音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

個人事業ポスティングについて書いてみた1(2019)

2017-05-29→2019-7-17(更新)

自分でポスティングして街を知る

音楽で食べていく、ためにレッスン上手な人は、個人教室を開くのも一つの手です。

そうした際に、宣伝方法に迷うと思います。

 

個人事業は広告費の余裕がありません。あくまでウチの場合ですが、

・最初はやりくりしてフリーペーパー・新聞折り込みをしましたが成果は出ない

・駅前チラシ配布もしました。ウチは飲食店じゃないから、駅から出てくる人全員に配るその労力と成果が見合わない、と感じました(やらないと分からない)。
・フリーペーパーもしっくりきません(フリーペーパーの業種は限られると感じた)。

 

これにより膨大な借金を抱えました。これでは意味がありません。

単純に
広告の打ち方、飛ばし方、当て方が全く分かっていなかったからです。

それから何が最も有効な広告なのかを見つける旅になります。

 f:id:terraxart:20190717101202p:plain

予算なしで頻度多く打てる広告手法は?という問題に取り組みました

そこで

・自分たちでチラシを作り

・自分たちで街に出てポスティングする

となりました。ワタクシが新聞奨学金で音楽の専門学校に通っていましたのでそのノウハウを活かす形になりました。

 

毎月一回2万部。

代表がイラストレーターでチラシを作り、私がポスティングする。時には代表も一緒に。一軒家だと1時間に500部程度配れたら凄いほうです(住宅密集が条件)。

   

最初はとにかくあらゆる小さいアパートからデカい個人邸、企業まで全て入れました。

その過程で分かったのは

・この家はウチの顧客になりうるだろうか、を考えて配った方が良い

です。チラシ一枚一枚が資産、「配る業務になっちゃいけない」と感じました。

 

現在なら500枚配ったら1件ご連絡をいただく自信があります。

私自身このノウハウを付けるために、不動産屋さんのポスティングアルバイトを1年並行してやりました。自宅付近と学校付近で。毎朝毎晩。だいたいつかめました。かつ小遣いになる。かつ

 

痩せた笑。。

 

音楽教室の先生になった瞬間、教育、営業全部やる覚悟を今から持っておいてください。やってみて「ああ、この仕事無理だ」と思ったら辞めればいいと思います。

 

次回は、チラシの内容についてです。

www.terrax.site

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

通勤前後にできる運動を兼ねて自分でできる最強の営業方法。

 

なぜいまポスティングか 20年以上の経験則に基づく10の仮説 (Business Books)