音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

JASRACの音楽教室著作権徴収金額について考えてみよう

この問題に音楽教室運営者として考えてみたいと思います。

所感

先生方がご自身の曲を教材にして使っても、年間契約グロスで教室が支払った場合、果たして先生は自分の楽曲の使用料をちゃんと受け取れるのか、という問題に行き当たると思います。

音楽使用料を払う、というより、JASRAC運営補助費を払っている、というニュアンスに見えてしまっている点が様々な批判になっているように感じます。

また使用料を払うに当たって双方の理解を最初から得ようとしていない点、音楽教室を詐欺まがいの権利泥棒と決めつけて対処を進めているように見えてしまっている誤解を生んでしまっても特にそれを払拭しようとはしない点(と結果的に見えてしまっている)などもいわれのない批判を浴びている点だと感じます。

仕事の進め方が丁寧でありながら無慈悲だ、とも感じます。それが社会、経営というものですが、庶民はそういった情のない世界には住んでいません。その辺の温度差を感じた上での措置なのであれば、彼らは我々をどう感じた上でそのような措置なのでしょうか。「あいつらは無断で楽曲を使ってぼろ儲けしている」なのでしょうか。

私は少なくとも黒字、というのを経験していません。この業界は残念ながら私腹を肥やすことはできません。全て受講生のため、学校運営のために経費は消えてゆきます。

死なない程度に食べていきながら、誰かの夢を叶える職業です。 


統治したいなら民の声を聞け、とは歴代の将の言葉ですが実際はそこまで優れた将はなかなか生まれないのかもしれません。

 提案

講師が自身の楽曲を教材にしてかつそれが講師の収益になってこそ、講師ご自身の制作楽曲への注力、音楽教室への事実上の運営補助にもなり納得する教室も多いでしょう。

またJASRACへの登録楽曲がなく、既存の楽曲を教材として活用しなければならない状況しか作れない講師は使用料を払う共に、講師自身がしっかりと登録楽曲を目指して活動を行うという構図も作っていただきたいです。

またそういった新人講師の教材としての楽曲を個人として音楽教室での使用楽曲としてJASRAC主導で精査して登録するシステムを作ることで新人講師を補助し、音楽教育の発展や楽曲権利の啓蒙を行う、という余裕も見せられるはずです。音楽教育に特化した楽曲というものも作れるはずです。

そういった「共に音楽活動を増進させようという配慮は一切しないつもり」であるなら、反発があっても仕方がないでしょう。その労力にストレスを割きたいのか、理解してもらう方向で創造的に仕事をしたほうがいいのか、です。

今後の音楽の権利拡大をどのように考えているのか、音楽教育における音楽使用について会社としてどのような未来を感じているのか、ということを布教していくことで各音楽教室が初めて、受講料の値上げ、または経営状態によっては楽曲の使用を控えオリジナル楽曲での教材にしていく、といったガイドラインの再編成、カリキュラムの再編成を準備する必要性や啓蒙期間を積極的に設けられるのではないでしょうか。

今回の意向や考え方はいかにも専制的で一人の人間の意見が暴走をした結果のように感じます。問い合わせる機会もあるのですが、もともとJASRACの社員の方はとても丁寧で大変納得のいく説明をされる方が多いですが、自社の仕組みそのものに困惑をされているように感じる時もあります。

小さな音楽教室や音楽教育全体に柔軟な担当者、責任者が今後どんどん増えることを願って止みません。

 

 

www.musicman.co.jp


こちらによれば「2018年1月より実施する予定。開始当初は、楽器店・楽器メーカーの運営している約9,000の教室を対象に徴収を行い、個人運営の約2,000教室については、管理体制が整った段階で対象にしていく方針だ。」いつ頃スタートするのかなぁ。。徴収してみてその世論を見ながらなんでしょうね。

 

ウチの場合を露骨に出すのもなんなので、

受講生0名から、新規に学生募集して

月に5名入学、

1レッスン5,000円

10回で卒業(受講料50,000円)

全てのレッスンで5分の曲を3回使用する、

とした場合の「三年目」

を考えてみましょう。

<疑問>

・そもそもAメロの最初だけを歌うレッスンとかも1曲を題材にした、ということで全額になるのでしょうか。原曲は使わず、ただ講師がアカペラで歌うだけでも同様でしょうか。生徒が休んだらその日のレッスンで使用予定の曲は権利を払うのでしょうか。

教室からの徴収の方法はどうせグロスになるのですから、ガイドラインだけでも講師に有用性の高い内容(音楽教育の現場を考えた対応)を提示いただきたいものです。

または全売上の3%などとしていただきたいです。でもそれだとちゃんと徴収できないと思いますし、大手だけが痛手を負う仕組みになり「音楽使用者が全く得をしません」。文句を言うのではありません。年貢をただ取られるのは庶民はお上に対して愛を感じないのです。音楽使用が年貢を納める行為にしかならないとしたら、いつか一揆が起きます。歴史から学ぶ、とはそういうことです。

 

使用料規程の変更(第1節演奏等「10音楽教室における演奏等」の新設および「4 カラオケ施設における演奏等」の一部変更)に関するお知らせ

こちらにその変更内容が記載されています。

 

この記事は批判ではありません。私も著作者の端くれですから、その権利を守る事については賛成です。ただ、しっかりとしたポリシーでその権利を守って頂きたいなあ、と思ってその額の計算と、その額を見て思うことを書いてみたいと思います。

 

下記の計算解釈、間違っていたらご指摘ください。

その都度アップデートいたしますm(   )m。

 =======

http://www.jasrac.or.jp/news/pdf/17060702.pdf

これによれば、

<年間契約をした場合>

「年間の包括的利用許諾契約を結ぶ場合の1施設あたりの年額使用料は、受
講料収入算定基準額の 2.5/100 の額とする。」

※⑤ 受講料収入算定基準額とは、前年度に当該施設で行われた本協会の管理著
作物を利用した講座の受講料収入の合計額とする。ただし、本協会の管理著
作物を利用した講座が特定できない場合は、音楽を利用した全ての講座の受
講料収入の合計額の 50/100 の額とする。 

 =====

まず先のシミュレーションで初年度に人数がどうなるかというと、

f:id:terraxart:20170608003550j:plain

となり、二年目以降は月間在籍数が常に25名になると考えられます。

二年目は5名×12ヶ月=60名の入学が年間で見込める場合で考えます。

三年目を考えるわけですから、「前年度に当該施設で行われた本協会の管理著
作物を利用した講座の受講料収入の合計額」というのは、

5名×12ヶ月×50,000×2.5/100=75,000円(税別)を年間の著作権料として納めることになります。

結構するなぁ。

でも、他の場合は計算したら、いくらになるんだろう。
 

 

<1施設あたりの月額使用料>

年間契約しなかった場合の月額使用料で考えると、

 

f:id:terraxart:20170607211701p:plain

ですから、みなさんそれぞれ隔週で受講する場合、月間受講料は6,000円ですから、

25名の在籍がいて、これは30名までに該当するので、

月額支払う著作権料は9,000円になります。

あれ?この受講者数というのは、延べ人数なのでしょうか、それとも月間在籍人数なのでしょうか。

受講者数とは、備考⑫を除き、当該施設で開講している各講座の定員の合計をいう。

ウチの場合はマンツーマンなので、定員というのは1名です。「各講座」が10回セットで開講される講座のタームの事を指すなら、講座受講生数は25名です。ただ毎回1コマを「各講座」というのなら、延べ人数50名、となります。

うーむ。難しいですな日本語は。

この辺は契約する前に聞かないとね。。。

======

ちなみに月額9,000円ということは、年間で

9,000円×12=108,000円(税別)になります。

 

で、ここであれ???ってなりますよね。7万と10万じゃ、だいぶ違う。

 

延べ人数になると、毎月50名の人が受講するわけですから、この場合、15,000円を毎月に払うことになりますから、

15,000円×12=180,000円(税別)になります。

 7万と18万じゃ全然違うで。。。

 

で次のような表記が。

f:id:terraxart:20170607220027j:plain

「年間の包括的利用許諾契約を結ぶ場合の1施設あたりの月額使用料?」

うん?年間契約の場合75,000円が年間に支払う全額じゃないの?

ウチの講座一回あたりの平均受講者数は1名です。

ていうことは月額使用料は4,500円、、でいい場合もあるの?

それともこれ、別途年間契約代金を払うのかな??

月額ってことは4,500円×12か月=54,000円??

 

結局、ウチは何を基準にして、いくら払えばいいの?

すみません、この下りがわかんないです。。

 

 

この辺が著作権支払いの難しいところですね。

一曲に対してそれぞれの著作権割合を計算して支払うことができないから、グロスで払って、支払う形態だけ決めて?というやり方です。

曲を作った権利者に支払う金額は同じなわけだから、あとはJASRACさんの手間賃になるわけです。

これは正当な計算だ、と庶民は思うでしょうか。

むしろ年貢が新たに課された、というイメージしか感じないかもしれません。

 

   

 あ、もう一つあるぞ。。。これだこれだ、これなら間違いない。

<著作物 1 曲 1 回ごとに使用料を払う>

② ①によらない場合の使用料は、著作物 1 曲 1 回ごとに定めるものとし、その使用料は下表のとおりとする。

f:id:terraxart:20170607222627j:plain

ウチは1回の受講料が5,000円(仮の話よ)だから、受講生は定員1名なので、30名までの枠の80%だから、

450円+150円+150円×0.8=600円(/1曲1回再生)かぁあああ!!

これってitunesで1曲ダウンロードの何倍!!

いや、3回再生しているから(例えばですよ、1回目はサクッと歌って、指導を挟んでもう一回、さらにまとめで最後に一回歌ってレッスン終わり、と仮定して。ですよ)

600円×3=1,800円!!!

毎回1,800円払うの???

え?ってことは、月間50コマだから、

1,800×50=90,000円!!!!(税別)

年間で1,080,000円(税別)

 

売上の40%に近いじゃないか。

 

これは、

年間契約をすべき、というかその選択肢にしないとつぶれます。

 というのがわかります。

 

 

しかし1回レッスンの曲使用料が1800円、というのは、懲罰に近い匂いさえします笑。

つまりこの問題は2.5%がどのように妥当なのかを説明していただく必要がある、ということになるのでしょう。

 

 

普段。決して曲を冒とくしたり、それを使って儲けている、っていうわけではないんですよ。

作曲者や作品のすばらしさを伝えて、そのレッスンスキルに対して対価を支払って頂いているのです。

 

皆さんレッスンを受けて刺激を受けてライブに行ったり、自分でCD大人買いしたりしてくれていますから。そういうことを推進していくことが自分たちにとっては著作者を守る仕事だったわけです。これまで自分が書いてきたブログだって、一行だってその音楽を批判したことはありません。

 

ぜひそれを双方理解しながら、適切な額を徴収してください。

著作権法に次のように書かれています。

リンク;著作権法

========

第三十五条  学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。
2  公表された著作物については、前項の教育機関における授業の過程において、当該授業を直接受ける者に対して当該著作物をその原作品若しくは複製物を提供し、若しくは提示して利用する場合又は当該著作物を第三十八条第一項の規定により上演し、演奏し、上映し、若しくは口述して利用する場合には、当該授業が行われる場所以外の場所において当該授業を同時に受ける者に対して公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行うことができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

========

 

音楽教室は、確かに上記によれば営利団体かもしれません。

認可もない自分たちはただただ営利目的で音楽を扱っているようにも見えるのかもしれませんが、おそらく多くの教室の志は、認可された学校と同じかそれ以上に音楽を大切に扱っていると思います。そういう部分への理解があれば、この問題は良いのです。

むしろ、この条文を変えて頂きたいくらいです。

 

問題は一点だけです。金額がちょっとバラバラすぎて、自分たちが適正な金額を払えるか不安、という点を相談したい、ということだけです。

場合によっては受講料を値上げする形になり、お客さんにしわ寄せが行きます。

そう言うことを音楽教室はしませんから、ほとんど利益を侵食して払うことになるでしょう。音楽教室は悪だ、とは思っていない、なら、先に提案したような、互助システムを作っていただけないでしょうか。

 

⑬ 音楽教室における演奏等のうち、利用の態様に鑑み本規定により難い場合の使用料は、利用者と協議のうえ、本規定に定める使用料額の範囲内で決定する。

 ====

と、書いてくれていますのでまずは相談ですな。潰れたら意味ないもんね、我々だって給料制で働いているわけではないんだから。利益が出なければ食事を我慢して仕事をする、というやり方です。

 

実際、上記のようなシンプルな例が該当するスクールは一つもないでしょう。

そして正しく計算することも、それをチェックすることもこれまで同様とても難しいと思います(その他の施設での音楽使用料の計算もほぼ対応不可能な計算を強いられます)。

ゆえに年間契約するしかないのでしょう。

それでも金額については折り合いが難しいでしょうね。根拠がないのですから。さらに作曲家は、さらに安い値段で作り、契約しています。

得をするのが一人しかいない、とき、その一人が"犯人"であることが多いものです。

 =====

音楽は無料化されていく運命にあります。

音楽データにタグ付けして、どこかで再生されるたびにブロックチェーン的なものに書き込まれ、自動的にアーティスト側に広告クリック料のごとく入金換算されていく、というシステムがいずれ現れます。仮想通貨技術において銀行が必要なくなるように、ブロックチェーン技術によってJASRACが必要なくなってしまう可能性もあります。むしろその仕組みを早く作り、PCで再生されたらいくら払う、と言う形になれば、今回の話はもっと簡単です。そういうシンプルな仕組み作りにその優れた才能を使っていただきたいです。

 

時代に退行するかもしれませんが、音楽教室から徴収しながら、あわせてダウンロード代金やマクロなシステムの小売価格を10年計画限定で5-10%値上げして、体制を整え、そこから値下げする、みたいな業界間の火種が必要ですね。その間に体制を整えて、値下げできるシステムを再構築していくしかないのでは?というのが現場の感覚です。

www.garbagenews.net

どんどん売り上げが減っていくから、モチベーションも落ちて、互いに協力しようという気概もなくなり、今の利益も奪われたくないので、誰も値上げには協力してくれず、野放しにされていた部分を捜しだし徴収することにした、という感じに見えてしまっていていろいろ不満が出てしまうのだと思います。
==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

音楽は消えてなんかいない。いつも心にあるよ。心のほうが消えてないか?

  

音楽はどこへ消えたか? 2019改正著作権法で見えたJASRACと音楽教室問題