音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

137, さよならの前に/AAA

同主調転調の参考曲として。

さらっといくので、作曲してる人だけ分かるテンポで書きますね。


AAA / 「さよならの前に」Music Video

AD

   

E♭m→E♭→E♭m

ボーカルミックスの参考曲として聴いてて、いいな、この展開、と思ったのでシェアします。

 

Ebマイナーキーから入り、サビでE♭への陽転、そして言葉を残してEbmに陰転します。

別れの前の話、という流れですね。

さよならの前に / AAA ギターコード譜 - U-フレット

サビまでがEbmでいきます。

というより、Gbメジャー的ですね。

I-V-VIm-V-IV-V-Iと始まります。

そしてBメロです。この曲Bメロがイントロのメロディになっているんですよね。面白いです。

 

サビからEbになるのですが、サビ前はV7であるDbなので、ちょうど

 

VIIb→Iができる形になります。

Db→Ebですね。これがちょうど全音上げ転調みたいに聞こえて新鮮でした。

勉強になります。 

  

AD

   

 

 

 

サビ

サビ終わりはIVです。リリース終止でハーフラップな歌詞のセクションに入ります。

サビは

Eb-Ab-Bb-G(I-IV-V-III)

と流れるのですが、Abでは6thがメロディ音になります。結構賭けですが、アレンジが良いので混ざってます。真似したいと思います笑。

 

ハーフラップの後はイントロのセクション(つまりBメロ)に戻ります。

"投げ捨て系"の戻りです。 

つまりEbmに戻るので暗くなった感じになります。"手、振りほどき系"の陰転とか言ったりします。不定調性的なイメージ論で言えば、ですよ?

もともと別れの歌ですから、ここで陽転してもまあどうにも拾いきれませんけどね。

 

Aメロに戻る前はGb→Gbでそのままコード変化がなく入ります。

これは偶然かもしれませんが、「変化感の少ない戻り」でテンションを保って2メロです。「どうせ別れる」みたいな接続感あって、ああすごいなぁ、って感じました。

こういうのが曲作ってる時うまく繋がると、感動しますよね笑。

 

間奏アナライズできますか?

レッスンでは絶対にアナライズなんてさせませんが、ブログなので。

余興で、この曲の間奏だけでもアナライズしてみませんか?

B   |Bbm  Ebm  |B   |Bbm  Ebm  |

D   |Dbm  Gbm  |Abm   |Bbsus4  Bb |

です。

(key=Ebm)

VIb   |Vm  Im  |VIb   |Vm  Im  |

(key=Gbm=短三度転調)

VIb   |Vm  Im  |〜

(key=Ebm)

IVm   |Vsus4  V |

ですね。こういうのも偶然で作れるくらい慣れておくと良いです。

いちいち「ここで短三度上げだな」とか考えません。なんとなく曲の雰囲気を鑑みながら弾いているうちに見つけられるような「捜査力」を身につけます。

でも綺麗ですよね。ずっと投げ捨てたり、変化感の少ない展開をしてきたので、こうしたダイナミックな流れが間奏で出てくると「過去が蘇ってくる感」がすごいです。

若い人のまだイメージが確立されていない音楽的なクオリアを刺激しそうです。

 

Gbm→Abm

というマイナーコード全音上げで原調に戻る、というのもテクニックの一つです。短三度あげても半音や全音で戻れるところがあるんです。特にそれを覚えておく必要はありませんが、Abmが元のキーの何に当たるか、とかぐらいは(つまり各キーのダイアトニックコード)覚えてしまった方が良いと思います。

 

 

感動的なラストの転調。

"さよならの前に"

という歌詞で、投げ捨てて終わるのですが、Ebmに戻るんですね。これはかっこいいです。素晴らしいエンディングだと思いました。すごく盗みたくなりました笑。

いや、これはぜひ使いましょう。

 

「どうせ別れるんだから」

という感情のままふらりふらり最後まで来ましたが、ここで覚悟決まった感じがちゃんと出てますよね。ウーーーム。うなりました。

 

最後に陰転かぁ。。。。

 

真似しましょう笑。

いい曲ですね。勉強させていただきました。

こういうのを教材で使って、音楽って素晴らしいよ!!って教えるために音楽教室が印税払ってもいいかな、って思いますほんと。

だから誰か音楽教室にも投資してください笑。我々はどうやって資本を得ろ、というのか笑。

こんな音楽理論的な難しいこと、教室に入って勉強しない限り絶対にわからないだろ。

 

上の話が全部完璧に感覚的にわかる人は、すぐプロを目指しましょう。

 

AD