音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

1,Day Tripper(6つのメジャー系コード使用曲)/The Beatles(2018)

ビートルズの不定調性コード進行研究

Day Tripper/ The Beatles

AD

   

この曲で使用されているコードは、

E,A,F#7,G#7,C#,B です。

有名なリフが骨格になっている曲です。
====
この曲は、キーがEメジャーですから、本来は、
E,F#m,G#m,A,B,C#m,D#dim
によって曲が構成されている必要があります。

しかし当然ここでもそんな構造はありません。

まるで知っているコードフォームを適宜平行移動しながら作るように和声を連鎖させます。この技法を、音楽理論的に認知できるようにしたのが、不定調性論です。


「べつに自分、コード鳴らしていったら、いくらでも曲作れるけど。」
という人をサポートできる方法論です。
 

AD

 

同曲1コーラスは、歌入りから、

E |E |E |E |
A |A |E |E |
F#7 |F#7 |F#7 |F#7 |
A |G#7 |C# |B |
E |E |E |E |

です。これらのコードを機能和声で分析すると、

E=I=トニック
A=IV=サブドミナント
F#7=II7=ドッペルドミナント
G#7=III7=平行短調C#mのドミナント
C#=VI=セカンダリードミナントまたは、平行短調の同主転調
B=V=ドミナント となります。

しかし、これが分かっても
「なぜそこにF#7を使ったのでしょうか。」
「なぜ F#m7ではいけないのでしょうか。」
についての感覚的理解が進まないと思います。

作曲において「これ。そんときにそれがいいと思っただけ、それ以上の理由はない」となったとき、この状況をあなたはどう理解しますか?

音楽理論というのはこの感情的帰結を分析することができません。

不定調性論では、それを個人の感性の帰結、とすることで、結果的に、「あなたもそのように思う時が来る」ということの重要性を体に刻んでいきます。これは機能和声の終焉ではありません。機能和声という考え方があるからこそ、こうした感性論に重きを置くことができるようになったのです。

======

まずメジャーコードを全て覚えたとすると、

C△,C#△,D△,D#△,E△,F△,F#△,

G△,G#△,A△,A#△,B△

という12個のメジャーコードを弾けるようになりますね。

そして中心とする和音をE△とします。

機能和声のEメジャーキーでは、
E△ A△ B△がスリーコードですね。

 

次に同主短調Emのキーでダイアトニックコードを見てみると、
Em-F#dim-G△-Am-B△(またはBm)-C△-D△
となります。ここから
G△、B△、C△、D△を引っ張り出してきます。


近親調のメジャーコード、などと知らなくても良いわけです。

E△-G△-A△-C△-D△

後は好きに組み合わせて連鎖を作るだけ。順序もどうぞお好きに。

=====

次にこう考えてみましょう。
F#m-B△-E△
よりも
F#△-B△-E△
を用いたいときというのなどんな感情を訴えたい時か、考えてみましょう。
二つの進行の「印象の違い」「持っているニュアンスの違い(自分にとっての)」が分かられば使い分けられます。

 

 

そして音楽的中心を「調」ではなく、「センターコード」としてここではE△を配置していきます。

E△がいろいろなメジャーコードに飛来していく感じになります。

 

|:E△-F#△-F△-Bb△
E△-Bb△-F#△-B△:|

 

ちょうど和音をメロディのように並べていくような作曲法です。
これを和声単位作曲技法といいます。

 

 

AD

作曲、まずはボーカロイドからでしょ。

VOICEROID2 結月ゆかり