音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

認定ランサーになったよ。

 日頃、空き時間での制作、コンペなどで色々な経験をさせていただいているランサーズさんにて認定ランサーになりました。。。

AD

   

 

まだ案件は全然こなしてないんですが、もろもろ高い金額のお仕事の直接ご依頼を受けたり、ランサーズ経由で徹底して依頼を受ける流れを徹底して保っておりますので、その点評価いただいたのかな、と。

 

ランサー名はKAN_TAKEUCHIです。。

www.lancers.jp

 

ランサーズ心得。

というよりフリーランスの心得かもしれませんが。普段やってることを書きます。 

■メールが来たら5分で返す。勿体ぶっても何も得られません。待ち時間は相手の時間を奪ってることになります。

■結論が出ていない案件は、経過を報告する。相手が不安がりますので適度に報告を入れましょう。14日間の作業とか途中報告がないと不安ですから、七日目には一旦報告を入れます(途中で報告してやっぱり変えて、と言われることを恐れない笑、14日後に、もうできちゃったからしょうがないこれでいいやって言われるのとどっちが良いですか?)。

■気になる点は堂々と聞く。仕事を失う覚悟を常に持つ。仕事はどんどんあります。仕事はテンポ感を大切に。グルーブを狂わされる人とは仕事のアンサンブルも成り立ちませんし、それまであっていた人がグルーヴを崩してくるのには訳があります。考えましょう。そして相手が文句を言う前に察知しましょう(これは経験と性格かも)。

■価格は詳細に明瞭に提示する。「その他備品代」とかわけのわからない予算を乗っけない。

■納期を絶対に守る。納期二日前に完成していることを報告し、残りを冷静な頭で仕上げる。相手も安心して穏便に最後まで付き合ってくれます。

■できないことは約束しない。それもまたスキルです(その代わり死ぬ気になれば何でもできます、それは最後の手段。最後の手段がいつなのかを把握するためにいつも限界に挑戦しないといけない、っていうのは日々ありますがそうやってるとつかめてきます)。

■こちらの素性を明示。どこの誰か、現実に存在する人間であることを明示。

■プロフィールと実績は偽りなく等身大に。無謀な仕事はきません。ちょうどいいのがきます。

■媚びない。相手とは対等です。サービスを提供し、対価を提供するビジネスです。

■自分の信念に合わない人とは仕事はしない。私なら上記内容を徹底する私のキャラクターを理解できない人は仕事できません。

■常に自分でいること。誰かのスタイルを要求されるような仕事は受けません。その手の仕事は得意な人がたくさんいます。自分がやる必要はありません。

 

こうした態度で接することで、コンペが落ちても、それは縁がないだけ。このスタイルとマッチして出会った人は大抵その後の直接依頼や継続につながってます。ランサーズはまだ8か月ですが、M-Bankでは9年フリーランスをやっていますので、いろいろノウハウを得ることが出来ました。

 

失敗しても成功しても充実するのがフリーランス。

 

安定しない職業、決して儲からない職業、に見えますが、心の中はいつもエネルギー充填状態です。自分自身でいられます。

 

引き続き頑張ります。。ご縁のある方は、どうぞよろしくお願いいたします。

 

AD