音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

アドセンスの仕組みが分かっていないけどブログやってます<ブログ1か月の報告>

今日現在、ブログ開始から28日。です。

ワタクシ、いわゆるフツーの人だけどブログ42記事も書けた!!28日出来た!!

とただ喜んでおります。

で始めてからいろいろな広告収入について勉強し、それらで収益を上げるために何をすればいいか的なことをガツガツやってきました。

それで収益を上げる仕組みを自分で作れないと、これからの副業としてのブログやその他のサービスを音楽やってる人に勧められないからです。

だから一年やって丸出駄目男だったら、もうあきらめるしかないのでしょうが、あきらめたところで次につながるともおもえませんので、どうなるかなんて全く分からないけど、もし生活がホームレスになって路頭に迷ったら、病気になったら、倒産に追い込まれたらそれらはそれらで人の役に立つ記事になるし、それが一番収益の上がる記事になるだろう、というのは直感的にわかるので、恐れるものははっきり言って何もありません。

いやちがう、失うものはない、です笑。

 

アドセンスを張り続けて

地道に貼ってます。張ってます。もう<スポンサーリンク>って書かなくても出るようになりました。イイのかな??と思って書いていません。

正直こんなんで儲かるんかいな?というイメージしかない。

まず1000記事とか目指さないとダメなんだろうな、というのはいろいろな記事を拝見していてわかります。

misuzu6.info

三か月継続100記事がスタートライン、という事です。目指しましょう。

 

 

感じる事~記事の読解スピードの高速化

他の方の記事を読むスピードって皆さん上がってませんか?

2分ぐらいでどんな記事も脳内まとめして読んでしまいます。

目次も読みません。さらっとスクロールして、視覚に留まったものを吸い上げて読みます。結果を自分で勝手にまとめて、そこから自分のブログに応用思考する時間となります。だからいかに適切に見出しを作るか、強調するかとか大事ですよね。

まだとてもそこまでできないのですが。

まだ書く事に必死です。

そしてこれだけブログが世の中で書かれているのだから

ブログで儲けるという事はほぼ無理な時代

ということを念頭に置いて動けるフットワークをさらに持っていなければならないというのも実感します。

書いていれば半年後何とかなっているだろう、という事はないと何となく直感できます。3年前とは明らかに違うので、検索して記事を書くときも2017年に書かれた記事を参考にしています。

   

 

古い記事は捨てていくか隔年リニューアル

 自分のイメージは1000記事まで書いたら、新たな記事は週1回ぐらいにして、あとは古い記事をリライトして新年度の記事にしていくのが良いのでは、と考えてます。

もちろん古い記事を消す必要もないのだと思いますが、果たして読まれなくなった記事というのはどういう弊害が存在するのだろう、と感じます。サーバーを圧迫するだけだし、情報は古いし、誰も読まないし、広告の効率やデータとしての利用が難しくなります。読まれなくなった記事はリニューアルして2年サイクルぐらいで刷新していこうかな、という計画です。何でも整理したい性格なんですかね。。読まれなくなった古い記事ってネット検索の精度を下げると思うんですよ。記録としては良いのですが。書いた本人のバージョンアップに伴い「昔はこうでした、今はこうです」っていう記事の刷新がブログの信頼を上げるのかな、と。

 だから本当に収益が上がったら、多少収益が落ちてもいいので、過去の記事を削除し、新たなエントリーで2記事ぐらいにしていく、という作戦でも取ろうかな、と今は考えています。

 

目次を書かない理由

これは単に備忘録です。

ブログの目次って無駄に長くなるだけだし、目次がある長い記事をもはや読みたくないんですよ笑。

かつ目次から飛んでも「目次に戻る」がない記事はああ、もういいや、みたいになるので笑、これも性格でしょう。

だから自分は目次を作らず1500文字ぐらいでさらっと要所だけ読んで本質が伝わる記事が書きたい。

と思っています。

 

何よりアクセスも記事もないだろ

テーマが音楽系教育でさらに一般の人が全く分からないジャンルをテーマにしていますから、人が集まるわけがありません。山奥にあるガソリン屋さんみたいな感じで、観光客が時々観光で訪れて写真を撮ってガソリンは買わずに帰っていく、という図が思い浮かびました。

致命的じゃないか笑。

 

だからもし山奥のガソリン屋さんを継いでしまって、何とかここを繁盛させようと思ったらどうするのか、みたいなことを考えるわけです。

1、ヘリ専用のガソリンスタンドにするか

2、町の中に店舗を移すか

3、観光客用の商品を扱うか

4、新しいビジネスを始めるか

とかですよね。好きな音楽が自分の首を絞めているわけです。

これに気が付いただけマシか。

今月は先月読まれた記事を拡張し、より広いターゲットのいる教育関係全般を狙っていきたいです。

良い役にたつ記事を厳選致します!

 

 

はてなカウンターの扱い

現在アクセス合計324となっているのですが、最初自分のアクセスもカウントしていたようで、先日ようやくその事実を知り、はてなカウンターproを変更しました。

www.heibonnashufu.net

調べたら、なぁーんだそういうことか。と分かったわけです。

これって逆に

「あなた、自分のアクセスカウンターが自分のアクセスをカウントしていますが、大丈夫?」

と似たような改善連絡をメールでくれるグーグルさんはすごいな、みたいに思います。

 

読まれた記事

www.terrax.site

この記事が一番読まれています。時流に乗った話題で、他で扱っておらず、という話題だからでしょう。

これはPCを駆使して、ちょっと変わった音楽を構築する際に使えるネタなのですが、ネガティブハーモニーという言葉が新鮮なので、どうしても人の手で出来るレベルでしか考えている人がいない、というのがポイントだと思っています。

だからそこからいかにDAWへの可能性を示せるかがカギですね。

あまりネガティブハーモニー事態に興味はないのですが、AIが作る音楽の可能性としては面白いので何とか発展させて不定調性論と絡めたいところです。

 

あ、気が付いたら2500文字だ笑。

とにかく今はひたすら潜水して記事を書きましょう。