音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Abbey Road」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究

1、カム・トゥゲザー- Come Together

前作で、コードの限界と可能性にある程度のゴールを発見し、このアルバムではついにそれが独自のバランスで配置されます。。

   

D7(#9) |% |% |% |
A7 |A7 |G7 |G7 |
D7(#9) |% |% |% |
D7(#9) |% |% |% |
A7 |A7 |G7 |G7 |
Bm A7 |G7 A7 |~

歌い出しからです。

この個性的なカッコ良さは多くのミュージシャンに様々なアレンジでカバーされています。
ビートルコードがふんだんに使われ、きわめつけはD7(#9)というジャズサウンド、彼等はいつどんな形でこのコードを知って、どんなイメージで使っていたのでしょう。

 

全体が暗闇の中から聞こえてくる声みたいで、怪しいサウンド、意味不明な歌詞、の世界観が完全にマッチして100%不安になります笑。

 

7thコードしかないのに、どこか陰鬱とした雰囲気は、あのベースラインのリフにあるのかもしれません。もちろんそう思わない人もおられるでしょう。それで結構です。其の世界観があなたに新しい曲、価値観を作らせるのです。

 

 AD いまこそビットコインはじめてみませんか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

 基本はD7,A7,G7でできていてブルース系ですが、どこかブルースの感じがしません。

(不定調性;これも先ほどのHey bulldogと同じ、四度領域のサウンドだからですね。

そもそも7thコードというのは、五度領域+四度領域のサウンドです。
たとえばC7なら、
C7=Cu5+Cu4で、
C,EG+C,G,Bb
と考えることができるからです。)

 

一般には、こうした、ブルース形式の中ではない7thコードを「ブルージー7th」などと呼んでいますが、不定調性論では「領域混合和音」として、その独特の雰囲気をカテゴライズしていきます。

「ブルージー7th」って勝手にイメージ決めないでくれる?

「緑色を、『緑色』って言わないでくれませんか?イメージが決まっちゃうんで。」

 

ww草です。クリエイターというのは何でも自分で作らないときが澄みません。既存のものを研究して焼き直すだけの人は、クリエイターではなく、研究者です。いや、研究者がクリエイターで、クリエイターはイノベーターなのかもしれない。

まあこうしたカテゴライズも意味がありません。あなたはあなた、別にどこかに属する義務など無いのです。淋しいから属したいでしょうけど、あなたは絶対にそこに100%属することはできません。約束します。だから最初からあなた自身を楽しむ訓練を積んでいく必要がある、というわけです。

 

ビートルズは7thコードのサウンドが持つ別の魅力を理解し、

「7thコードは、ブルージーでもあり、無表情に難い雰囲気だったり、人を急かすようにとがったり、ロックそのものになったりする」

ということを体で知り、楽曲制作に活かしていたように感じます。

 

     

ではちょっと簡単に「領域混合和音」によるコード進行を作ってみましょう。

 

例;
C7 |D7 |F7 |G7 |
Ab7 |Bb7 |Eb7 |Db7 |

など、ビートルズっぽいですか?

どうでしょう。

 

もちろん領域混合和音というのはこれだけではありません。
Xm7(b5)やXmM7やXdim7などもそうです(教材参照)。

 

最初から機能和声的な三度堆積で和音を考えてしまうと、こうしたグルーピングを見抜くことができません。和音は三度堆積である、と決めてかかっているうちは、音楽に縛られます。音楽に理論がある、と思っているうちは音楽に縛られます。

 

理論があなたを縛るのではありません。あなたがそう思ているから自分を縛り付けてしまうのです。

 

最終的には、どんな響きをどうつなげて、どんな進行を作っても構いません、となるのですが、いきなり意識がそれを許容しないと思います。

この虫は食べられるよ。科学的証明されてるよ。

と言われてもなかなか、良し!食べよう!!

 

とは思わないものです。

あなたがそう決めているからです。

だれもあなたを縛ったりしていません。

 

 

これが最初からできる人が、いわゆる天才であり、上手に学習し学びあげた人も天才です。そこで誰でもそうした意識に持っていくチャンスを作ろうと思い、厚顔無恥で不定調性論を作りました。