音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Beatles For Sale」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究

1、アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser

   

 

 

 

これも「ビートルズコード」といって思い起こす展開で進んでいきます。
Aメロ
G |D |F |G |
G |D |F |G |~

ここだけで十分です。

キーはGですが、VIIbのFがいい感じにビートルズしています。

 

現在でもこういう進行使われていますよね。ポピュラーではさらりと行きますが、これをジャズにすると、
GM7 |D7 |F7 |GM7 |
などとすると、ちょっと変ですよね。

脈絡の希薄さと言うか、なんと言うか。

 

やっぱり三和音でパーン!と流れるところがいいんですよね。
三和音、というのは「簡素で初歩的」と思い込んでいるところがないでしょうか?

三和音は、鳴っている音が少ない分、極彩色で、色合いの変化がまるで色鮮やかな西洋の街並のように、文字通り「ポップ」に響きます。

現代ジャズやポピュラーは、この二つの色彩感をうまく融合するジャンル(フュージョン)が確立されているので、うまくいいとこ取りで活用していきたいですよね。

 

 

 AD 今年こそビットコインでお小遣いを膨らませる。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

 

2、ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black
これも全編コーラス。自然に聴き流してしまいますが、この美しいコーラスが何より魅力ですね。

Aメロ
A E7 |D7 E7 |A E7 |A |
という流れですね。


このAもA7にしても良いような感じです。
でもそこまでブルースにしなくて良い、というのもあると思います。

ビートルズコードは「何のために作られたか?」より「どう使えるか?」を考えるのがポイントですね。

 

ここでのE7→D7の不定調な流れは、ブルースのV7-IV7の流れと言ってしまえばそれまでですが、この進行でブルーさを薄めて、もっと別の雰囲気を作ろうとしています。

 

ブルースという歴史の断片を、切り紙のようにちぎって貼り合わせて、新しい絵を作るような作業ですね。最初は音楽でブルースができるとそれだけで喜んでしまいますが、その先に何があるか、というと「自分だけのブルース調の音楽が作れるか」になるわけです。当然最初は、「自分なりのブルースが、本家のブルースより魅力的なわけがない」と思ってしまうものです。しかしそこにいかに素早く踏み込めるかが、実は自己実現としてもとっても大切なんですね。ビートルズはその機会と才能に恵まれ20代で全てを覆して作ってしまいました。

 

     

3、アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun

Aメロ
G | F7 |C | D |
C Em |D G |C F | C |
G | F7 |C | D |
C Em |D G |C F | C C7 |
展開部
Dm |Fm |C |C7 |
Dm |Fm |C |Dm |
G | F7 |C | D |
C Em |D G |C F | C |

キーはどこでしょう。

一見Gのようですが、Cです。ここでのDはCにとってのIIなんですね。

 

でもドッペルドミナントではないです。

展開部前のC7も美しいですし、Dm-Fmも非常に綺麗です。

 

DmはCメジャーキーのIIなのですが、もはや独立していると思いませんか?
スティービー・ワンダーもこのIIの独立がうまい人ですが、これを普通考えようと思えば、ダイアトニックコードというくくりを排除する、という発想が必要です。

通例ここはIVなどに行く部分ですが、IImで代用もできます。基本的な感覚としてはただSD系のコードに展開する、よくある例と言えばそれだけなのですが、IVmに短三度上がって展開するところが良いのですよね。IV-IVmではない、というところが。

 

なかなか調性教育を徹底されてきた頭には困難です。

ちょっと挑戦してみましょう。
コード進行作成例;
C |B7 |C |F |
Dm |Bb7 |Dm |E7 |
みたいな感じにしてしまったとき、機能和声では、おそらく五小節目のDmはCメジャーキーのIImと位置付けるでしょう。


でも本当にそうでしょうか。

 

ダイアトニック感、というのは体に染み付きすぎて離れないものですから、敢えて意識する必要はありません。正確に言えば、ここでのDmは、ダイアトニックのIImの名残を残したコード、という程度であるとおもいます。


しかしながら、この「名残を残したIIm」への機能感を適切に説明する理論が無いので、結果的に薄っぺらい分析しかできなくなります。

 

結果的にIIm解釈されるコードを使ったのであって、「IImの概念」が使いたいのではありません。

この解釈が非常に大切です。

 

問題は、このDmが「CメジャーキーのIImである」または「独立したDマイナーキーのIである」としか説明することができない音楽理論の説明範囲の狭さにあると思います。

しかしそれが伝統学習の正当な解釈の限界ですし、そこから先はあなた自身がどうにか考えるしかないのです。

その「考え」の一つが不定調性論です。

わたしはこのIImはCから全音上のDmのキーに転調した、ぐらいのダイナミックさを感じます。理論解釈的には違うのでしょうが、「そう感じる」のです。

だからそう感じたその印象を大切にしたいです。