音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

四度和音を考えてみよう

SMOKE ON THE WATER
ディープ・パープルの「smoke on the water」のイントロのリフを思い出しましょう。ご存じない方はお手数ですが御検索を。。

   

 

あのリフはいわば四度の押さえ方でできています。
四度のパワーコード、4th、Forceにも掛けて
「パワード4th(Powered Fourth)」

え?四度和音てso whatのビル・エヴァンスとか、マッコイ・タイナーとかが使った響きのことじゃないの?さすがにディープ・パープルのあのリフは"たまたま四度になっただけ"でしょう。
とおっしゃるかもしれません。

===
「この人差し指一本で押さえやすく、強烈でカッコいいサウンドに、カッコよさを感じられる感性」はとても大切だと思います。パワーコードとパワード4thを使い分けられる音楽性が備わっている、ということです。

 

 

マシン・ヘッド【2012リマスター・スペシャル・エディション:SHM-CD】

四度≠五度

不定調性論でも、四度和音を、五度がひっくり返った和音だと捉えない、としてます。

そこから五音音階や、ブルース、ブルーノートが見えてきます。

ゆえにsmoke on the waterは四度を用いたリフになります。最もシンプルな二音による四度和音ですね。

ちなみにこのリフをいつものパワーコードにして弾いてみてください。
なんか違う感じがしませんか?重さというか、濁りというか。
もし五度と四度がただ「ひっくり返しただけ」だとしたら、同じようなサウンドが出てもおかしくないと思いませんか?

でも全然違いますよね。と、感じられる人にとってはそうでしょう。個人差ありです。

他の誰もそんなこと思っていなくても、あなた一人だけがそう思っていたとしても、それが一番大事!

もちろんこのリフは素早く動きやすい運指で作っただけかもしれません。
四度の利便性はギタリストにとって身近ですね。
(ブルース的な四度平行移動性については、教材III巻第六章をご覧ください。)

四度和音はm7系表記?
モードジャズの先駆け"So What"でビル・エヴァンスが用いた四度和音(的な)イントロバッキングが有名です。「ダーッダッ」と無機的に繰り返されるピアノですね。

ここでは分かりやすくCm7から始まるようにして解説します。
音で言うと、低音から、
c-f-b♭-e♭-g

b♭-e♭-a♭-d♭-f
と流れます。これをコードネームにすると、Cm7(11)→Bbm7(11)です。
これはBbドリアンのIIIm7からIIm7にながれた形になるのでBbドリアン主体に考えてソロを考えてます。これがモードジャズの考え方になっていきます。
下記にもっと詳しいモードの解説もあります。

www.terrax.sitem7(11)というのはギターで弾くと分かる通り、綺麗に人差し指一本で押さえることができます(e♭-gとd♭-fは三度堆積です)。ギターは四度堆積で弦が張ってあるからですね(2-3弦は三度)。

しかしコードネーム表記で「Cm7(11)」と見てしまうと、マイナーな響きだ、とイメージしてしまいませんか?この先入観も忘れましょう。表記がないのでマイナーコードをベースとする表記で代用しているだけです。
実際Cm7(11)は、もっと違う響きのするコードだと思います。マイナーじゃない、そう思うこと、認めることから新しいコード感が生まれると思います。

Xsus4もX7sus4も、Xm7(b5)もXdim7も四度和音の派生形と言えなくもありません。

三度和音は、長三度と短三度を積み重ねて作る和音ですよね。
で、四度和音とは、完全四度と増四度を積み重ねて作る和音、とされています(理屈の上では、です)。だから,c-g♭-b♭-e♭というようなCm7(b5)は、三度を持ちながらも四度と増四度があるわけですから、四度和音の要素も半分以上含まれていることが分かります。

でも響きの慣習から、同じ三度を一つ含んだCm7(11)は四度和音と云われても、Cm7(b5)はあくまでCm7(b5)としたほうが、「分かりやすい」がゆえに、四度和音とは言われません。
結構テキトー感がこの辺から出てきましたね。

     

 

なぜ四度和音は使いづらいか

では、完全四度で積み重ねてみましょう。

c-f-b♭-e♭-a♭-d♭

となり、cとd♭が短九度になり、不協和になります(不協和の問題よりも、使いづらさの問題でしょう)。ゆえに増四度を"時々"入れるわけです。
しかし、増四度を二つ重ねると、

c-f#-c

と一巡してしまうので、二つは重ねられません。すると、バリエーションとして、

c-f-b♭-e♭-a♭-d
c-f-b♭-e♭-a-d
c-f-b♭-e-a-d
c-f-b-e-a-d
c-f#-b-e-a-d

つまり四度のコードバリエーションを作ろうと思うと、
c-f-b♭
c-f-b
c-f#-b
という三種類しか無いんですね。

ですから三度和音と同じように拡張しようと思ったら、四度を基調に三度や二度を織り交ぜるしかありません。つまり、
c-f-b♭、c-f-b系統
c-f-a=F△/C、c-f-a♭=Fm/C、c-f-g=Csus4

c-f#-b系統
c-f#-b♭=C7(b5)omit3、c-f#-a=F#dim/C、c-f#-a♭=A♭7omit5/C、c-f#-g=???

という具合になります。つまりどうしても三度堆積和音の影を背負ってしまいます。ゆえに四度和音と云う概念だけで音楽を作るのであれば、三度堆積和音的な考えも横に起きながら考えて作ったほうが良い、となってしまい、文字通り「四度和音」という概念そのものが宙に浮いてしまうわけですね。

この「浮遊する和音」と位置付けられた概念に特化して活用しようと思うと、美的感覚の一般的限界にブチ当たる、ということが、四度和音を使ってみてみんなが分かった、というわけです。

www.terrax.site


で、結局、適度に三度和音を入れる音楽で、時々使うと効果的である、という程度の理解に収まっているように思えます。
この辺まで読んで頂ければ、「ああ、四度も無視しないで、いろいろ使ってみるかな」となって頂ければOKです。

下記はさらに深いところへ。

四度和音の深部
三度和音はc-gを五度と見て考える音楽論です。これを五度と見て、倍音列の和音で分割すると、
c-e-g
となり、これはC△です。
では同じようにc-gを四度と見る思考も同様に確立したらどうなるでしょう。音の配列は下記になります。
c-b-b♭-a-a♭-g

これらの分割音の中で、同様に自然倍音の音で最も近い音で分割すると、
c-b♭-g
になります。

そしてこれらの二つの和音を独立させて対峙させます。

c-e-g-=C△=Cu5(C upper 5th)
c-b♭-g=C7omit3=Cu4(C upper 4th)

とするわけです。

四度和音を四度の領域でできた和音である、とすることで、そこから別の発展概念を、三度堆積和音と同様に展開してくわけです(教材第六章)。

ポピュラーミュージックは七音音階と、五音音階の二つの音階世界を絶妙に駆使して、ブルージーでロック、ロック的なバラード、ソウルフルなポップ、と言った世界を作ってきました。

つまり五度領域と四度領域が絶妙に絡まっているんです。

すると、ドミナント7thとブルース7thの違いもはっきりします。
属七和音は五度領域から生み出したもので、ブルース7thは四度領域から生み出したもの、とすることで、二つの和音のニュアンスの違いを理屈で考えることができるようになります。
またこうした根本的なことが「ロックにおけるパワーコードの三度抜き和音の魅力」を理論的に語る手段にもなってくれました。

三度がないのではなく、もともと三度など必要のない体系で考えれば良いわけです。
パワーコード、パワード4thの野太さには、そういう違いがあると感じて戴ければ良いと思います。
もちろんそこに三度をはさんでみて「あ、あうじゃん」と思うか「ダサ!」と思うかは感性です。

では、四度領域和音的な和音を実際並べて弾いてみてください。
ここでは分かりやすく、X7omit3と表記します。

C7omit5 | % |Eb7omit3 |% |
F7omit3 |% |D7omit3 |Db7omit3 |

なんともロック的で、ブルースの匂いもしながらも、フュージョンな響きになっていると思います。この和声感を「四度領域和音の響き」と考えるとこからブルース和声の秘密を考える、というわけです。

ちなみに、ひたすら四度で重ねる和音を、オクターブレンジという考え方を用いて作る和音に該当します。

www.m-bank.jp


ですから同様に一度和音とか二度和音、五度和音、八度和音というのもこれによって作ることができます。その理由も不定調性論では考えてあります。

smoke on the water だから煙がゆらゆら揺れているから、パワーコードのように安定した和音ではなく、パワード4thが良い、その方が曲名を象徴的に暗喩している感がある、からここはパワード4thが適切である、みたいな感じの分析も面白いですね(ちょっとそんな感性コワイけど)。


四度和音等について、さらに書かせて頂いた内容がこちら↓↓↓にございます。

ameblo.jp

不定調性論の教材はこちらから。

music school M-Bank 不定調性音楽論一般教材お申し込みフォーム