音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;(cover)fall /superfly

自分の今後の打ち込みスピードアップのために。。メモネタです。

 

Fall / Superfly 【あなたには帰る家がある】主題歌 - YouTube

 この曲、1コーラスだけですが。

ぜーーーんぶ生楽器でしょ?目が眩みますよね、こういうのを打ち込むときって。

だって、貼り付けられないじゃん。。笑

のべ12時間かかりました。二日に分けて他の仕事の合間にやりました。

 

まず今回はドラムから打ち込むのやめて、ギターやFX系からやりました。

で、ピアノ、アップライトベース、バスドラ、スネア、ハット・シンバル、トランペット、サックス、トロンボーン他味付け、最後にイントロのSE。の順です。ギターのヘッド効果音は、ストラトヘッドをピックで下から上に引っ掻いた音を58で録音してDistをかけてます。その後の音はsliceして相対ピッチのラインを直線で上にあげるようにオートメを書いただけです。フレットノイズも15秒ぐらいで録音して、スライス。

 

リアルタイム耳コピ打ち込みなので、楽譜などは書きません。でも今回はホーンだけでもちゃんと書けばよかったな、って後で思いました。多分一声ぐらい足らないとこあるかも。聞き取れませんでした。その分中音部以下を厚くしました。あんまりジャジーにしすぎてもりんな嬢の場合はちょっと相性が違う気がして。。。クオリア・・。

(聞き取れないところは理屈で考えて補って、仮歌を混ぜながらそれっぽく聞こえるところに落とし込んでください。→そうしました笑。)

 

====

BFD3ってリムショットだけピッチを少し上げるってできないのかな、、とか考えて時間に追われていましたが、スネアをもう一個足せばよかっただけの話ですよね。。なぜ気がつかないか?打ち込みの経験不足ゆえです。もっとたくさんサンプル音がほしいけどPC走らなくなる。。今回だいぶバウンスして作業しました。作業時間が二倍になります。

大体いつもは1コーラス4-5時間です。

 

やっぱり難しいのはホーンセクションの聞き取り。カバーだから全く同じにする必要はないのだけど、時間が限られているし、他のyoutuber様方が皆さん弾き語り系や、軽めのアレンジだったので、違いを出すためにも原曲の編曲をリスペクトした打ち込みにしました。

 

トランペットは2セクションすぐとれます。サックスも目立つのなんとか。埋もれていくトロンボーンがちょっと難しい。最低音はほとんどわかりませんでした。

 

あとは何と言っても打ち込みの技術です。

音は十分に生っぽいんだから、後はスキルだろ!

 

時間制限がありますから、このぐらいのアレンジは7時間ぐらいで出来ないとちょっとお話にならないので、もう少し曲数制作を重ねます。

=====

ミックスについては、原曲が存在するのですから迷うことはありません。

ドラムのピッチを低くしたのは、りんな嬢の動画の感じを想定してのことです。それが成功してるのか失敗してるのか、なんて結局好みですし。

 

打ち込みが音源によって簡単になった分、いろんな環境で聞いてその最終形態を予測して仕上げていく手間が増えたと思いません??

 

まあそれでもこの曲を創る大変さに比べたら屁でもないような気がします。

 

とってもいいホーンアレンジで、めちゃくちゃ勉強になりました。

ピアノがちょっと大きいのは意外でした。まだyoutube音源制作の初心者感が出てますね。もう少し引っ込むと思ったのに!!逆にドラムちっさ!!!

お嬢の動画制作ソフトEQの感じもあるんでしょうね。

もっと高低音をゴンゴンキンキンにしてみようかな、、。試行して錯誤して。。