音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

アルバイトと音楽活動の両立について

M-Bankでも時々話題になる問題です。

どうやってバランスをとり、自分の人生を成功に導けば良いか、ということは若者なりの永遠の課題ですよね。うちのスタジオで考えていることがどなたかの参考になれば幸いです。

AD

   

聞くことは決まっています。

最終的にいつまでにどうなりたいとのか

いわゆる夢ですね。

テレビ出演できるアーティストになる、東京ドームでライブをするとか。アメリカで成功するとか、まあなんでもいいです。それが5秒以内に言えないからアルバイトをして両立に悩むんです。2年以内にテレビに出る、それでバイト生活とおさらばする、って決めていればアルバイトは2年だけですから両立は「我慢して頑張る」だけで悩みにはなりません。

 

ドームなんて現実的な夢ではない、という人があろうかと思います。

でもそれは夢を追いかけたことのない人の言葉です。

実際2年そうやって目標に向かっていると、急にアメリカオーディションの話があって、なんかアメリカのテレビに先に出ちゃった、とか。テレビじゃないけど半年でラジオ出演できて、なんと番組持っちゃった、とか必ず動きがあります。目標設定は、その人に合った道に導かれるチャレンジになっていきます。

この辺はやってみるまで怖いですが、やってみると全然変わります。

この意識の書き換えに数ヶ月かかるので、そこまで一緒に考えたります。

大抵考えてる途中で自分で諦めてしまいます。そして元の生活に戻ってしまいます。

結果的に「バイトと音楽を両立させて苦しいけど頑張ってる状態」が夢であった、ということに気がつくことでしょう。テレビに出る自信もないし、まだまだ自分は自信がない、というような思いが、それっぽい活動に収まっている理由だったりします。

でもそんな自分を責めないでください。みんなそういう遠回りをして歩き方を学びます。この「世の中の歩き方」を義務教育で教えていただきたいです。

と言ってもなかなか難しいでしょうから、私たち私塾ができる限りの相談に乗ります。

私たちだって別に人生の成功者ではありませんが、「一緒に考えて悩んでくれる人」が絶対に必要なんです。だってこれまで誰からも教わったことがないだろうからです。

そしてみんな自分なりに歩いていくことができます。大事なのは東京ドームでライブができるようになることではなくて、そこに向かっていきていくんだ!!と決意する自分に出逢うことです。それはまさに「英雄の旅」の始まりなんですね。人が原初から持っている概念です。

 

そのための具体的数値目標計画は?

こういうのもなかなか学校では教えてくれません。

SNSのフォロワーを10000人にする。

路上ライブを週2回2年間やり続ける。

動画を毎日1本作る

という発信に基づく数値目標がいいと思います。

一日1冊本を読む、とか、毎週二曲つくる、と言ったことではなく、それを発信してアピールできる場においていくのが良いと思います。

本を読んだらブログを書き、アフィリエイト収入を活動費に回せるよう頑張る、とか、二曲作ったら、ツイッターで一節だけでも歌ってアップする、と言った活動です。

ただし、それが本人が「とにかくやりたい」ことでなければなりません。そうすると同じような仲間が集まりますし、ノウハウを知りたい人も集まり、それにつられてその音楽を聞きにくる人も増えます。それを見つけるのも大変なことです。とても恥ずかしいい思いをさせられてしまいます。「君は何をやりたいの?」って聞かれて答えられないことって。でも私たちだってそういう時期がありました。それで考えて、行動して、だからサポートの重要性を感じています。

 

音楽の良し悪しなど実は誰もわからないので、人が集まるものが間違いない、と思っているわけです。

しかし発信しないと、先に進みません。

バイトをするくらいですから、お金がないので月一回ライブをやる、と言っても難しいでしょう。でもSNSに10000人フォロワーがいればネットライブなどで集客できますし、路上やライブ告知も効果を発揮します。

一番難しいのは集客です。これは音楽とは関係ないマーケティングという学問です。だからと言ってマーケティングを勉強しても集客はできません。発信しながら「マーケティング」「セルフブランディング」を学ぶんだ、という強い意志が必要です。

そして人が集まりだすと「俺が集めてやるよ」という人が現れます。

またそこからが社会勉強ですね。まずは発信すること。好きなこと、やりたいこと、それでいいです。集まらないのは自分の責任ですから時間をかけて考えて発信していけば必ず得意分野を見つけます。

そして自分の意識の中に「自信」を作れれば、全てが変わります。

これはホルモンの関係だとされていますね。イケイケの時は人はバンバンいけます。

これも体験しないとなかなかわからないでしょう。

 

バイト禁止となったら稼ぐ方法はあるか?

 時給仕事をいつまで続けるつもりですか?もしバイトが全てなくなったらあなたはどうやって稼ぐのですか?バイトが中心になって音楽発信ができなくなり、空回りしていませんか?バイトで疲れてしまって、音楽に割くエネルギーを奪われていませんか?

「稼ぐ方法」をバイト、と定めているのは、「それが一番安易だ」からだとしたら、きつい音楽業界は戦えません。

バイトでは最低限お金を稼ぐだけにして、プラスアルファを自分のスキルで稼げるようにしましょう。

ボーカルレッスンの講師でも、ギターの講師でも構いません。できるならやってみましょう。登録制でインターネットからもビジネスできるはずです。

またDTMをやる人なら、BGMを作って販売したり、コンペサイトに登録して曲を作ったり、コンテストやオーディションがあれば全て応募してみたり、空き時間をスキル養成に当てましょう。

ただボイトレの練習してます、とか、空き時間はひたすらギター弾いてます、ではなくて、誰かとセッションしたり、事務所にコンタクトしてみたり、「発信」しながらスキルアップしてください。最初は周囲の反応も冷たいですが、半年も続けていると度胸もつきますし、慣れてきます。ましてや仕事が一つでも取れた日には天にも昇る気持ちで二日間ぐらい寝ないで仕事するでしょう。そこから全てが変わります。世界が違って見えてきます。全てが自分の気のせいだったと感じます。初めから世の中はチャンスだらけなんです。自分が見ていないだけなんです。空き缶拾ったってお金になるんです。

自分にはそんな想いはまだ早い、などと言わず、明日からスターになる!という気分でやってみてください。そう思わなければスターにはなれません。

AD

     

心技体のバランスをとる

やがて体は壊れていきます。若い時は無理がきいても30代になるといきなり壊れたりして空回りを始めます。

私はアーシングで命が救われましたが、心と体の健康をしっかり保てるよう鍛錬していかなければなりません。

音楽以外にもう一つ「逃げ場」というか「安らぎ」を持ちましょう。もちろんただビデオ鑑賞して週末を楽しむ、とかではありません。

マラソン大会に出てみたり、山登りのサークルに入ってみたり、将棋をやったり、折り紙を折ったり、なんでも結構です。それらも動画やブログで発信したらある程度の広告収入になるようなものです。そうやって心のバランスを保つ努力もしてください。

私が勧めるのはやはり自然の中で過ごす時間を作って欲しい、となりますが、それに限りません。武術をやったり、外国人と過ごしたり、自分の精神がまっすぐになることを一つ生活の中においておくと、音楽の効率も2倍になりますし、生きる歓びが増します。音楽に飽きてしまってそっちの道に行く人もいます。

それでも良いと思います。

 

夢を追わない

夢を決め、具体的目標を決め、そのために毎日を走り出したら、大きな夢は勝手に形を変えて、あなたに必要な夢になって叶ってしまいます。

だから毎日をがむしゃらに走り出したら、何も考えず、目の前の仕事をしっかりやってください。一つ一つはつまらない仕事であったとしてもそれに唾を吐きかけてはいけません。その一つ一つは夢へと通じる道の上にあるものです。

その一つ一つの仕事へのアプローチが自分の望む人生を開いてくれます。

自分が将来どうなるか、なんて誰もわかりません。

だから計画を決めたら、あとは毎日を、今を充実させてください。それがとても大切です。

アルバイトがきつかったり、辛かったりするでしょう。でもその辛さの幾らかは、自分の夢と違うから、です。嫌なことを夢のために費やしてはいけません。夢そのものが嫌になってしまいます。

この辺は自分が飽きっぽいからすぐ嫌になってしまうのか、本当に理不尽なのか誰かに相談できないといけません。私たちはそういう時のために存在していますし、友人、家族、パートナーとはそういう時のためにいます。

人とたくさん繋がって、もがきながら自分の人生を一緒に作っていきましょう。

少しでも気持ちのいい毎日を送れる、というのは夢が叶うことより実は素晴らしいことなんです。夢が叶うのは一瞬だけですから。そのあとすぐに試練が待っています。その時どう対処するかは、普段どう考えて過ごしてきたか、にかかっています。

 

あまり未来のことを憂えず、ちゃんと目標と夢を書き留めて、あとは目の前の仕事を精一杯楽しんでやってみましょう。

 

これを今自分は楽しむんだ!と思って取り組むと、楽しくなりますよ。

自分で決めるんです。今が楽しい、ということを。そして心が落ち着いたら、きっとやりたいことがどこから香ってくることでしょう。

 

AD