティブハーモニーの方法論はアイオニアンーフリジアン写像です。

もし面白いと感じなければ、次に行けばよいと思います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

最終的には、写真や映像、現象や感情を「音楽に写像できるか」という問題にたどりつきます。おんなじですよね。

「嬉しい!」という感情を自分のやり方で、自分の音楽で表現できなければ、ネガティブハーモニーが作る写像に自分なりの意味があてはめられようはずはありません。

 

この問題は、現在進めている不定調性全編解説動画でも随時トピックにしていますので、これが完成したら、また外観を眺めて記事を作ってみたいと思っています。