音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

裏サブドミナントブルージーIV7th???~ジョンの不定調性進行;ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」3(2018)

7、マーサ・マイ・ディア - Martha My Dear

 

AD

   

特徴的なのは変拍子の多用です。このアルバムは"サージェントペパーズ~"の成功をビートルズ的に解釈した結果なのではないでしょうか?
"サージェント~"で自分たちのコンセプトを見つけ、ホワイトアルバムではすでにそれを破り、新しい方向に向かい始めている、そんな印象も受けます。
Aメロ
3/4Eb |2/4Eb D |4/4Gm Gm/F C7 |F |
Bb Abadd9 |Bb7 Abadd9 |Bb7 Abadd9 |Bb Bb7 |
Bメロ
Dm7 |Gm9 |F |F |
Csus4 C |Csus4 C A7 |Dm7 |Gm9 |
Cメロ
2/4Dm7 |4/4 G9 |2/4Dm7 |4/4 G9 |
BbM7/C |BbM7 |Dm7 |Gm9 |~
すごい進行です。


なんだかブレッカーブラザーズの曲か?と思うような進行です。

不定調性のチャートをまた出しておきます。
Cレベル3周辺コード
C-Dm-Em-F-G-Am
CM7-Dm7-Em7-FM7-7-Am7-Bm7(b5)
Csus4-Dsus4-Esus4 =Gsus4-Asus4
C7-D7-E7-F7-G7-A7-B7
Cm-Eb-Fm-Gm-Ab-Bb
Cm7-Dm7(b5)-EbM7-Fm7-Gm7-AbM7-Bb7

さらにadd9もビートルズはよく使うのでそれらも加えてみましょう。
Cadd9-Dmadd9-Ebadd9-Fadd9-Fmadd9-Gadd9-Abadd9-Amadd9-Bbadd9

これらを出てくるがままにコードリックと組み合わせます。


II-V的な感じでつなげると、
例;
CM7 B7 |Em Ebadd9 |AbM7 |G7 A7 |
Dmadd9 |EbM7 |FM7 |AbM7 |
Dm7(b5) |Esus4 Gsus4 |CM7 |F G |
というのが不定調性的なアレンジです。

 

これはチャートから何となく拾いながら曲の流れを構成したに過ぎません。

 

あとは慣れです。どんなコードからどんなコードに流れた時に、どんな印象になるか、その音楽的意味をしっかり把握しながら、自分自身を説得できる不定調性な流れを構築してみてください。


8、アイム・ソー・タイアード - I'm So Tired
今度はいかにもジョン的な不定調性。
主題
A G#7 |D E |A F#m |D E |
A Eaug |2/4F#m |Dm |
また2/4!

 

この最初の部分、
例;
A F#m |D E |A F#m |D E |
でもいいですよね。別に。でもこのG#7が来るからこそ、そのあとの「普通な」A-F#m-D-Eが映えるんだとおもいます。

 

不定調性進行と、調的進行をうまく組み合わせる、これも不定調性の楽しみの一つです。

 

G#7は機能和声で云ったら何ですか?裏サブドミナントブルージーIV7th?
いやいや、単にAのあとにG#を弾いたら、とてもイイ感じになった、だけかもしれません。

 

ギターだったら、同じフォームでスライドするだけなんですから。

 

Eaugはジョンの好きなコード、
「augの展開感」
「augのじりじりした感じ」
そうした印象を知っていたであろうジョンが用いる、必殺技ですね。

 

AD

   

 

 

 

8,Julia / The Beatles

ビートルズの曲の中でもとりわけコード進行が美しい楽曲、という印象があります。

この曲の進行は夜やBlack color(黒色)をイメージさせてくれて、独特で怪しげでいいなぁ、と思ったものです。何かよからぬものを呼んで召喚でもされてしまうんじゃないか、なんて子供心に感じました。

 

D | Bm7 | F#m7 |F#m7 |
D | Bm7 | F#m7 |A7 |

D | Bm7 | Am |Am7 |
B7 | B7 | Gm7(9) |Gm7 |
D | Bm7 | F#m7 |A7 |

==展開部
C#m |C#m | D |D |
Bm7 |Bm6 |F#m7(9) |F#m6 |F#m7(b6) |F#m7 |

Dをセンターコードとして作っていきます。


Am7はVmです。これはドミナントマイナーですね。しかもVm-Vm7という二つ用いています。繊細な感じです。

また、Gm7(9)-Gm7も同じように一つのコードでじりじりと動きます。この辺も私は「夜の感じ」を覚えます。メロディに乗っている9thを上手く際立たせます。Gmは IVmです。

B7はVI7ですが、Am7のあとなのでIII7のように響きます(III7感)。そこからGmに向かいます。この辺りも機能性というよりも、脈絡で紡いでいった方が出てくる展開なのではないかと思います。

展開部のC#m-Dはフリジアン的な進行です。C#マイナーキーに転調してしまったような印象も受けますね。Dを聴いた時C#m7がVIIm7に感じる人もあるでしょう。


次のBm6の6th音がF#mの9thに引き継がれて、暗いクリシェを呼び込みます。

F#m7はDメジャーキーのIIIm7ですから、ピヴォットコード(二つのキーのダイアトニックコードに共通するコード)になりDに戻れます。

センターコードをDと定め、それを作曲の起点として、あとは雰囲気の赴くままコードを連鎖し、またDに戻ればよい、というルールでの作曲、メジャーなのかマイナーなのか分からない雰囲気はビートルズの楽曲の一つの特徴でもあると思います。

 

一つ問題です。
:CM7 |Xxx |F#m7 |Yyyy :|
この四小節のコード進行を自由に完成させてください(一小節に一つ)。


あなたが、美しいなぁ、と思う和声の流れを作れば良いのです。

 

 

AD