音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

アーシングの効果考察(2017.9.1~)記事は随時更新中。

アーシングの効果を考える

先月から始めたアーシングの効果について随時加筆していきます。

記事を新しくしたのは、次のステップに入った感がするからです。

   

 

体が元に戻ろうとしている

前の記事はこちら

www.terrax.site

8月後半になり、アーシングの効果をあまり感じないようになりました。でもやってないときとやってるときは雲泥の差がありますから、効果は同じ程度続いているのでしょう。

手の痺れはアーシングしているときは感じません。しなくなると一時間ほどで発生します。

 

元気になったので、少し食べ過ぎたのたのか、2キロ体重が増えました。

当然、いくら血液がサラサラになったとはいえ、いきなり2キロ増えたら心臓にも内蔵にも負担でしょう。手荒れや唇の荒れなどが出ました。体からプラシーボ感が抜け、

 

「お前いくら何でもやり過ぎやで」

 

と各内臓からのストライキが発生しました笑。

これについては、よくよく考えれば分かる事です。

使っているのはこちらです。

riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用 アーシングマット 50cmx50cm 

 

効果の持続について考えること

まず最初は不安や、疲労、ストレスなどに対して体は全力でそちらとの対抗に生命力の全てを費やしていたのでしょう。

それがアーシングによって、精神的にも、肉体的にも開放されて、それらに向かう抵抗力がいきなり必要なくなったのです。

その力は行き場を失い、「すげー元気」な活力になり、何度も家まで15キロ歩いて帰る、ということが可能になりました。これについては以前も何度もやっているので(ここ2,3年やってなかった)それらのエネルギーによって「元気も消耗できるだろう」と無意識に考えて実行していたので、こういう活力の出所については差があるでしょう。

もともと自転車で週末に400kmほど乗っていたので距離感とか運動の強度などは人より強いので他の方の場合はここまで如実に出ないかも知れません。

自転車で東京から山梨の峠(柳沢峠)まで行って戻ってくる、というのを1日かけて行い、翌日早朝三浦半島を一周してから職場に寄って、仕事をしてそのまま35km遠回りして帰るみたいな行動が普通だった、という体力を想像してください。それがストレスや披露、年齢による不安定によって崩されていったのです。それを救ったのがアーシングでした。

 

ネクストステップからの重要性

そうした元気=ストレスに対する体の抵抗エネルギーが必要なくなれば、当然その力は次の機会まで温存されるでしょう。いくら元気になっても食べれば太ります。ストレスが軽減されたらますます太ります。そのまま維持したら、今度はさすがに負担増になり別の症状になってくるでしょう。

元気になったからと言って鍛錬を怠れば、元に戻る。

 

という直感を感じました。

だからここからが常日頃の管理になってくると思います。

 

音楽制作の仕事は精神的修養に似ていて、自分に甘えると作品は本当に怠惰なものになります。本人はそれに気が付かなくても作品は外に向かってその怠惰を容赦なくアピールします。ちゃんと仕事がしたければ、自らをコントロールしなければなりません。

元気になったら研ぎ澄ますことをしなくちゃ。そんな風に自分に言い聞かせる9.1です。

 

まずは2キロ落として、通常の小負担体重に戻すところから、アーシング第二章に入ってみたいと思います。

2017.9.3

久々に肩こりが発生。珍しくキーボードを別なところに出して変な体制で制作をしているからかもしれません。体重は1キロ落としました。これを維持します。この体重だと自転車がパンクします。通勤時に何度もパンク修理は嫌なので、早く体重を落とそう。。

2017.9.14

ダイエットも軌道に乗ってきたのですが、ついに座っているとお尻が痛くなってきました。これはアーシングを始める前に感じていた症状です。ついにプラシーボが解けてしまったのでしょうか。体全体にそういう感じを覚えています。一旦魔法が解けてしまうと、体は元の状態に戻ってしまうのでしょうか。手の痺れはありませんからアーシングは効果を発揮してくれているのでしょう。それとも体は老化や疲労には勝てないのか。まあそうですよね笑。だから体が調子良いぶんありがたいと思って、栄養や運動に気をつけようと思う次第です。まずアーシングを行う方はこの一ヶ月程度でまたやってくる体調の安定の際に、無理がたたらないように、アーシング最中にたとえ調子が良くなっても無理はなさらないことをお勧めします。

ここから本当の健康維持ですね。

2017.9.15

本当に体の感じが元に戻ってきた。。これはひょっとして以前のような生活習慣の乱れが戻ってきたからなのか。食生活や仕事のペースを制限しない前の状態のような仕事っぷりだったから。。人間の体は「元に戻ろうとするのか」それとも単に不摂生がアーシング力に勝ったのか。この辺はよく検討したいですね。改めて体をいたわって行ったらアーシングパワーは再び力をくれるのか。

慎重にいこう。このまま元に戻ってアーシングが効かなくなったなんて笑えないよなぁ。。PC仕事の問題って目に見えないから怖いなぁ。