音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究

1、バック・イン・ザ U.S.S.R. - Back in the U.S.S.R.

   

 

 

これも不定調性的進行で進んでいきます。

つまり「知ってるコードを感覚で並べて作るコード進行」です。

ただし、そこにカッコいいメロディが載せられるかは別です。。その進行のかっこよさを本当に信じていないと勢いのあるメロディを載せることはできないでしょう。

Aメロ
A |D |C |D |
A |D |C |D |

サビ

A |C |D |D ||

 A |B7 E7 |~

Aメジャーキーの中にCとB7が入ってきます。
メジャーコードで、いたって簡単なのですが作り出す雰囲気が独特です。
強烈な変化感がロックしてますよね。

しかも、A,D,Cのコードを順序を入れ替えて使うところなど、なかなかニクいです。

この入れ替えによる変化感は結構強烈です。サビの決めフレーズのところですね。

・コードの利用が似通っていれば、ダイナミックな曲は作れない、という観念を吹き飛ばしてくれました。

 

 AD いまこそビットコインはじめてみませんか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

2、ディア・プルーデンス - Dear Prudence
これは掛留概念の拡張=クリシェナンバー。


イントロ
Dadd9 D |C/D G/D |A/D C/D |2/4 C/D |
D D/C |D/B D/Bb |


Aメロ
D D/C |D/B D/Bb |×4
D D/C |D/B D/Bb |D |C G |
D D/C |D/B D/Bb |

展開部
D G/D |A/D G/D |D G/D |A/D G/D |F Ab |~


Dが目立ちますね。
不定調性では、クリシェの拡大手法を「掛留概念の拡張」と呼んでいます。
ギターポジションの関係とベースラインの組み合わせによって生みだされた雰囲気です。

 

作業は単純です。
一つのコードにベースラインがどう乗るかを試すだけです。
それがどんな機能になるか?とか考えず、出て来た雰囲気がどのような色合いを持つか、自分のハートで判断すれば良いのです。

 

変な例を出してみましょう。

 

C△を分子にします。
C△/C=C△
C△/C#=??
C△/D=Am7(11)
C△/D#=??
C△/E=C/E
C△/F=FM7(9)
C△/F#=??
C△/G=C/G
C△/G#=G#augM7
C△/A=Am7
C△/A#=C7/Bb
C△/B=CM7/B


となります。

機能和声の範疇を超えた和音が沢山出てきます。
しかしながら、それらの特殊和音にも雰囲気があります。名前がないからと差別するのはやめましょう。これらの和音を普段意識の外に置いているかもしれません。

ちょっと変わったBGMというコンセプト、または全く不協和ともとれるサウンドによるクリシェ、またはそんな和音でもポップスに使う!!でもなんでも、まずはトライするところから始めましょう。あなたならできる! 

     

次のような進行はどうでしょう。
例;
C |C/G# |C |C/G# |
例;
C |C/F# |C |C/F# |
例;
C |C/Bb |C/B |C |
例;
C |C/G |C/C# |C |
協和と不協和のバランスと、二つのライン(和声の停滞性)と低音の陰鬱とした動きが、なにか押し止められた感情の、嵐の前の静けさのような雰囲気を作ります。
逆に、
例;
C |C/A |C/E |C/D |
という進行には、憂いはなく、淡々とした情感、例えるなら、うーん。。昼下がりの海沿いに広がる埋め立て地の駐車場、みたない殺伐さ?


何ともいえない、「空虚感を持った感情」のようなものでしょうか?
皆さんそれぞれ、いろいろと感じると思います。

 

結局そういう感情を、音楽にストレートに活かしていくことで、音楽が生まれるわけですから、既存の感覚に囚われず、ぜひいろいろ試して構築してみてください。

 

ちょっとした感情を展開する力、が普通の曲を名曲に仕上げる怒涛の力になっていくと思います。自分の作った曲を「つまらない曲」なんて絶対に思わないでください!たとえ人から何と言われても!!

 

でも、これ、とっても難しいですから、よき理解者を見つける旅も必要になりますね。

 必ず理解してくれる人がいます。

今大勢を占めている人たちが全員NGと言っても、彼らより頭一つ抜け出た人が一人OKということだってあります。あなたにとってそれは大いなる自信になります。信じられないかもしれませんが、世の中は可能性とバリエーションの宝庫なんです。あなたの名前が広がれば、あなたを素敵だ、と言ってくれる人が何千人いることでしょう。それをまだあなたは知らないだけです。

 

3、グラス・オニオン - Glass Onion
ブルージー7thの活用ナンバーですね。


Aメロ
Am |F7 |Am |F7 |
Am |F7 |Gm7 |C7 |
Gm7 |C7 |


サビ
F7 |D7 |F7 |D7 |
F7 |D7 |F7 |G7 |

 

機能和声的に見たら、完全にAm-F7で調が瓦解します。
でもF7がブルースのVIb7を想起させ、ブルージーに響きます。
ゆえに、一回これを使ってしまうと、全体がブルージーにならざるを得ないんですね。

よって7thコードが統一されたように連発してきます。
それがまた不定調性的な響きを作り出します。
参考にしていろいろ7thコードを使ってみると、自分のコードの幅が広がると思います。

 

これらのF7,D7がFM7,DM7だとまた全く雰囲気が変わります。

この差を作曲の際に捉えられればいいわけです。もちろんM7の憂いの方が好きだ、という方もおられるでしょう。

 

あなたがブルースロックを聞いたことがあれば、あなたはそのコードが出てきた時、なにやらスリリングなアブなさを感じるかもしれません。

またブルースロックを聴いたことがなければ、ラベルやストラヴィンスキーのような燃えたぎる赤を感じるかもしません。面白いですね。同じコードで青と赤。

 

なんでもいいんです。あなたが何を感じられて、それから動機がどう生み出されるか、それが活用できるか、です。音楽的知識に頼らず、あなたがあなたに訴えていることを聞いてあげてください。

 

どんなに頑張っても人は皆平等に死んでいくのですから、自分の意識に素直にならないとこのフェイク社会を信念で生きることは難しいです!

ビートルズはそれをやってきた。前例があるのだ、恐れることはない!

あなた自身があなたを、自分はビートルズのような成功を掴めるわけがない、などと決めてかかる必要も時期も理由も永遠にあり得ないのです!