音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

★★

和音の印象について考える~独自感覚の発見(2017-2019)★★

2017.9.13-2019.9.9更新 昨今SNSの進化によって、音楽も独自論の発信が増えてまいりました。 各位が自分の「印象論」「方法論」を自在に"発明"できるようになることが、本来の音楽理論の最終目的です。そしてそれを他者に強要しないこと、それによって同時に…

マイナーコードはなぜ悲しい響きがするのですか~不定調性論の挑戦★★

2017.9.10→2019.9.8更新 「マイナーコードってなんで悲しい感じがするの?」二年に一度ぐらい、この質問を受けます。そのときにこう答えます。 では、カレーライスはなんでおいしいのか、と。 このときカレーがおいしい科学的根拠を知りたいなら科学者に、芸…

神秘和音のTAB譜を紹介します★★

2017-05-26→2019-7-15(更新) スクリャービンによる神秘和音をギターTABにすると、こんな感じでしょうか。 Eの神秘和音なら押さえられるかな?? これ別にどのキーで作ってもいいんですよ。 またヴォイシングの順番を変えてもOKです。 詳しくは下記に書きまし…

主音+(長三度と短三度の真ん中の音)の二和音て明るい?暗い?★★

2017-05-25→2019-7-15(更新) 明るい和音と暗い和音の間は「苦い和音」!? ドとミは「明る和音」 ドとミ♭は「暗い和音」 と教えられたものです。 ではドと一緒に"ミ♭とミの間の音"を鳴らしたら、どんな和音になるんでしょう? これは受講生からの質問で実験し…

超簡易ギターコードポジション一覧表★★

ギター始めて二か月!来週どうしても人前で演奏しなければならない!!! という場合に、押さえられないコードが出てくるのは辛いです。 そこでなるべく簡単に押さえて、代用法などを記した表を作りました。 =========== www.dropbox.com ・なる…

コードの覚え方(基礎)★★

コードの構成音の効率良い覚え方などについて書いています。

ダイアトニックコード一覧表(基礎)★★

印刷して書き入れ可能な五度圏のフリー画像作りました。

楽譜の読み方と初見の上達法_最終回★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 www.terrax.site // 第10回<最終回> その他の表現と譜面の進行 学習熱心な皆さんであれば、「楽典」を買ったり、先生や友人に聞いて読めない記号などは独力で見つ…

楽譜の読み方と初見の上達法_9★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site // 第9回 調の譜面に慣れよう2 続いてマイナーキーにも慣れてしまいましょう。これらの譜面は例題としては変態的でとてもおかしな…

不定調性論ってなに?(2019)★★

www.terrax.site こんにちは。普段はmusic school M-Bankの運営やレッスン、音楽制作などを行っています。 不定調性論の理論的展開(2019) こちらに方法論的な詳細がまとまっています。 不定調性論の方法論的展開(2019) その1★★★★ - 音楽教室運営奮闘記 不定…

12キー主要代理コード一覧(基礎)★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 2019年もどうぞよろしくお願い致します。 今年は毎日一記事をアップしてまいります。 もし、それが一日でもできなくなったらその程度のやつなんだと思ってくださ…

楽譜の読み方と初見の上達法_8★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site // 第8回 調の譜面に慣れよう1 この「調」を覚えてくるといよいよ音楽的になってきます。 調号についてはこちらをご覧ください。 w…

楽譜の読み方と初見の上達法_7★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site // 第7回 付点音符に慣れよう 音符を少し覚えたところで今度はリズムを覚えましょう。 付点音符は元の音符の半分の長さの音符を加…

楽譜の読み方と初見の上達法_6★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site 第6回 変化音に慣れよう2 今回は五線の線上の音の変化音の学習です。どんどん覚えることが増えて、追いつかないようでしたら、同…

楽譜の読み方と初見の上達法_5★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site // 第5回 変化音に慣れよう1 譜例1 この四つの音の関係は等しくなります。つまり音程の上では同じ音です。これを音名にすると、…

楽譜の読み方と初見の上達法_4★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site // 第4回 ちょっとだけリズムを付けてみよう3 譜例1 これは4/4拍子で四分音符を打っていますね。!譜例2 これは4/4の1小…

楽譜の読み方と初見の上達法_3★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら www.terrax.site // 第3回 ちょっとだけリズムを付けてみよう2 今回は前回のバリエーションに加え、もう一越え、リズムを付けてみましょう。ご自身…

楽譜の読み方と初見の上達法_2★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 前回はこちら。 www.terrax.site // 第2回 ちょっとだけリズムを付けてみよう1 今回は楽譜が読めなくても、楽器をやったことがある人なら簡単に出来るリズムを付…

楽譜の読み方と初見の上達法_1★★

HP移行に伴うリライト記事です。 当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 // 将来的に楽譜を読めるようにしたい!という学習者のための楽譜の読み方と、初見がある程度できるようにしたい、という方のた…

(DAW;基礎)(テスト!)ピアノロールで音程の名称を勉強しよう2~4WCL~不定形ソリ★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 ピアノロールで音程を書いてゆくよその2--( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ 今回はテストをやってみよー! まえのはなし↓ www.terrax.site <さんこう> (基礎)音程・…

(DAW;基礎)ピアノロールで音程の名称を勉強しよう1★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 ピアノロールで音程を書いてゆくよ( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ 音程の勉強だよ!曲作れる人は音程なんて関係ないボぉーン!!だけど、音程いえるとカッコ好いよ! 音…

(基礎)コードの構成音名確認問題集★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 コードの構成音を覚えるチャート問題集 暇な時のチャレンジ問題です。 同様にスマホなどで画面を拡大して右側を隠してコードの構成音を答えます。 これによって何…

(基礎)ギターのフレット音名確認問題集★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 ギターのフレット音名確認問題集 ギターのフレットの音もどうせ覚えてしまった方が便利です。 これもリクエストがありましたのでお作りしました。 合わせて、コー…

(基礎)II-V-I穴埋め問題集★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 二つのタイプがあります。 メジャーキーは IIm7-V7-IM7-VI7 マイナーキーは IIm7(b5)-V7(b9)-Im7-IIIb7 右側が答えです。右側部分を隠してトライしてみてください…

(基礎)雑音から音楽へ(音楽以前の話)★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 音は振動現象・・・ 私達が耳で聴くことのできる音は全て、空気が振動している現象です。 雑音でも騒音でも、話し声も、もちろん楽器の音も空気の振動現象です。…

(基礎)スケール/コード構成音早見表★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 <スケールの名称について>このページで扱っている音階は、ポピュラー・ジャズミュージックで用いられるものです。そのポピュラー音楽における基本的な音階は、…

(基礎)スケール/モード構成度数一覧表/avoid noteについて★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 <スケールの名称について>この記事で扱っている音階は、ポピュラー・ジャズ音楽で用いられるものです。 ポピュラー音楽における基本的な音階はアイオニアン=メ…

(基礎)なぜダブルフラットやダブルシャープを使うの??★★

当ブログでの音楽理論関連基礎記事の目次(基礎)〜年代別独学のススメ - 音楽教室運営奮闘記 Q なぜダブルフラットやダブルシャープを使うの?? A 譜面で分かりやすく書くためと、和音の構成音表記に従ったため、また「音階」の名前の順にしたがうためです…

<不定調性論用語/概念紹介34>原素和声単位★★

二音からできる和音のことを拙論では、原素和声単位、と呼んでいます。 もともと「不完全和声単位」と呼んでいたものです。 たとえば、 cとg の二和音。 これだけだと、どっちが基音か分かりません。 これを c,e,gとすれば、cを基音とした領域の集合だな、っ…

音程が透明になる、ということ;104.セシル・テイラー / Bemsha Swing★★

不定調性論的に様々な音楽を考える。 104.セシル・テイラー / // Cecil Taylor, "Bemsha swing", album Jazz advance, Boston, 1956 テイラーの演奏を聴くと、「和声」というものそれそのものが、「幻想である」と思えてきてなりません。 音程とか、音色とか…