音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

★★★★

31, Giant Steps / John Coltrane★★★★

2017-9-6→2019-8-18(更新) ジョン・コルトレーンの不定調性進行分析 同曲については、もう多くの分析がなされています。 不定調性論の観点で、他ではあまり書かれないことを書いてみたいと思います。 (追記参考ページ) www.terrax.site www.terrax.site //…

アラン・ホールズワースの楽しみ方(ハーモニー編)★★★★

2017-9-4→2019-8-17(更新) ファンの方のお叱りを受けるかもしれませんが、私も一ファンとして、それに甘んじ、勉強を押し進めて参りたいと思います。 前回の記事です。 www.terrax.site マザーメロディに対するハーモナイズ 部分的不定調性進行~どこまでが…

アラン・ホールズワースの楽しみ方(ソロ編)★★★★

2017-9-4→2019-8-17(更新) 泣く子も黙る、ホールズワース節。これほど独自性がある、と思われたフレージングも、いつのまにか多くの人が弾ける、みたいな時代になりました。つまりそうなると、いよいよそれがどういう考え方によって生まれているかを音楽スク…

四度和音と二度和音を考える。2★★★★

2017.8.25→2019.8.12(更新) 前回 www.terrax.site <Let It BEを四度系和音で> gakufu.gakki.me // こちらをご覧いただき、歌の冒頭部分のコードを四度系和音にして歌ってみましょう。 ______Csus4___________Gsus4 When I~ times of~ Asus4_________F6su…

四度和音と二度和音を考える。1★★★★

2017.8.25→2019.8.12(更新) <四度和音> まず通常の三度堆積和音を考えてみましょう。C△ならc(長三度)e(短三度)gCmならc(短三度)e♭(長三度)gCaugならc(長三度)e(長三度)g#Cdimならc(短三度)e♭(短三度)g♭これらの和音は長三度と短三度でできていますね。(そ…

One Note Samba(旋律という存在について考える)★★★★

2017.8.17→2019.8.11(更新) 82, One Note Samba 〜One Note Sambaを題材に旋律という存在について考える〜 One Note Samba ; Antonio Carlos Jobim - YouTube

四度和音を考えてみよう2★★★★

2017-8-10→2019-8-9(更新) 前回 www.terrax.site 四度和音とは、 完全四度と増四度を積み重ねて作る和音、とされています(理屈の上では、です)。 だから,c-g♭-b♭-e♭というようなCm7(b5)は、三度を持ちながらも四度と増四度があるわけですから、四度和音…

四度和音を考えてみよう1★★★★

2017-8-10→2019-8-9(更新) まず例としてディープ・パープルの「smoke on the water」のイントロのリフを思い出しましょう。ご存じない方はお手数ですが御検索を。。 Smoke on the Water, a song by Deep Purple on Spotify // あのリフはいわば四度の押さ…

モーダルインターチェンジって何?2~So Whatは完全なモード曲じゃない??★★★★

2017.8.9→2019.8.4更新 ちょっと難しい話 純正なモーダルインターチェンジ、という方法論は、先の記事の通り、モードジャズにおいて用いられた方法論です。 www.terrax.site // 例えば、Dm7 |Dm7 |Dm7 |Dm7 |G7 |G7 |G7 |G7 |CM7 |CM7 |CM7 |CM7 |というモー…

モーダルインターチェンジって何?1~その意味と類別★★★★

2017.8.9→2019.8.4更新 モーダルインターチェンジって何? 「借用和音」と捉えられる場合がありますが、借用和音そのものはモーダルインターチェンジの奥義そのものではありません。その先にジャズの奥義があります。 モーダルインターチェンジとは=単純に…

制作メモ;<ピアノ曲>In Peace~不定調的な即興表現★★★★

不定調性論で作るピアノ小品、第二段。 教材的に使います。 もちろん楽曲が教材のように素晴らしいという意味ではありません汗。。 www.youtube.com ======== 方法論を作ったら、作品を作りなさい、と言われてだいぶ経ってしまいました。 これを作る…

ネガティブハーモニーと不定調性論3★★★★

2017-06-18→2019-7-25(更新) ネガティブハーモニーの写像が判明します。 // 最初の記事はこちらです。 www.terrax.site d→f e→e♭ f→d g→c a→b♭ b→a♭(逆の矢印も成り立つ) さらに半音的に展開すると、d♭→g♭がここに加わります。 完全1:1対応になります。変…

ネガティブハーモニーと不定調性論2★★★★

2017-06-18→2019-7-23(更新) ネガティブハーモニー概要〜 // 記事その1はこちら www.terrax.site ミラーハーモニーで考えてみます。 ミラーコードとは音程差が上下で反転する、というものです。 cの長三度上がe →ミラー化すると・・?? cの長三度下はaフラ…

不定調性論の方法論的展開(2019) その2★★★★

不定調性論の具体的な方策についてまとめます。 詳しいそれぞれの概念はこちらをご参考ください。 不定調性論用語/概念紹介 カテゴリーの記事一覧 - 音楽教室運営奮闘記 下記では一部の論拠リンクしか紹介していません。 前回 www.terrax.site // =====…

不定調性論の方法論的展開(2019) その1★★★★

不定調性論の具体的な方策についてまとめます。 詳しいそれぞれの概念はこちらをご参考ください。 不定調性論用語/概念紹介 カテゴリーの記事一覧 - 音楽教室運営奮闘記 下記では一部の論拠リンクしか紹介していません。お問い合わせいただければ回答可能な…

制作メモ;<ピアノ曲>不定調的な即興表現★★★★

不定調性論で作るピアノ曲です。授業などで活用するために作りました。 www.youtube.com // 即興的に横の流れだけで作ってます。理屈以前に自分が感応できる和音と装飾音を用いてます。 理論的制約をばらして音楽を作ったとしても、西欧音楽教育を受けた人し…

コードスケールって何?②~勉強する意味とかの話★★★★

前回、コードスケールの考え方の基礎に触れました。それらをすべて表にしたのがこちらです。 www.terrax.site www.terrax.site これ覚えていて音楽の仕事している人って、どのくらいいるんでしょうね・・。 ほとんど「体得している」ので理屈とリンクしてい…

パブロフの犬とドミナントモーション★★★★

www.terrax.site これも自分に不定調性論、という観点があるから言えること、になります。 V7-Iの解決は幻想である と告げられた時、あなたはどう思うでしょうか。音楽理論では、これは解決感を導く基本的な進行で、小学生の頃から、この価値観で出来上がっ…

ジャズ理論における、アッパーストラクチャートライアド一覧表★★★★

www.terrax.site こちらを参考にされている方にアナウンスです。 これは不定調性論における拡張USTの表ですので、一般理論におけるUSTは下記をご参照ください。色々用語を借用して混乱を招いてすみません。 正式なジャズ理論におけるアッパーストラクチャー…

<コラム>制作メモ;"Lemon"の冒頭で考えるアッパーストラクチャーコードの使い方と展開★★★★

アッパーストラクチャーコードってどう使うん?? という質問から。 一覧表とか作りましたので、考え方まで書かないとやっぱりわからないだろうと思ってひと記事書いてみます。 <どう考えるか> まず動画をご覧ください。コード表記や間違いがあったらお詫…

Super-Ultra-Hyper-Mega-Meta Lydianから階層的音表現の探求雑話★★★★

これもジェイコブさんの動画からの展開です。 www.youtube.com // ====== 動画の最初で述べられる「スーパーなんちゃらリディアン」はホールトーンスケールの前半分が半音で接合され続けた音階です。 c-d-e-f#までは全音、それから半音一つ挟み同型を…

Related Harmonic Synthesis~関連する倍音を合成するハーモニー★★★★

よくあるハーモナイズの一つのアイディアです。DTM的な発想を展開していきます。 イメージが湧いて使える人は使ってみてください。 // これを一音一音スポットハーモナイズするとしましょう。 ただし機能とか調とかは関係ありません。 不定調性論には、「反…

<コラム>(USM)アッパーストラクチャーマルティプルハーモニー★★★★

アッパーストラクチャートライアドは三和音でした。 www.terrax.site これを四和音にして、かつ独立もできるような 表を作っておきます。 // ==== CM7 |A7 |Dm7 |G7 | で考えてみましょう。 ダイアトニック亜種(七つのダイアトニック以外を含む) 斜体…

和音の機能変調利用について★★★★

すでに先鋭的な作曲家は使っている手法です。 またずっと以前から認知されているスタイルの中にもあります。 不定調性論の応用でもあります。 ああそれ知ってる!っていう感覚はあるかと思います。 そもそも機能和声論の概念そのもの(マルティン・ルターが…

中心軸システムと十二音連関表の違い★★★★

不定調性論には十二音連関表、というものがあります。 これです。この横の組み合わせが中心軸システムや、シェーンベルクのチャートに似ています。この十二音連関表の作成には根拠があります。 それをここで書き示しておきます。 お時間あるとき、動画などで…

秋の特別企画。希機能剥離進行について~新しいコード進行概念を活用しよう(後編)★★★★

それでは本題に入りましょう。下記の表を見てください。 たとえば、C△というコードの構成音のどれかを半音ずらすと、B△またはC#△の構成音に移動することになると言えます。 また、C△の構成音を全音動かすと、A#△またはD△の構成音に移動する、と言えます。そ…

秋の特別企画。希機能剥離進行について~新しいコード進行概念を活用しよう(前編)★★★★

珍しくコード進行の話だよ! 新しい技法っていうほど偉そうなものじゃないですが。 不定調性っていう悪魔の法典wwならではの話題です。 そのスジの人たちでひっそりシェア頂ければ幸いです。 例によってどんどんコンセプトを盗んで自分の用語にして展開頂い…

(2013資料抜粋掲載)不定調性和声のコンセプトによる"枯葉"の様々なバリエーション★★★★

過去動画の資料を掲載している記事です。 www.youtube.com 2013年の動画です。この頃はPCで音楽作っていませんでした。 // それぞれの楽譜を、ということなので添付いたします。 0:00 高層ビルから舞い散る枯葉短調の代わりにテンポダウンと7コードの連続進…

146,Flamingo ・ 米津玄師(コード進行あり)Lemonのその先の質感を考える★★★★

Flamingo / 米津玄師(コード進行あり) 〜Lemonのその先の質感を考える〜 "馬と鹿"のコード紹介はこちらから。 www.terrax.site (ある程度楽理への理解が必要な記事ですが、コードのことを知らなくても雰囲気で何が言いたいか分かるようにしてあります=楽理…

"Giant Steps"の不定調性アナライズ(2018)~非機能を機能解釈化した楽曲★★★★

無理やり機能和声に皆が当て込むことで、機能和声の拡大解釈を推し進めた楽曲であり、不定調性的思考の誕生ともいえる楽曲だと思います。 giant stepsをC始まりにしてみましょう。 C Eb7 | Ab B7 | E | Bbm7 Eb7 |Ab B7 | E G7 |C | F#m7 B7 |E | Bbm7 Eb7 |…