音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

強風の効果音を作ったよ

フリープラグインで作る、風の音、、の話です。

   

動画でも今回は挙げています。

youtu.be

 

DAWはDPなので、なんなのですが、使ったプラグインはu-he(ユーヒー)社のフリープラグイン、TYRELL N6です。synth1でも作れますが、もっと簡単にできるやつをさがしていました。これは簡単でした。

他にも使えるフリープラグインがありますので、とくにDAW、とくにDAW初心者の方は手に入れていじり倒してみてはいかがでしょうか。音は他のユーヒー製品の特長も入れつつ、とっつきやすさのあるサウンドが多いです。

www.dtmstation.com

この会社のパッチリストも充実していて

The u-he Patch Library

↑から飛べる下記のパッチページには、

Tyrell Nexus 6 Presets

ぐわ!!って叫ぶ数のパッチリストがあって、しばらくはこれだけで販売用BGMとか作れそうな勢いです。

その他のシンセも優秀で、DIVA、HIVEなどはなかなか癖があってでもポピュラーなサウンドがインスピレーションをくれます。ZEBRAとかはかなりマニア向けで、パッチのリストを多くて使いきれないぐらいです。

 

で、今回のお題ですが、舞台で使う風の効果音を創ろう、という話になってトライしました。動画を見て頂ければ簡単です。

 

後半では、四トラック使って、高い音から低い音まで混ぜて暴風を創り出しています。

低音と高音をうまく混ぜて、上手にオートメーションを書けば、それっぽくなります。

今回は細かいEQ調整はしていないのですが、皆さんの聴感上のイメージに近づけてください。

一人の感覚ではなく、その舞台の人たちの意見も聞いてよりみんながリアルに感じる音に仕上げてください。midiだけでなく、実際に街の音を録音してかぶせたり、最終的にはとことん悔いなく作り込んであげてください。

 AD いまこそビットコインはじめてみませんか?

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

そして必ず制作費をもらってくださいね。払ってもらえないようでしたら、必ず次の仕事をもらって払ってもらう約束を取り付けてくださいね。それでも結局作っただけ、になってしまったら、audiostockなどの販売サイトで売りまくろう!!笑

audiostock.jp

作ったものを対価に還ることを絶対にあきらめてはいけない笑。対価に変える価値がないと思うならそれはどこかで妥協しているから。

ワタクシ現在サボっていて20作品だけで止まっていますが、でも月に1-3本は買って頂けています。ようは200作れば10-30本月に買って頂けるわけで、生活が楽になるぞ!!

大事なのは好きなことで収益を上げる事!!ここは絶対に譲ってはいけない。どうせ遠回りしてもそこに落ち着くのだから、最初からそこを目指してください。

あ、つい講師口調に。。。

 

でも、食えなくて、バイトで疲弊して結局成しえずくすぶってしまう人をたくさん見ているので、ぜひ一緒に好きなことで食えるよう頑張りましょう。私も皆さんと何ら変わりません。