音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

スリーコードマジック;A Hard Days Night〜ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「A Hard Day's Night」1(2018)

1、ハード・デイズ・ナイト(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!) - A Hard Day's Night

AD

   

G C |G |F |G |
G C |G |F |G |
C |D |G |C7 |G |

一見キーはCメジャーかと思わせる展開ですが、Gです。

 

C,F,Gが使われていますがFはGのVIIbなんですね。

面白くないですか??これ。Cメジャーキーのスリーコードに一瞬見えますよね。

 

ロックといえばペンタトニック=五音音階ですが、たとえば、これをCから見てみると、
C-Eb-F-G-Bb
というマイナーペンタトニックが有名です。

 

これにそれぞれメジャーコードを乗せてみて下さい。
C△-Eb△-F△-G△-Bb△
ちょっとビートルズっぽいコードの流れになります。

 

展開部
Bm |Em |Bm |% |
G |Em |C7 | D7 |

 

さらにこの展開部、IIImに移行してVImを従えるんですね。またC7が調的感覚を奪っていきます。

 

ここでのC7が何だか凄く違和感に感じます。
でも「ブルージー」といえばいえなくもありません。

 

すると、下記の質問が沸いてきませんか?
調的な感覚って何だ?
ブルージーって、どういう感覚なんだ?

そこを不定調性は解きたかったわけです。

 

AD

 

2、恋におちたら - If I Fell
下記を参照下さい。

www.terrax.site

 

3、今日の誓い - Things We Said Today

Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 Em7 |
Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 Em7 |Am7 |
ここまではドリアンともエオリアンともいえない流れです。

メロディもAマイナーペンタトニックが日本の民謡調に使用されていて、独特です。

 

この先、
C |C(9) |F |Bb |
と流れます。

 

ビートルズ得意のメジャーコード進行ですが、BbがAフリジアンのbIIのように強烈です。

 

さらに展開部では、メジャーキーに転調し、
A6 |D7 |B7 |E7 |
A6 |D7 |B7 |Bb7 |
と7thコードで展開するは、裏コードBb7は出てくるは、まるでコルトレーンの曲でも見ているかのようです。

 

でもメロディが美しく、こんなジャズテイストのコード進行があるとは思えません。

 

つまり、曲の頭はいかにもIm-Vmで泥臭く、マイナーキーを出しておいて、そのまま泥臭くいくのかと思いきや、いきなり不定調性な進行で展開していく感じの対比がある事で、動的、静的な感じが、うまく出されています。こういうのは理論ではなくて、作りながらそうやって自然位選べる人が世の中にいる、ということですよね。

 

また、繰り返しが行われる事で、その雰囲気が刷り込まれ、そこからがらりと変わる事で、変化感を感じる、というのもあると思います。スティーリー・ダンが発展させた手法です。

www.terrax.site

例;
CM7 | FM7 | CM7 | FM7 |
CM7 | FM7 | CM7 | FM7 |
BbM7 |BbM7(9) |BbM7 |BbM7(9) :|

 

というようなBbM7はまるで必要とされていたかのように登場します。
こんなとき、キーとか云々という頭は吹っ飛んでしまいますね。

でも、そういった解き放たれる思考、とっても大切です。

 

 

AD