音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

このブログの目的

音楽教室運営による雑記ブログです。

不定調性論の公開も一段落しました。

このブログでは、その先の音楽教育論や作曲学の提案を行うために、知識範囲を広げて不定調性論を用いた現代思想に沿う音楽と関連サイエンスを見つめていきたいと思っています。

   

================================

われわれは感覚が不完全なので真実を判断することができない

-Anaxagoras  c. 510 – c. 428 BC-*1

 

感覚の能力は、万人に共通でもなく、同じ人の中でも常に同じではないのである-

人は真実を求めようとするが、それゆえに、変わりやすい判断をたよりにするしかないのである

-Anicius Manlius Severinus Boëthius c.480–524 AD-*2

*3

================================

 

普段は、音楽教室で運営、講師、制作などをして様々な世代の方をサポートしています。

www.m-bank.jp

 

今年で8年目になります。

 

特に10代~30代のかたで音楽活動にあえいでバイトも忙しく、生活に四苦八苦して体調を壊したり、人間関係で悩んだりしている方のためにこのブログを企画しました。

 

音楽で今食べていくのは大変です。だからそこを乗り越えて楽しく音楽するために何をするかがとても大切であると考えます。

引用で書いた通り、人はそれぞれ感覚が異なるので、自分の方法を見つけるしかありません。

 

でも何をすればいいか分からない

 自分ができる事は、自分で試し、実践すること。

これがそのブログです。

このブログを通して音楽活動+運営・経営などの話題を通した副収益化の方法を考えています。「どうやって食べて生きていきながら、目標や夢を見定めて追って、それを叶えるか」について考えていくことはすべての事に通じるからです。

 

古代ギリシャの時代から、人が不完全な判断しかできないことが嘆かれているのだから、自分ができるかどうか、なんて悩んでいたってしょうがないと思いませんか?

  

アーティストは芸術に研鑽し、よりよい作品を残さない限り、意味がありません。

 

なおKAN TAKEUCHI、terraは制作者ネームです。

この名前では主にポップス、クラシック的BGM、ロック、そしてサウンドエフェクト、ミックスなどをやっています。terraではEDM・ダンスミュージック系。本名ではもっとゆる〜い次元で社会貢献的な感じに色々お手伝いさせて頂いています。DTM始めました!!と言う二週間後ぐらいからアレンジをアップロードする、みたいな暴挙をしてきたので、古い作品などは非常に恥ずかしい限りです。

ワタクシのプロフィールはこちらのページに写真付きで掲載しております。

www.m-bank.jp

 

ここから新たな一歩。

 

===

ブログ記事についての質問をいただきます。基本的にはマンツーマンでお返ししています。ご連絡先を添えてご相談頂ければお返しします。内容の不明瞭なものへの返答、双方にとって不利益になるであろうやり取り、などは性格的に行えませんのであらかじめご了承ください。またはM-Bankまで直接お問い合わせください。HPのお問い合わせフォームからで結構です。それを見るのは私と代表だけです。

M-Bank<無料体験レッスンお問い合わせフォーム>

===

なお、不定調性論そのものはちょっと過激なので、数年程度一般理論の学習を経た方が対象になる、とご理解ください。なぜなら独自解釈への進めや、自分第一主義みたいな考え方は、全く音楽学習経験がない状態では大変な誤解を生みかねないからです笑。

でも忘れないでください。

それでもうまくいくときはうまくいってしまうんです。

失敗するときは失敗します。法則や理論、方法論など表面的な話です。

その奥にある直感的な感覚をいかに鍛えておくか、それをどうやって瞬時に発動し、最高のメロディやアレンジをするか!パフォーマンスできるかが常に課題のはずです。

そのための感覚をどう鍛えるか、いつ鍛えられるのか、みたいなことに触れ続けます。

「360°勉強し続ける事」はやめないでずっと真摯に続けていただきたいです。

学校で学んだ「勉強のスタイル」がどうも偏っている、と感じたら、きっと感性が働く方向を限定してしまっているからです。360度!全て自分の人生を幸福に導く「ヒントだらけ」だと思えるかどうか、思えたら不定調性論のマスターなんじゃないでしょうか。

そういう自分はちゃんと出来てるのかな??笑

 

 

 

     

*1:古代ギリシャの自然哲学者

*2:ピタゴラスの流れをくむイタリアの哲学者

*3:参考文献;音楽の心理学 ダイアン・ドイチェ著、寺西立年/大串健吾/宮崎謙一監訳 西村書店上巻 序文より