音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

なぜ無人の赤信号を渡ってはいけないんですか

なぜ無人の赤信号を渡ってはいけないんですか。

中学生の質問です。
1分で読める記事ですので、考えてみてください。

f:id:terraxart:20171218105657j:plain


自分の場合は、いつも考え事をしたり、音楽を聴いているので、適当な判断で歩いていると絶対いつか轢かれて死ぬでしょうから、身を守る本能か、ぼーっと赤信号で立っていたりします。  

でも、これって、教師の説明としては適切ではありません。 

 

当然、それがこの社会のルールだからです、

で、済みますが、ルールを守っていない人のニュースが多すぎて、全く説得力がありません。9割の人がルールを守っているのに、若い子の目には、波乱に満ちたニュースばかりがどうしても目に入ってしまっているせいでしょう。

 

多感な中学生に、納得してもらう説明の仕方はないか、そんなふうに考えたりします。

 

もし後ろから津波が襲ってきたら、迷わず突っ込んで逃げるしょう。

それは生命を守るためです。先の社会のルールの根本原則の一つ「生存する権利」を守るためです。そしてそれを守る勇気があるなら、普段は止まって空でも眺めていればよろしい。

 

とても難しい問題に気がついたね。先生は気がつかなかったよ。 

(海外の場合、他この問題の別の側面も話には出ましたが省略いたします)

 

自分らしく生きる勇気、にたどり着く話だったんですね。