音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

★★★★

<コラム>制作メモ;"Lemon"の冒頭で考えるアッパーストラクチャーコードの使い方と展開★★★★

アッパーストラクチャーコードってどう使うん?? という質問から。 一覧表とか作りましたので、考え方まで書かないとやっぱりわからないだろうと思ってひと記事書いてみます。 <どう考えるか> まず動画をご覧ください。コード表記や間違いがあったらお詫…

Super-Ultra-Hyper-Mega-Meta Lydianから階層的音表現の探求雑話★★★★

これもジェイコブさんの動画からの展開です。 www.youtube.com // ====== 動画の最初で述べられる「スーパーなんちゃらリディアン」はホールトーンスケールの前半分が半音で接合され続けた音階です。 c-d-e-f#までは全音、それから半音一つ挟み同型を…

Related Harmonic Synthesis~関連する倍音を合成するハーモニー★★★★

よくあるハーモナイズの一つのアイディアです。DTM的な発想を展開していきます。 イメージが湧いて使える人は使ってみてください。 // これを一音一音スポットハーモナイズするとしましょう。 ただし機能とか調とかは関係ありません。 不定調性論には、「反…

<コラム>(USM)アッパーストラクチャーマルティプルハーモニー★★★★

アッパーストラクチャートライアドは三和音でした。 www.terrax.site これを四和音にして、かつ独立もできるような 表を作っておきます。 // ==== CM7 |A7 |Dm7 |G7 | で考えてみましょう。 ダイアトニック亜種(七つのダイアトニック以外を含む) 斜体…

和音の機能変調利用について★★★★

すでに先鋭的な作曲家は使っている手法です。 またずっと以前から認知されているスタイルの中にもあります。 不定調性論の応用でもあります。 ああそれ知ってる!っていう感覚はあるかと思います。 そもそも機能和声論の概念そのもの(マルティン・ルターが…

秋の特別企画。希機能剥離進行について~新しいコード進行概念を活用しよう(後編)★★★★

それでは本題に入りましょう。下記の表を見てください。 たとえば、C△というコードの構成音のどれかを半音ずらすと、B△またはC#△の構成音に移動することになると言えます。 また、C△の構成音を全音動かすと、A#△またはD△の構成音に移動する、と言えます。そ…

秋の特別企画。希機能剥離進行について~新しいコード進行概念を活用しよう(前編)★★★★

珍しくコード進行の話だよ! 新しい技法っていうほど偉そうなものじゃないですが。 不定調性っていう悪魔の法典wwならではの話題です。 そのスジの人たちでひっそりシェア頂ければ幸いです。 例によってどんどんコンセプトを盗んで自分の用語にして展開頂い…

(2013資料抜粋掲載)不定調性和声のコンセプトによる"枯葉"の様々なバリエーション★★★★

過去動画の資料を掲載している記事です。 www.youtube.com 2013年の動画です。この頃はPCで音楽作っていませんでした。 // それぞれの楽譜を、ということなので添付いたします。 0:00 高層ビルから舞い散る枯葉短調の代わりにテンポダウンと7コードの連続進…

Flamingo ・ 米津玄師(コード進行あり)Lemonのその先の質感を考える★★★★

Flamingo / 米津玄師_Lemonのその先の質感を考える(コード進行あり) 米津楽曲は、ボーカルもオケも楽器なので、最近好きになった人が氏のオケの感じをどのくらい聴けるかが鍵ではないかと。オケにこそ動画文化発祥の凄みとか独自性とかが散りばめられてある…

"Giant Steps"の不定調性アナライズ(2018)★★★★

giant stepsをC始まりにしてみましょう。 C Eb7 | Ab B7 | E | Bbm7 Eb7 |Ab B7 | E G7 |C | F#m7 B7 |E | Bbm7 Eb7 | Ab | Dm7 G7 |C |F#m7 B7 |E |Dm7 G7 | ここから機能和声の慣用句を括ってみます。 つまりEb7→AbはキーはAbである、Bbm7-Eb7-AbはキーがA…

"Giant Steps"の機能和声アナライズ★★★★

Giant Stepsの機能和声分析 今日の質問。そして今日の答えです。 この曲は有名すぎて。手っ取り早く手っ取り早いスケールが知りたい、というあなたに。 // === Giant StepsB D7 | G B♭7 | E♭ | Am7 D7 |G B♭7 | E♭ G♭7 |B | Fm7 B♭7 |E♭ | Am7 D7 | G | C♯m7…

立体的和声のイメージから★★★★

不定調性論的なC△を考えてみましょう。 図1は機能和声的なC△イメージです。 図2は不定調性論によるC△のイメージです。左側面はEbが来て、下の面にはFが書かれるのですが、なぜか描き逃しているようです、過去の私。 これにより、g・e音はcの立方体から派生…

制作メモ;(耳コピDTMcover)トリコ / Nissy 映画【あのコのトリコ】主題歌(cover)~コードあり。★★★★

You Tube Coverです。 www.youtube.com 参考はこちら(本家)です。 Nissy(西島隆弘) / 「トリコ」Music Video - YouTube ほんわかりんな嬢バージョンに仕上がりました。 +2上げです。 つい思い出してしまったのがこの曲。。シャッフル、というだけで。 Maji…

(基礎)12音上方倍音列(自然倍音列)・下方倍音列表(第16倍音まで)・側面倍音列★★★★

<上方倍音列表(自然倍音列)> 1=1倍音=基音です。あとは2=2倍音~16=16倍音まで。 ダブルシャープや、ダブルフラットを使わず慣習的にコーダルハーモニーの考え方で普段実用的に使う呼び名で音名は設定しています。 なお緑色のセルは異名同音の列…

『作曲の手引き』に見る短三和音の記述★★★★

パウル・ヒンデミット著「作曲の手引き」下総皖一先生の訳、第三版(1980)です(第一版は1953年)。 "芸大和声"も出版されてない時代。 ヒンデミットは長三和音について次のように言っています。いちいち注釈つけてみました。 P28.(以下引用含む) 即ち根…

二つのキーを重合させたらどうなる??(複調性の印象のからくり)★★★★

Cメジャーキーの曲に、なるべく色合いを変えずに別の調を用いるなら何調が良いでしょう。 Gメジャー(IV#が追加) Fメジャー(VIIbが追加) なら変化音は一つです。更に行くと、 Dメジャー(I#とIV#が追加) Bbメジャー(IIIbとVIIbが追加) この時点でI#が…

和音の相似・拡張・代理・分解・写像・変貌・変態・不定調(変格)を分けて考えよう★★★★

これらをごっちゃにすると、いろいろ良く分からなくなります。 // 和音の相似 同じ音が使われている和音。 i系 転回系 C/E C/G 注)古典の解釈では異なる和音、他の変化和音とみなす向きもあります。 和音の拡張 テンションコードですね。これだけでも響きは…

四度和音によるドミナントモーション~聴感覚の展開★★★★

Dm7 G7 CM7 を四度和音で作ろー。 // こうきて。 こんな感じでしょうか。 これは、 ですので、 Dm7(11) G7sus4(10,13) | CM7(#11) | ですね。 普通の進行でもちょっと工夫するとマンネリを打破できます。さらに このように高音部表だけみて、上下に拡張し 二…

アッパーストラクチャートライアド(拡張型冠状三和音)の一覧表(2018)★★★★

とある和音へのご質問をいただいたのでアップいたします。アッパーストラクチャートライアド分類表です。 (追記・改訂2018.8) // 表 其の一 表の左端は主なダイアトニックコードと該当するモードが必要に応じて書かれています。 黄色いセルは、左端…

The BEATLES"If I Fell"コード分析(夏休み企画2)★★★★

こちらの記事をより深く。 www.terrax.site です。 Ebm |D |Db |Bbm |Ebm |D |Em |A7 | この進行を機能的に考えてみましょう。key=Cにして考えます。 まずもっともありそうな状態に戻して考えてみましょう。 Dm |G |C |Am| Dm |G |Dm |G | こうです。 以降の…

<コラム>II-V-I-VIのバリエーション(夏休み企画1)★★★★

Dm7 |G7 |CM7 |A7 | のバリエーションを考えてみましょう。夏休み企画です。 何度も書いているのですが毎年教えない年はありません。しかしこれはアートというより、ゲーム的なので、音楽表現と思考のアソビをごっちゃにしないように上手に活用ください。 基…

<コラム>C7(b9,#9)を使ってみて?★★★★

綺麗ですよね。流れ。半音反行してる感じとか。 C7(b9) FM7で済むところ、もうちょっとスリリングにして濁らせて解放、みたいな感じですね。 でもこれって、使っちゃいけないコードだって習いました? それとも一般的ではないけど、とか濁されました? いず…

<不定調性論用語/概念紹介63>スケールアウトの根源★★★★

ドミナントモーションのエネルギーの根源はこのトライトーンの半音での解決です。 マイナーコードではこれが作れないために、b9thを投入します。そしてこのb9thはスケール外音です。 スケールアウトの正義の根源がここにあります。 秩序を保つためには、多少…

<不定調性論用語/概念紹介62>G6→CM7は解決するのか?★★★★

G6→CM7 この和音進行は、ドミナントモーションの代わりになるでしょうか。 常識的に考えて、「ちょっと弱い」とか「まあ、成り得る」とかそういう印象でしょう。これは根音進行において四度下降が起きているのでそれっぽい解決感があるということができます…

<不定調性論用語/概念紹介56>和声単位作曲技法★★★★

例えばこーいうコード進行。 |Cadd9 |Dadd9 |E♭add9 |Cadd9 |E♭add9 |Gadd9 |C#add9 |Cadd9| サウンドはこちらで。 add9 | rechord - 演奏もできるコード進行共有サービス これ、不定調性論の記号を用いると、 Cadd9=c,e,g,dですから、 Cu5(d)とか…

<不定調性論用語/概念紹介54>四つのモードのダイアトニック★★★★

とりあえず、一般的な四つのスケールに出現するあらゆる和音をディグリー別に並べた表です。 ・メジャースケール ・ナチュラルマイナースケール ・ハーモニックマイナースケール ・ハーモニックメジャースケール です。 これらを自由に組み合わせてコード進…

<不定調性論用語/概念紹介53>モーダルダイアトニックアナライズ★★★★

こじつけの極致です。 でもトークが上手な人なら、これで説得することができるかも。あとで種明かしします。 この中からM7thコードを抜き出してください。 cから並べると、 CM7 DbM7 EbM7 FM7 GbM7 GM7 AbM7 BbM7 こんだけ出ますね。これ使って下記のような…

<不定調性論用語/概念紹介52>機能進行のタブー★★★★

Tから進むことのできる機能 T SD D SDから進むことのできる機能 T SD D Dから進むことのできる機能 T でしたね。 これがルールでした。これに則って作られる作品がいわゆる"良い作品"です。 でも良い作品は評価されるだけで作曲家を幸せにするわけではありま…

<不定調性論用語/概念紹介39>マイナスの倍音★★★★

鍵盤をこのように基音中心に考えれば、そこに対称性があるのは言うまでもありません。 この状態を基音を中心にした対称性と捉えるのに一番いいのは数直線です。 このように負の数を用いて考えますと、 基音cにとってgとは、3倍音であり、fは-3倍音である、…

<不定調性論用語/概念紹介30>領域を分ける和音★★★★

基音cにおいて、 Cu5+Cl5はいわば共通音が一音である「希結合領域和音」です。 このように上方と下方の領域が一つの基音の中で発声する和音を教材では「領域断層和音」と呼んでいます。 基音cでいうなら、不定調性論は第八倍音まで使いますから、 上方=c,e,…