音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

シルバービートルズ~ビートルズの和音世界

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Abbey Road」4(2018)

ビートルズの不定調性コード進行分析5,Becauseの記事はこちら www.terrax.site 6、ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー - You Never Give Me Your Money AD // この曲もビートルコードの教科書みたいな感じですね。 まず冒頭の部分は「枯葉進行」です…

13,『Because』がもたらす視点 /The Beatles(2018)

ビートルズの不定調性コード進行分析13,Because /The Beatles AD // イントロC#m | % |D#m7(b5) | G# |A |C#m |A7 |A13 |D/F# |Ddim | この曲、ベートーベンの「月光」の楽譜の逆さ読み、とされています(アルバムライナーノーツより)。 実際どこから逆読みし…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Abbey Road」3(2018)

ビートルズの不定調性コード進行分析 4、アイ・ウォント・ユー - I Want You (She's So Heavy) AD // やっぱりマイブームだったのでしょうか。この曲もブルージーですね。これも変わった進行を持っています。 Am7orA5 |% |% |% |% |% |% |2/4 C |D |F |Am7or…

6,If I Feel(和声連鎖に基づいた旋律設定の例) / The Beatles(2018)

ビートルズの不定調性コード進行分析 6,If I Feel / The Beatles AD // 出だしの部分の特殊進行が有名ですね。Ebm |D |Db |Bbm |Ebm |D |Em |A7 |となってます。 この曲をもって「ビートルズのコードの使い方は変わってる」などと言われたりします。 どちら…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「With The Beatles」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 1、イット・ウォント・ビー・ロング - It Won't Be Long AD // アルバムのトップを飾るにふさわしい、スピード感溢れるコーラスが印象的なナンバー。Aメロ、E |C |E |% |に面食らいますね。ギターコードで言えば、EとC…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」3(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 3,ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do // これはミクソリディアンモードの曲として知られています。 コードはG,C,Dしか出てこないのですが、メロディにF音がメインで登場し、DのときにF#音が現れ、何だか転調したような感じ…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 1,アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア - I Saw Her Standing There // 楽曲がE7で始まり、A7に流れます。 AメロE7 |% |A7 |E7 |% |% |B7 |% |本来、この時点で機能和声では説明が難しいです。7thコードの解釈が多…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「SGT.Pepper's〜」4(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 10、ア・デイ・イン・ザ・ライフ - A Day in the Life // メジャーコードが作り出す雰囲気が醸し出す要素が把握され、いよいよそうしたこだわりも一段落して、余裕が出て来て、さらに傑作、ホワイトアルバムへの挑戦へと…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」2(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 2,アスク・ミー・ホワイ - Ask Me Why // この曲は、IIIm7で終わる事がポイントですね。IIIm7で終わる曲、つまりトニックの代理コードで終わる曲、として覚えておきましょう。さて、楽曲的にはEメジャーキーでできていま…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Beatles For Sale」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 1、アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser // これも「ビートルズコード」といって思い起こす展開で進んでいきます。AメロG |D |F |G |G |D |F |G |~ ここだけで十分です。 キーはGですが、VIIbのFがいい感じにビートルズ…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」5(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 11、セクシー・セディー - Sexy Sadie // イントロC D |G F#7 |F D7 |AメロG F#7 |Bm |C D |G F# |C D |G F#7 |F D7 |BメロG Am7 |Bm7 CM7 |G Am7 |Bm7 C |A7 AbM7 |G F#7 |半音で動くラインですね。ポールも使っていま…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Abbey Road」2(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 2、サムシング - Something // イントロF Eb G |コーラスC |CM7 |C7 |F Em |D |G |Am AmM7 |Am7 D9 | F Eb G |~ イントロはビートルコードですね。 そのあとコーラスの中では、二つのクリシェがあります。 C→CM7→C7 と …

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 1、バック・イン・ザ U.S.S.R. - Back in the U.S.S.R. // これも不定調性的進行で進んでいきます。 つまり「知ってるコードを感覚で並べて作るコード進行」です。 ただし、そこにカッコいいメロディが載せられるかは別…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Hey Jude」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 米国編集版の続きです。 // 1、ペイパーバック・ライター - Paperback Writerこの曲コードが二つしかありません。 youtu.be G |% |% |% |% |% |% |% |C |% |G |% | メロディは、D音をセンターに置いたようなかんじですの…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Abbey Road」1(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究 1、カム・トゥゲザー- Come Together 前作で、コードの限界と可能性にある程度のゴールを発見し、このアルバムではついにそれが独自のバランスで配置されます。。 // D7(#9) |% |% |% |A7 |A7 |G7 |G7 |D7(#9) |% |% |% …

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「The Beatles」7(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究13、サヴォイ・トラッフル - Savoy Truffle ジョージの不定調性ナンバー。 // E7 |E7 |F# |F# |A |A |G |G |B |B |Em C |Em6 C |C |G |E7 |~ キー表記はEメジャーですが、続くF#からもうキー感覚から離れていきます。 こ…

3,Michelle(dimコードの用法と同主調和音の混在) / The Beatles(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究3,Michelle / The Beatles まず、この作品の暗めの雰囲気が好きです。 // 皆さんはこの暗くどんよりとしたポールの声が乗った、どこか怪しい女性の影と華を歌うような曲の雰囲気は好きですか? この曲を聴くと、「曇り空…

10,I am the walrusとGood day sunshineの#9thとかの話~コードアナライズ??(2017)

旧ブログ記事のリニューアルです。 良くお読みいただいている記事を現代の教育的見地から見ていこうという試みです。 // <前置き-読み飛ばしてください-> ビートルズをコードアナライズしてください。 これは先生に言ってはいけません笑。できないからです…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Magical Mystery Tour」1(2017)

1、マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery TourE |% |G |A |E |% |G |A |D |D/C |G/B |Gm/Bb |D |A | // Eではじまりますよね。 GやAはビートルコードです。キーや機能による脈絡を考えるのではなく、響きの連鎖として理解してください。そのあとV…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Let It Be」1(2017)

1 、アイ・ミー・マイン - I Me Mine 3/4 Am |% |D |% |G |E7 |Am |% |Am |% |D |% |G |E7 |Am |% | Dm |% |% |% |Ddim7 |% |E7 |% | Am |AmM7 |Am7 |Am6 |FM7 |% | 4/4 A7 |% |% |% |D7 |% |A7 |% | // 後半のブルースロックな変化は、アビーロードで活用さ…

2,「ノルウェーの森」を参考に音楽学習を考える/The Beatles(2017)

ビートルズの不定調性コード進行研究の展開 2-Norwegian Wood~ノルウェーの森/The Beatles // AメロはEミクソリディアンモード的なメロディと解釈することもできます。しかし「ジョンはこの曲をモーダルにしようとしたのだろうか?」と考えてみて下さい。 …

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Magical Mystery Tour」3(2017)

6、ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー - Strawberry Fields Forever // 歌い出しの部分です。A |A |Em7 |Em7 |F#7 |F#7 |D F#7 |2/4 F#7 |6/8 D D/C# |4/4 A |変拍子が凄いです。 まずコードが二小節に渡っている点からを考えてみましょう。Aを二小…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察(2017)「Rubber Soul」1

1、ドライヴ・マイ・カー - Drive My Carこの曲はノンダイアトニックコードである「VIb」を学習する曲です。 // サビBm |G7 |Bm |G7 |Bm |E A |D | このG7がカッコいいですね。音楽もドライブ感が出てます。このVIb7のカッコ良さを伝えるのはこの曲!で覚え…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察(2017)「The Beatles」2

4、ワイルド・ハニー・パイ - Wild Honey Pi // G7 |F7 |E7 Eb7 |2/4 D7 | 「なんだ、俺たち、どんなコード進行でも曲できちゃうねえ」みたいな当時の彼らの声が聞こえてきそうですね。この曲の7thコードの降りてくる進行の雰囲気は「破綻」というような印象…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Magical Mystery Tour」2(2017)

2、フール・オン・ザ・ヒル - The Fool On The Hillこれは6thコードを勉強する曲、です。 // The Beatles The Fool On The Hill (Official Audio) D6 |G6 |D6 |G6 |Em A7 |D Bm |Em A7 |Dm Bb Dm |Bb |C |Dm |D6 |笛の音がなんとも「ほんわか感」が出てます…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「SGT.Pepper's〜」1(2017)

1、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド - // 不定調性論という現代志向なコード進行論を用いたビートルズ楽曲研究では、従来のトニックやらサブドミナントやら、という抽象的な和音分析ではない楽曲解釈の方法を紹介しております。 …

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察(2017) アルバム「Help!」4

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「Help!」4この記事は2013-10-31に作られた記事を2017版にリニューアルしたものです。 9、夢の人 - I've Just Seen A Face この曲は、V→IV→Iを持つ曲です。 // A | A/G# |F#m | F#m/E |D |D E |A |A | A…

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「Help!」1(2017版)

Help! Beatles lyrics The Beatles "Help" Live 1965 (Reelin' In The Years Archives) 1、ヘルプ! - Help! 不思議なコードの接続部分のある曲です。 // イントロBm | Bm | G | G |E7 |E7 |A7 | A7 | AメロA | A | C#m | C#m |F#m | F#m |D G |A |A | A | C#…

The Beatles / THIS BOYのアヴォイドの響きから考えること

アヴォイドノートは定義されるまではアヴォイドではない。 いきなり不定調性的発想ですみません。 アヴォイドノートは定義されています。最初から。 // もしあなたが聴いて上手く響かなかったら、それは「あなたにとってのアヴォイド」であり、別に他人に伺…