音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ケーデンスを発明しよう~ビートルズ楽曲topic

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「Help!」3(2018)

6、恋のアドバイス - You're Going To Lose That Girl

AD

   

Aメロ~
Eb |Gm |Fm |Bb7 |
Eb |Gm |Fm |Bb7 |
Eb |Cm |Fm |Bb7 |
Fm |Db |Gb |B |
Gb |% | % |B |E |
Eb |Gm |Fm |Bb7 |~
展開部を含む、2コーラス目から取ってあります。
キーはEbを巡るのですが、展開部で、解放されたように、メジャーコードが展開します。ビートルコードですね。

Db=VIIb
Gb=IIIb
B=VIb
です。

 

Fm→DbがDbメジャーキーのIIIm→Iのように感じさせ、そこからDbがドミナントになり、Gbに転調します。

 

AD

 

そこからBに流れ、その勢いでEに向かいます。
このEは続くEbのいわゆる「裏コード」です。
言ってみれば、Ebに綺麗に戻りたかったのに、半音ずれて戻っちゃった、どうする?
いや、ふつうにEbに落とせばいんじゃね?
的な。

彼らは裏コードという手法だ、と言うことをどんな概念で理解していたんでしょうか?

 

でもE→Ebは何となく落ち着くので、「これもいいよね」という感じだったのか、でも見事に主調に戻ります。ダイナミックな展開ですね。

 

8、イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love

C G/B |Bb F/A |G |Gaug |
C G/B |Bb F/A |G |Gaug |
F |G |C |Am |
Bb |G7 |C |Am |
Bb |G7 |F |G7 |

Aメロのベースラインが素敵です。

Gaugもジョンに合っているように思います。
良くここに挟んだなぁ!!、なんて思います。

 

キーはCですが、メジャーコードの連鎖が見事です。

 

Bbサビのそれぞれの節の頭のコードになるんですよね。


BbそのものはCにとってのVIIbですが、ここではAmから半音上がった「フリジアンのIIb」のような印象を与えます。

これは私の印象です。

ここでBbはすごいなぁ、と感じます。

 

不定調性で言う進行定義で、下記のようなものができます。
I=Cmとします。
基音領域変化
Cm-Am-Cm
Cm-Ebm-Cm
Cm-Gbm-Cm


上方領域変化
Cm-Gm-Cm
Cm-Bbm-Cm
Cm-Dbm-Cm
Cm-Em-Cm

 

下方領域変化
Cm-Fm-Cm
Cm-Abm-Cm
Cm-Bm-Cm
Cm-Dm-Cm
それぞれのケーデンスに雰囲気があると思います。これらを自分の中でイメージを膨らませます。

たとえば上方領域変化であれば、
Cm-Gm-Cm・・・説得しようとしている
Cm-Bbm-Cm・・・嵐が来る
Cm-Dbm-Cm・・・騒がしいこの世界
Cm-Em-Cm・・・スペクタクルな風
これは、単なる印象ですから、自由で結構です。

 

あとはそうした曲ができたとき、これらの進行を使えるかどうかです。

新しい和音進行をどんどん作りましょう。

AD