音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

船橋競馬場ファンファーレについて

もう2009年になるのですが、60周年を迎える船橋競馬の記念事業で、船橋競馬場のファンファーレが新しくなる!!ということで応募させて頂きました。

もうそろそろこのこと書こうかな、と思い立ったので書きますね。

このコンテストで私の作品を採用頂き、現在に至ります(賞金30万円頂きました→そしてそれは5秒で事務所のその月の家賃と他支払いに消えました笑、そのころは本当に経営が大変でした)。

でも、当時自分はただの事務スタッフだったのですが作家の道に進むことのできたきかっけでもあります!!いろいろな意味で当時よりたくましくなりました!!笑。

 

競馬そのものをあまりやる機会がないのですが、ファンファーレミュージックというのは好きで、応募にあたりいろいろ研究しました。

 

競馬のファンファーレと言えば、すぎやまこういち先生のファンファーレが有名ですね。G1のアレ。

www.youtube.com

盛り上がりますよこれは。熱くなります。

www.youtube.com

この手拍子。。

 

当時、少しこの手拍子について問題が指摘されていました。

 

お客さんの興奮とこの盛り上がる手拍子によって、馬が興奮しレースの遅延が起きる可能性が高まる、というので「手拍子の取りづらいファンファーレ」がレース的には良い、というというわけです。

 

うーむ。。

この手拍子が良いのになあ。。

 

自分は大先生でもないから、おそらく手拍子目的で作ってもそういうものはできないだとう、ということは容易に予測することはできます笑。

だからあまり音楽的テクニックではなく、

・全てが良いレースになって、

・場が神聖になって、

・無事故安全に運営されて

・来場したみんなが楽しめる良い一日になるようなファンファーレを作りたい!!!

・競馬今日来てよかったな!!!って全員が思って、事故なく終えてほしい!!

という想いでただ作ろうと思いました。

 スポンサーリンク

     

といっても、メインの船橋のファンファーレってこれですよ!!!

 

www.youtube.com

これの一番最初のやつ!!!!バーンフライポルカ!!!

 

これに勝てるファンファーレなんて作る事できないじゃないですか!!!

 

なので、安心して肩の力を抜いて、ど真ん中を行くファンファーレ作ろうと思いました(先の動画の三番目に流れるのが私の作ったものです、聴いたことのある方もおられることでしょう)。

 

で、最近のお気に入りの動画は下記二つ。

www.youtube.com

大井競馬場で響いた!!女性ファンファーレ最高ですわ。。。

 

そして

www.youtube.com

一生懸命練習してくれたんだろうな!!(ってわたしのためではないでしょうが...笑)

ただただ素晴らしい演奏。

 

このファンファーレなのですが、編曲については、調べてみると、

shilayuki.seesaa.net

 この方が編曲コンペでやってくださったそうです。

この場を借りてお礼を。

でもイメージ通りに作って頂いております。

なにせ、このころはDTMなんてまるでできないレベルでしたからね、恥ずかしい話ですが。QY-70(YAMAHA)という機器に細かく楽器指定で打ち込んで応募したのを覚えています。

 

おかげ様で必死に勉強していまではわたくしが今度コンペの方に参加できるようになりました。

学校も今年で8年目。絶対に年でなくなることを覚悟して死ぬ思いで運営してきました。。。人間がんばればなんとかなるんだな、と思いました。

いずれこのブログでもその大変な経営をM-Bank代表がどう乗り切ってきたかも本人の許可をもらって書いていきたいと思います。個人経営者必読の内容ですよ。

 

30万が5秒で消える、とか、本当に喜ぶ暇とか、なんかそういうのってまるでなかった地獄の日々でした。

今思えば自分が勝ち取ったのは、自分が死んだあとでも今後も決して鳴りやむことのないファンファーレのメロディそのものでした。

毎年、様々な重賞レースで新しいファンファーレの動画が上がると、本当に正座して聴きます笑。また一日頑張ろうと思います。あの日々の中であれを創れたんだから、自分は大丈夫、と教えてくれるのです。

 

どうぞ、今日一日船橋のレースが、無事実施されますように!!!

駒沢の片隅からいつも心より祈っております!!!