音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

なぜ彼はクリシェを使うのか。87, Too Shy To Say / Stevie Wonder

スティービー・ワンダーの不定調性進行分析

87, Too Shy To Say / Stevie Wonder


 

www.youtube.com

EM7 |Eaug/C |AM7 E/G# | F#m7 B7|
EM7 |Eaug/C |AM7 E/G# | F#m7 B7|

DM7 |C#7 |CM7 |B7 |
BbM7 | A7 |DM7 |F#m7 B7 |

控えめでしっとりと心にしみる曲。


歌声ってやっぱり大きいですよね。

 

Aメロではスティービー得意のクリシェ形が光ります。

それからサビでも、スティービー得意の半音進行が見事な美しさを表現しています。この進行で良くこのメロディが出てくるなぁ、と驚嘆します。

 

IM7-VII7というモチーフで、あのメロディが出てきたから、これでいける!となったのか、メロディが先だったのでしょうか。はてさて。

 

 

 AD

   

   

 

 

<スティービー・レポートより抜粋>
Aメロ
E |Eaug/C |AM7 E/G# | F#m7 B7|
E |Eaug/C |AM7 E/G# | F#m7 B7|
Bメロ
DM7 |C#7 |CM7 |B7 |
B♭M7 | A7 |DM7 |F#m7 B7 |


冒頭の二つのコードE |Eaug/Cはラインクリシェ的。

 

作曲をする時、“作曲者自身を勢いづけるコード進行”とも言えるような進行を配置することで、作曲に弾みが出る、その時の高揚感で、一気に仕上がる、というようなことがある。

 

そしてBメロ頭のDM7からの展開が美しい。曲をEメジャーのキーと考えると、VII♭M7というコードへの移行となる。そしてシークエンスで作られた展開が実にバランスがとれている。この連鎖感は真似できるかも知れない。


IM7-VII7とII♭7-IM7という連鎖感でDM7という終止和音を作りだしている。

 

そしてII-VでEのキー感に戻す。II-Vを用いてしまえばいくらでも転調が出来るので、安易な使用過多にならなければ、適度に活用して絶妙な転調や、“戻れない転調時の最終手段”として上手く使いこなすとよいだろう。

 

Bメロの進行感を皆さんはどのように感じただろう。

"Don't You Worry 'Bout a Thing"のsus4連鎖に似たシンプルなシークエンスの連続である。これはクリシェ進行の応用と考えることができる。


私は煙がかった波止場の空気が、少しずつ流れ、くすんだ空を映しだすような空気感を感じる。

もちろんスティービーにはそうした景色ではなく、彼の感じる世界の把握によって生み出されたものであろう。

けだるくなっていくような流れでありがら、緊張した肩がすこしずつ力を抜かれ、相手のメッセージを受諾したくなる気分にさせてくれるような展開である。

 

活用できる、と思えば、この雰囲気を真似してみる、という点であろうか。

風景的でありながら、大変濃い情動的な流れを感じる。


またBメロに入る前に、スティービーの展開パターンであるクロマチックで降りてくるベースがある。初期の作品でもバラードに見られた表現である。隣り合った鍵盤を追う、というのは目の見えない彼ならではタッチの方法であり、私たちがクリシェを用いる、ということとは違う非視覚的な音楽のアプローチと言える。

 

この辺りの視覚と音楽についての言及はスティービー・レポートが詳しい。

 

www.terrax.site

 スティービー・ワンダーで商品を検索