音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

四度和音で「さくらさくら」をハーモナイズしてみよう。

なぜ四度和音が連続的に使いづらいか

今日のお題はこちらです。


四度和音で「さくらさくら」をハーモナイズしよう

 

好き嫌い分かれるでしょうが、別にこれが四度和音でやったら絶対的にこうなる、という意味ではありません。

   

この演奏に仮に無理やりコードを付けると、

f:id:terraxart:20170720205523j:plain

f:id:terraxart:20170720205527j:plain

f:id:terraxart:20170720205530j:plain

となります。

四度和音は基本、完全四度か増四度を用います。

 

後は響きとか好みで。

 

理屈上は、四度というのは浮遊するから、ベースラインは和音の根音を支えるという点で意味がない、としています。四度は根音がひっくり返えって浮遊しているから、というんが理由です。

 

でも不定調性では、低音のラインは、「通例のポップミュージックにおけるベースラインを想定させる」わけですから、ベース的に弾いてもいいですし、わざと逸脱して解釈をぐちゃぐちゃにする、という手もあります。

 

いずれにせよ、四度を並行して保つ関係で、あまり激しく動くと整合性がないですし、シンプルに反行とか斜行とか使おうとしても三度になってしまったり五度になってしまったり。そうなると機能和声でヴォイシングした方が良いに決まっています。

 

もしシンプルなコードで弾きたければ、

Am7(11)、Bm7/E、Dm7(11)、Em7(11)、E7(#9,b5)omit3

あたりでスリーコード的に使うと、なんとも言えないヴォイシングができるでしょう。

 

このサウンド、気に入った方は研究してみてはいかがでしょうか。