音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ビートルズ風変則ロックンロール; I Saw Her Standing There〜ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」1(2017)

 

1,アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

 - I Saw Her Standing There

   

  

楽曲がE7で始まり、A7に流れます。

Aメロ
E7 |% |A7 |E7 |% |% |B7 |% |
本来、この時点で機能和声では説明が難しいです。
7thコードの解釈が多様に可能だからです。

E7は、「ブルースのトニック」などとジャズ理論でも表現されますから、なんとなくブルージーなんだ、というような感じで理解ができる(ブルース知ってる人は)と思いますし、耳になじんでしまっていると思います。

 

ではEdim7はなぜトニック機能にならないのでしょう。
ではEm7(b5)はなぜトニック機能にならないのでしょうか?

 

となりますよね、しかし、
F#m7(b5)-B7-Edim7
を弾いてみてください。何だか絶望的なエンディングを感じませんか?全然アンハッピーエンド。

トニックの場所に配置しようと思えば配置できるし、"解決している"と思えば、解決できる、音楽の歴史が教えてくれるのはそういうことだと思います。まさにバッドエンドだ。


もちろんEm7(b5)も。
F#m7(b5)-B7-Em7(b5)
は、物寂しいエンディングになります。
このEm7(b5)は展開すれば、Gm6ですから、Emの平行調(G)の同主短調(Gm)という近親調への転調だ、と思えば良いのではないか?といわれそうです。

 

 AD 今年こそビットコインでお小遣いを膨らませる。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 


7thコードの連鎖は不定調性進行であり、教材では四度領域和音の展開、という観点から考えます。

機能和声論のように7th和音はドミナントである、という観点に立たないスタートラインを設けるわけです。

 

ここでは、当時彼らも一生懸命聞いたであろうアメリカのR&Bのサウンドからインスパイヤされたサウンドを求めて曲を作ってみた、という理解で良いと思います。

 

でもこれがやがてビートルズブルースに展開していきます。

 

 

このとき、E7からA7に流れたから、「ブルースのあの感じ」を思い浮かべるはずです。

だから「ああ、ロックっぽい」とか「ちょっとブルースっぽい」とか感じることができるのです。こういった感覚と印象を「音楽のクオリア」と拙論では述べ、それだけで音楽は作れる、と思います。勉強というより、その他のコードや、ヒット曲はこの世界で生きている以上自然に耳に入ります。それで気持ちいいものを参考に取り入れれば特に学校で勉強をする必要はない、ということです。

それでも勉強したい!!と思えば学校はいつでもウェルカムなので(少子化だし)、先生を存分に活用ください。

 

時代のこれからを担うのみは皆さんなのですから。こんな生きづらい時代にしてしまってすみませんと謝るのは先生のほうです。それでも誰の責任でもないのがこの世の有り様ですので、グッと噛みしめて先生と二人三脚で良い時代を作ってください!

 

     

そこでサビです。
E |E7 |A7 |C |
E7 | B7 | E7 |E7 |
E→E7がとても効果的ですよね。

A7からCに行くあたりもスリリングです。

彼らが「カッコイイ」と思ったものを用いているのでしょう。

難しいコードは使っていません。知っているコードを並べただけです。

E→Aとただ流れるのではなく、
E→E7→Aと流れるきめ細やかさ。ベースラインが下がっていくから、ドライブ感とかぐいぐい感を感じませんか?

 

これもそう感じることで初めて意識に設定出来ます。

このクオリア力、印象力を音楽では鍛えることで、様々な音楽鑑賞も有意義になってくる、というわけです。

 

そしてこのCはなんでしょう?
Eメジャーキー
E-F#m-G#m-A-B-C#m-D#dim

Eマイナーキー
Em-F#dim-G-Am-Bm-C-D
の融合です。
ここでのメジャートライアドは、
E,G,A,B,C,D
です。これらを自由につなげてコード進行を作ってみてください。
例;
E |C |D |A |C |D |B |B :|


はいかがでしょうか。ビートルズ的ですね。

 

E |E7 |A7 |C |
E7 | B7 | E7 |E7 |

この進行を、

<アナライズ1>

key=E                                                         Key=Em

I(T) |I7(subD) |IV7(subSD) |VIb(subSDm) |
I7(subT) | V7(D) | I7(subT) |I7(subT) |

 

とアナライズするのではなくて、

<アナライズ2>

E(きたぁサビー!!) |

E7(ぐぃーん!) |

A7(イヤッ) |C(ホーーーーーー!!!!) |


E7(タイッとる!) |

B7(タイっとる!) |

E7(彼女がそこに立ってるーーーーー) |E7((≧∇≦)!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー) |

 

とアナライズするのが不定調性論です。

というか、アナライズ2を全く感じないのに、アナライズ1やってもしようがないし、2が分かるからこそ、1をみて「まあ、なるほどね」って思えるはずです。

学問は学問、、みたいな笑。

 で、時代はますます良くわからないけど心に来るものが日進月歩です。だから先に自分の感覚、自分の感じたことを、自分に真っ先に認めさせてあげるんです。

「これいいよね!」って思ってネットを検索して、同意見の人を探して、コミュニティに入って、議論して、オフ会して、確かめ合って!というステップを飛ばして、

めっちゃこれイイ!あ、もう、これ。これでいく。今日はこれ。

となって、その日のうちにそのココロの道を舗装して作っちゃって、曲出しちゃう、というクリエイターがいるなら、それでいいですよ、それが現代的な音楽理解の道ですよ。と言いたいわけです。